Yahoo! JAPAN

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・宮島池】

TSURINEWS

秋・冬におすすめの北西角付近(提供:週刊へらニュースAPC・五木田富雄)

絶好のシーズンだが、端境期ゆえの不安定さもある。そんな時は大場所よりも小場所、大型メインよりも中小型の魚影が濃いほうがアタリは続きやすい。千葉県九十九里町にある宮島池はまさに、そんな条件にハマる釣り場だ。

宮島池の概況

足場は良好で駐車場やトイレも完備。上級者が竹竿で遊ぶもよし。ファミリーフィッシングや、高齢者にもうってつけだ。今回は大池をメインに紹介しよう。

大池・小池で構成され水は繋がっている。大池は周囲約800m、小池は約350mで、いずれも遊歩道がありカートで荷物を運べる。また一部を除き丸太の平護岸なので、釣り台やスノコのベタ置きも可能。わずかながら毎年放流も継続されており中小型の魚影は濃く、まれに尺2寸~尺3寸クラスも顔を見せる。

ポイント

宮島池のポイントを紹介。

概況図(作図:週刊へらニュースAPC・五木田富雄)

A:材木所前

通称・材木所前。大池ではもっとも水深があり、宙狙いに人気がある。北向きなので季節風には弱い。

南岸の材木所前(提供:週刊へらニュースAPC・五木田富雄)

B:出っ張りのカーブ付近

出っ張りのカーブ付近がオススメ。竿15尺以上で底釣りが面白い。

C:東屋前

通称・東屋前。正面に島を見るように釣り台を置く。ポイントB同様に、長めの竿が有利。

D:藤棚前

通称・藤棚前。ここだけはコンクリートの水平護岸で、やや水面から高さがある。

E:西岸の島前

北西側の角周辺で秋~冬の本命ポイント。底に変化があり、新ベラが着きやすい。駐車場側の島を正面に見る位置も、沖めで急深になるのでタナ取りは難しいが狙う価値はある。

西岸の島前(提供:週刊へらニュースAPC・五木田富雄)

F:西岸の南寄り

西岸の南岸寄り。沖めが砂地状の良底。長めの竿が有利。

西岸の南寄り(提供:週刊へらニュースAPC・五木田富雄)

釣り方とエサ

宙でも釣れて、日並みがよければ底釣りの倍以上の釣果が狙えるだろう。だがここは、じっくりと狙える底釣りで楽しんでもらいたい。

タックル図(作図:週刊へらニュースAPC・五木田富雄)

竿

新ベラ放流直後は7~11尺のヘチ狙いがいいが、落ち着くと11~16尺で沖め有利になる。

エサ

両ダンゴメインでジャミ(マブナやコイのいずれも小型)がうるさくなければ、両グルテンでもいい。グルテンセットでスタートするのが妥当だろう。

タナ

スタートは上バリトントン。小さな凹凸や、わずかな傾斜でタナが狂うとアタリが出づらくなるので、何度も底ダテをやり直してアタリが続くタナを見つけよう。タックルとエサ例は別図参照。

<週刊ニュースへら版APC・五木田富雄/TSURINEWS編>

この記事は『週刊へらニュース』2021年11月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・宮島池】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事