Yahoo! JAPAN

いすみ鉄道に新時代の「ワッペン列車」――列車内を動くワーケーションスペースとして活用

鉄道チャンネル

鉄道チャンネル
キハでWi-Fiが使えるように 写真:いすみ鉄道

いすみ鉄道株式会社、株式会社We’ll-Being JAPAN、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスは、いすみ鉄道車両をワーケーションスペースとして活用するプランを発表した。

3社はいすみ鉄道全車両と大原駅・国吉駅・大多喜駅・上総中野駅の駅舎内にフリーWi-Fiを構築。ワイヤ・アンド・ワイヤレスが「Wi2 Free」を提供し、10月17日から順次利用を開始する。

10月下旬からはビジネスでも利用できるスペースと通信環境を備えた「ワッペン・ワーケーション列車」の運行を開始する。かつて国鉄が運行していた着席保証の「ワッペン列車」から着想を得たもので、本プラン購入者にはVPN対応公衆Wi-Fiサービス「ギガぞう Wi-Fi」のIDを無償で提供するほか、ワッペンを提示した利用者が座席を確保できるよう、優先的に列車へ案内するという。

※始発「大原駅」からの指定発車時刻の列車への乗車に限り、優先的に座席を確保できる。

ワッペンイメージ(左)とラッピング列車イメージ 画像:いすみ鉄道

鉄道チャンネル編集部

【関連記事】

おすすめの記事