Yahoo! JAPAN

初場所の管理釣り場で60cm級頭に多彩魚種連発 魚影の濃さに驚愕?

TSURINEWS

管理釣り場で釣れたトラウト(提供:TSURINEWSライター永井航)

知人から色物や大型トラウトが多いという話を聞いて、以前から気になっていた群馬県沼田市にある日本イワナセンターに9月8日に釣行した。初場所でのエリアトラウトの結果は果たして。

日本イワナセンター

朝、開場と同時に入れるように到着。この日本イワナセンターは大きなポンドこそないが、実に池が12個もある。そこには多彩なサイズ、色物の魚が放たれており、釣り人の挑戦を待ってくれているそうだ。私は5時間券を購入し、レギュレーションなどの説明を受けて釣り場へ。まずは持ち帰りが可能な池で1番大きな魚が放たれている池に。その池のレギュラーサイズは40cmといったところ。60オーバーも散見される。

小さいポンドがたくさん(提供:TSURINEWSライター永井航)

魚が多い

特筆すべきところは、魚が非常に多いところだろう。ちなみに納竿後に一応全ての池を見てきたが、どの池も魚影十分だ。また全体的に水深は浅くクリアで、バイトシーンも丸見え。無論、どのルアーへの反応がいいかも一目瞭然だ。パターンをつかみやすく管釣り初心者でも大釣り、数釣りを狙いやすいと言えるだろう。私がメインでサオを出して大きな魚がメインの池もコンディションは同様だが、さすがにポンポンとは釣れずなかなかにゲーム性が高い。

魚影の濃いポンド(提供:TSURINEWSライター永井航)

クランクに反応悪し

まずは赤金スプーンでスタート。反応はまずまずだがバイトはなくチェイスのみ。1投でオレンジにかえてみると早速のヒット!しかし掛りが甘くすぐにバレてしまう。とりあえずいろんなルアーも回したかったのでクランクにかえるが、クランクはどのカラーも反応がいまひとつ。

個人的には、このクランクへの反応が薄いことに驚いた。そこまで管釣りの経験があるわけではないが、クランクへの反応がほぼないのは初めてだった。ちなみに私の待ち合わせのルアーがよくなかったという可能性もあるが、私が釣りをした日は帰るまでクランクへの反応がよくなかった。

使用したルアー一例(提供:TSURINEWSライター永井航)

ミノーのトゥイッチに好反応

クランクの次はミノーで様子見。ミノーもただ巻きでは反応が薄いものの、トゥイッチではかなりの好反応を得られチェイス多数。うち1匹がヒット!40cm台のニジマスだ。

ニジマスがヒット(提供:TSURINEWSライター永井航)

アップテンポへの反応がいいのかなと思ったのと、水深が浅いためダートランで独り勝ちでは!?と思い意気揚々と投げるもこちらは完全に無視。「???」となりながらもミノーに戻しトゥイッチメインで攻めると40cm後半クラスの色物をキャッチ!5時間券は10匹の魚を持ち帰れるが30cm以上は5匹換算となってしまう。友人に魚が欲しいと言われており出来るだけ量が欲しいかったので、かなり迷ったがリリース。

良型の色物(提供:TSURINEWSライター永井航)

スプーンで60cm級ヒット

日本イワナセンターはフェザージグなどの利用も認められており、ミノーに人も魚も飽きたタイミングでフェザージグを投入しコンスタントに魚をキャッチ。ふと、序盤で比較的反応のよかったオレンジのスプーンを入れてみると、デカい魚影がスゥーーっと寄ってきて、クイっと反転。反転に合わせてドラグが鳴り出す。

ヒットさせた本人が1番驚きながらも平然を装いつつやり取り。周囲の視線も浴び、これはバラせないぞ。と自分に念じながら2~3分ほど寄せては走られを繰り返して無事にネットイン。ビク入り確定の60cmクラスだ!

60cm級をキャッチ(提供:TSURINEWSライター永井航)

小型メインの池に色物多数

持ち帰りポンドで満足の行く魚を釣り上げたため、小型メインながら色物も多い池に移動。もちろんこちらも魚影十分だが確かに見ていても色物の魚影が濃い。時間はまだ十分にあったが雨が降り始めてきていたので手早く釣って帰ろうとフェザージグで攻める。

この池の凄いところはたまに色物が混ざるのではなく、平気で色物が掛かるところだ。流石にニジマスと同数とはいかないが釣れる魚の3割近くは色物といっても過言ではないだろう。是非とも持ち帰りの小型は色物で集めたいところだ。

実際飽きない程度に色々釣れるのだが、持ち帰り基準の30cm以下をわずかに上回る魚が多く、なかなか数を集められない。そうこうしている間にも雨が徐々に強まってしまい、魚ではなく私が耐えかねてしまい色物縛りを諦めニジマスをキープし納竿とした。

色物が多数ヒット(提供:TSURINEWSライター永井航)

当日の最終結果

受付に戻り魚のチェックを済ませ、捌き場で下処理。大型は楽しみにとっておき、小型のマス達から下処理。当日最大のニジマスを期待しつつ開く。釣り場によっては60cmクラスでも白身だったりすることあるが……。

日本イワナセンターの魚は開いて思わずガッツポーズ。綺麗なサーモンピンクの身がのぞいている。実際食味は臭がは全くなく、非常に美味だった。持ち帰りは合計6匹だが、50cmあるなしのニジマスや40cmクラスの色物などその他にも良型の魚を複数キャッチでき、納得の行く釣行となった。

きれいなピンクの身(提供:TSURINEWSライター永井航)

初心者にもおすすめ

初めて訪れた日本イワナセンターであったが、ホームページに記載の誰でも楽しめる釣り場の文句通りに楽しむことができた。他の初心者グループと思われる釣り人もしっかりと魚を複数キャッチしており楽しめていたようだ。魚の食味もよく色物も多く釣れて楽しめるだろう。唯一欠点を言うなれば、携帯の電波がなかなか入らないところだろう。

<永井航/TSURINEWSライター>

The post初場所の管理釣り場で60cm級頭に多彩魚種連発 魚影の濃さに驚愕?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事