Yahoo! JAPAN

【ダイエットチョイス!】マッサージに通っていればストレッチは必要ない?~EICO式ダイエットのコツ(161)~

FYTTE

【ダイエットチョイス!】マッサージに通っていればストレッチは必要ない?~EICO式ダイエットのコツ(161)~

1日に「選ぶ」シーンは何回となく訪れます。そのひとつひとつの選択を間違わないことがダイエット成功へのカギ! ダイエットコーチとして700人以上を成功へと導き、ご自身も21歳のときと出産後に2度の20㎏やせに成功したEICOさんに、さまざまなシーンでのナイスチョイス・バッドチョイスを教えていただくこのコーナー、第161回はマッサージとストレッチの違いについて。マッサージに通っていればストレッチは必要ないのでしょうか? EICOさんが教えてくれる正解とは?

定期的にマッサージに通って体をほぐしている方も多いと思います。そんな場合は、家でストレッチをする必要はないでしょうか。正しいと思うものを選んだら、さっそくEICO式でチェック!

A マッサージで十分
B ストレッチも必要

ナイスチョイス!は、B「ストレッチも必要」です。

【マッサージとストレッチの違い】
マッサージでほぐす筋肉は、ほぼ背面のみと言ってよいでしょう。お腹や胸などの筋肉をほぐすことはほとんどありません。少なくとも、胸やお腹部分はストレッチで伸ばすのが効果的です。
また、ペアストレッチのようにトレーナーがストレッチをかけてくれるようなところであれば別ですが、マッサージの場合、多くは圧でほぐしていくので、一部分の血流が上がったり、部分的に“こり”が解消されたりはするものの、筋肉自体は動きません。それに比べてストレッチは自分の筋肉を動かしながらほぐしていくため、全身の血流がよくなりやすいです。
つらい“こり”などを解消するために行くマッサージは対処療法。ストレッチはケガ予防、未病の対策であり、体を気持ちよく動かすために必要なものだと言えます。

取材・文/野上 郁子  イラスト/たなか のりこ

【関連記事】

おすすめの記事