Yahoo! JAPAN

いつもの「包丁」で食材がスパッと切れるようになる!切れ味が良くなる3つの裏ワザ

saita

いつもの「包丁」で食材がスパッと切れるようになる!切れ味が良くなる3つの裏ワザ

毎日使う方も多い包丁。食材を切るときに切りにくいと感じることはありませんか?いつもの包丁に一工夫加えるだけで、切りやすさが変わるアイデアがあるんです。数々のお役立ち裏ワザをYouTubeで発信している裏ワザ倶楽部が、普通の包丁でもスパッと切れる3つの方法をご紹介!

裏ワザ番組の元祖「伊東家の食卓」で生まれた役立つ裏ワザなどをYouTube(裏ワザ倶楽部)などで紹介中。  

【運営・雨宮秀彦】
・「伊東家の食卓」など数々のテレビ番組やネットコンテンツを制作。
・現在はYouTubeを始めたい女性のための動画スクールを運営。

「伊東家の食卓」には、キッチン周りの裏ワザがたくさん寄せられましたが、確か最初に紹介したのは「きゅうりが包丁にくっつかない裏ワザ」でした。包丁の腹に爪楊枝をセロテープで貼ると、切ったきゅうりがくっつかなくなるというアイデアです。以来、「みじん切りが簡単にできる」「サンドイッチをキレイに切る」など、今ではお馴染みの裏ワザが伊東家から次々と発信されました。

今回は、そんな数ある包丁裏ワザの中から、僕が「ヒルナンデス!」でお世話になったフードコーディネーター・あまこようこさんオススメの技を紹介します。あまこさんのお料理裏ワザは他にもたくさん動画がありますので、ぜひ「裏ワザ倶楽部」にも遊びに来てくださいね!

包丁は使い方次第で切りやすくなる

実は包丁は食材にあわせてうまく使い方を変えるととっても気持ちが良く切れるようになるんです。今日は知っておくと便利な切り方を3つご紹介します。

便利な切り方1.ケーキや食パンをキレイに切る

ケーキを包丁で切ると、生クリームやスポンジが包丁にくっついてしまい、切り口がキレイにならないという経験はありませんか?ケーキだけではなく、食パンを切るときにも使える裏ワザです。

方法

1.包丁を熱いお湯で5秒温めます。

2.布巾などで拭いて水気を取ります。

3.2の包丁でケーキを切ります。
すると切り口がキレイに切れます。

ポイントはケーキを1回切るごとにお湯で洗って布巾で水気を拭き取ることです。

温めた包丁でケーキを切ると、なぜ切り口がキレイになるの?

包丁に生クリームなどがくっついてしまう主な原因は脂分。しかし包丁を温めれば、そ
の脂分がくっつきにくくなるので、キレイに切れるようになるんです。

便利な切り方2.お肉をキレイに切る方法

薄切りのお肉を切るとき、脂が包丁についてうまく切れないことがあります。
おうちにある道具だけでできるので、ご自宅ですぐにできる裏ワザです。

方法

1.包丁をぬれた布巾で湿らせます。
この工程を繰り返し行いながらお肉を切ります。

なぜお肉がくっつかないの?

お肉の脂を水がはじいてくれるのでスムーズに切れるようになります。

便利な切り方3.バターをキレイに切る方法

バターを切るときに包丁についてはがすのが面倒に。
それを解決してくれる裏ワザをご紹介します。

方法

1.包丁とバターの間にキッチンペーパーを置きます。

2.キッチンペーパーの上から包丁を入れます。

包丁にバターがくっつくことがなく、キレイに切れます。

「普通の包丁でもスパッと切れる3つの方法」をご紹介しました。


裏ワザ倶楽部のYouTubeでは動画でも解説中です。
みなさんも食材に合わせて裏ワザを使い分けてください。

※状況や条件の違いにより裏ワザの効果が異なる場合もあり、必ずしもご紹介した内容と同じ結果が出るとは限りません。安全面に十分ご配慮いただき裏ワザをお試しください。

裏ワザ倶楽部/皆んなで楽しむ裏ワザコミュニティ(会長・伊東四朗)

【関連記事】

おすすめの記事