Yahoo! JAPAN

ゆりえ、耳に違和感を覚え病院で検査「音響性難聴の可能性もある」

Ameba

俳優・大浦龍宇一の妻で、シンガーソングライターのゆりえが3日と4日に自身のアメブロを更新。耳に違和感を覚え病院を訪れたことを報告した。

3日のブログで、ゆりえは「今朝、起きたら突然、左耳がキーンと耳鳴り&ボワワンと聴こえづらく、左耳だけが水中に潜っているような感覚に」と左耳に違和感を覚えたことを報告。「最近は口内炎が長引いたり、耳鳴りも頻繁に起きていたので、心が疲れていたのかも…」と述べ「将来への不安とか、人に会えない世の中で知らずと溜め込んでいるものがあるのかな??」と推察した。

また、4日に更新したブログでは「今朝、起きると昨日より更に酷い難聴になっており、右耳にまで違和感が渡っておりました」と症状が悪化したことを報告し「耳鼻科で検査を受けたところ、やはり聴力が著しく落ちており、突発性難聴かもしれないとの診断を受けました」と明かした。

一方で「職業を伝えると、音響性難聴の可能性もあるので、とにかく耳を休めてくださいとのことでした」と別の可能性も示唆されたことを説明。「いま、人との会話は、かなり集中していないと聞き取れず」「左耳は、音程の下がったノイズと、オクターブ上のノイズが少し遅延して聴こえ、喋りづらさと幻聴のような息苦しさがあります」と症状を述べ「イメージで言うと、全ての音にヘリウムガスを含ませたような加工がされている感じ」と詳細につづった。

さらに、処方された薬をどこかに置き忘れてしまったことも明かし「やっぱ私、疲れたんのかな?注意力、なさすぎ」(原文ママ)と肩を落とした様子でコメント。「仕事は急には休めないので、ひとまず耳栓をして乗り切りましたが、明日はせっかくの療養日にしていましたが、再び病院へ行ってお薬を処方し直してもらおうと思います………涙」と予告し、ブログを締めくくった。

これに対し読者からは「大丈夫?!」「おつかれのようですね」「どうかご自愛ください」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事