Yahoo! JAPAN

絶対NG!犬が食べたら死んでしまう『食べ物』3選

わんちゃんホンポ

1.チョコレート

わんこに有毒な食べ物の代表選手がチョコレートではないでしょうか。チョコレートの主原料はカカオ豆ですが、このカカオ豆に含まれるテオブロミンという成分が中毒を引き起こすとされています。

致死量については体重1kgあたり100から200mgとされ個体差があるものの、板チョコ1枚を食べてしまった小型犬が死亡したというケースも報告されています。

中毒症状の発症には時差がある

チョコレートに限りませんが中毒で怖いのは、何を口にしたのかによって症状が現れる時間に差があり、直後の場合もあれば、数時間から半日経過した後から何らかの症状が起こることもあるという点です。

「チョコレートを食べてしまったけれど、けろっとしているから平気だろう」と油断していたら、忘れた頃に突然苦しみ出したなんてことも起こりかねません。チョコレートを口にしてしまったことに気づいたら、念のためにも獣医師の指示を仰ぐようにしましょう。

2.ネギ類

チョコレートと並んで有名なのがネギ類です。ネギ類に含まれるアリルプロピルジスルフィドという成分がわんこの赤血球を破壊するため、溶血性貧血と呼ばれる貧血状態に陥ってしまいます。

体重1kgあたり5gから10gの摂取で中毒症状が発現するとされていますが、こちらも個体差があります。摂取量が多ければ多いほど危険が大きいことは変わりありません。

ネギ類と一緒に調理したものにも注意

ネギ類がわんこにとって有毒というのは、わんこと暮らしている人にとってはもはや有名すぎる事実です。ですが「ネギなんて絶対にあげるわけない!」と油断していると、意外な落とし穴に引っかかってしまうかもしれません。

それはネギ類と一緒に調理した食品です。肉じゃがの中のじゃがいもや、水炊き鍋の中の鶏肉など、「これは問題ない食材だからちょっとだけ」と与えていませんか?ネギ類と一緒に煮込んだ食材やスープには、ネギ類のエキスが含まれている可能性が高くなります。

それらを与えることはネギ類を与えていることと同じなのです。料理の主役になることこそ少ないものの、特に和食はネギ類の登場場面が多いので注意が必要です。

3.キシリトール

キシリトールもわんこにとって非常に危険な食べ物の1つです。キシリトールと聞くとガムをイメージする人が多いかもしれませんが、ガムだけでなく人間用のお菓子や飲み物には多用されています。

一度栄養表示を確認してみましょう。また人間用のお菓子や飲み物に使用されているキシリトールの量はわんこにとって危険量であることも多いので注意が必要です。

キシリトールガム1粒でも危険

キシリトールは体重1kgあたり0.1gで中毒症状を引き起こすといわれています。これまでご紹介してきた食材より圧倒的に危険が高いということがおわかりいただけるのではないでしょうか。

小型犬であればキシリトールガム1粒でも危険なのです。ガムを取り出すときにポロッと1粒落としてしまって、それを愛犬が食べてしまった!なんて事故の起こらないよう、細心の注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?その場のおいしさや飼い主さんの自己満足のために愛犬が苦しんだり、ましてやその命を失うようなことになったりしてしまっては、悔やんでも悔やみ切れないですよね。

わんこにとって有毒な食材についてはしっかり知識をつけておくことが大切です。また直接与えなかったとしても、わんこが盗み食いをしてしまう可能性もありますから、食材の管理にも十分な注意を払う必要があります。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事