Yahoo! JAPAN

【愛知・三重】沖のルアー最新釣果 伊勢湾ジギングでブリ族好調継続

TSURINEWS

青物ほか盛況(提供:海正丸)

三重県と愛知県からオフショアルアーの最新釣果情報が入った。伊勢湾の青物健在でブリ族&サワラ連発。ほかトンジギでは20kg超えビンチョウマグロが上がっている。

三重県:エヌテックマリン

三重県・紀北町引本浦のエヌテックマリンでは、トンジギでも出船中。大判カツオ交じりでビンチョウマグロが釣れている。他にアオリイカは相変わらず大型が有望で、2kgに迫るサイズも出ている。タイラバではアマダイにマダイ、アオリとセットで狙えるカワハギも魅力的だ。

ビンチョウマグロ手中(提供:エヌテックマリン)

三重県:黒ちゃん丸

三重県・南伊勢町中津浜の黒ちゃん丸では、11日ジギングで出船。坂本さんが良型のホウキハタを仕留めた。さまざまな魚種が狙える五ケ所湾沖だが、根魚の魚影の濃さは抜群。特にハタ類は特筆モノだ。今後は青物や乗っ込みマダイにも期待したい。

ホウキハタ登場(提供:黒ちゃん丸)

三重県:渡船屋たにぐち

ビンチョウマグロが絶好調の三重県・志摩沖のトンジギゲーム。週刊つりニュース協定である宿浦から出船している渡船屋たにぐちでも、連日好釣果が上がっている。14日もビンチョウは高活性で、怒とうの連続ヒット。相手が相手だけにバラシやブレイクがつきものだが、この日は船中4匹のビンチョウマグロが上がった。ラインはPEライン3号、リーダーはフロロカーボンライン12~16号、ジグはセミロング、ロング系の200~300gがいいようだ。マグロ未経験の人は今が大チャンス。ぜひ挑戦を。

トンジギ絶好調(提供:渡船屋たにぐち)

愛知県:隆盛丸

愛知県蒲郡市西浦漁港の隆盛丸では14日、ベイト反応を探して単発ながら青物がヒット。大型のサワラから始まり、ブリ3匹、サワラ2匹、ワラサの釣果だった。3月に入るころには寒波も収まり、春の陽気になっているはず。荒れ後の爆釣なるか。

青物ヒット(提供:隆盛丸)

愛知県:大進丸

愛知県・南知多町豊浜漁港出船の大進丸では2月14日、ビンナガ狙いのジギングで出船し、21.85kg、20kg超の大型がキャッチされた。

ビンナガ浮上(提供:大進丸)

愛知県:WING

愛知県・南知多町篠島のWING(大井出船)では14日、反応はあっても簡単じゃない状況のなか、時合いでブリ1匹にサワラ1匹をキャッチ。またこの日はマダイのアタリがあったようで、2匹も上がった。タイラバでじっくり攻めれば好釣果が望めるかも。

マダイ手中(提供:WING)

愛知県:忠栄丸

愛知県・南知多町片名の忠栄丸では良型コウイカが好調。2月14日には、25cmを頭に1~6匹上がった。人数制限&シーズンが短いためご予約はお早めに。

良型コウイカゲット(提供:忠栄丸)

愛知県:BLUE DRAGON

愛知県・南知多町片名漁港出船のBLUE DRAGONでは2月13日、ブリ8kgを頭にワラサやサワラ、良型のヒラメがポツポツ上がった。また、11日もワラサやサワラが順調に上がり、ワラサの数釣りを堪能した人もいた。

良型ヒラメキャッチ(提供:BLUE DRAGON)

愛知県:みやけ丸

愛知県・南知多町片名漁港のみやけ丸では、14日時合いらしい時合いはなかったものの、拾い釣りでブリ3匹を仕留めた。他にワラサ3匹にサワラ2匹もキャッチ。日ムラは激しいが、まだまだ大型青物回遊中だ。

青物回遊中(提供:みやけ丸)

愛知県:祐英丸

愛知県・南知多町片名漁港の祐英丸では、14日うまく時合いを捉えてワラサ4匹にサワラ2匹をキャッチ。バレたり切れたりもあったが、なんとかサマになった形だ。そして後半にシーバス2匹を追加して終了。日ムラは激しいが、伊勢湾の青物は健在だ。

ワラサ&サワラゲット(提供:祐英丸)

愛知県:海正丸

愛知県・南知多町にある大井漁港出船の海正丸では2月14日、ジギングで8kg級ブリ、ワラサ、ホウボウなどがキャッチされた。また、13日は爆釣で、サワラの連発で始まり、時合いにはサワラの連打が加速。ブリやワラサも上がって大盛況だった。

青物ほか盛況(提供:海正丸)

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年2月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post【愛知・三重】沖のルアー最新釣果 伊勢湾ジギングでブリ族好調継続first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事