Yahoo! JAPAN

永田崇人・阿久津仁愛出演の音楽劇『プラネタリウムのふたご』 新たに壮一帆、五大輝一の出演が決定

SPICE

音楽劇『プラネタリウムのふたご』新ビジュアル

新型コロナウイルス感染症の影響で2020年6月~7月に予定されていた公演が中止となり、その後、2021年2月に延期上演が決定した音楽劇『プラネタリウムのふたご』。本公演のオールキャスト・上演スケジュールが発表された。

2004年初の三島由紀夫賞候補となった、いしいしんじの心温まる長編小説を原作とし、ウォーリー木下演出により音楽劇として初めて舞台化される本作。ほぼ当初の予定通りのキャストを擁しつつ、延期公演に壮一帆五大輝一が新たに参加する形でオールキャストが決定した。

さらに、全キャスト・公演詳細解禁に伴い、『プラネタリウムのふたご』の魅力伝える配信スペシャルトーク企画「Feel! プラふた!! vol.2」も行われる。第一回目は演出のウォーリー木下、W主演となるふたご役、テンペルとタットルを演じる永田崇人と阿久津仁愛の3名によって6月下旬に行われたが、第二回は前回に引き続き、ウォーリー木下、永田崇人、阿久津仁愛の出演に加え、ゲストとして松尾貴史、サイクロンZ、大澄賢也、そして延期公演から新たに参加が発表された壮一帆が登場する予定だ。

2021年2月の延期公演に向けて、装いも新たに再出発するプラふたファミリーの意気込み、そして楽しいトークが聞ける貴重な配信となるので、期待しておこう。

【関連記事】

おすすめの記事