Yahoo! JAPAN

磯フカセチヌ釣りで本命7匹 好ゲストにマダイやイシダイも【徳島】

TSURINEWS

底を意識し春チヌ攻略(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

乗っ込みシーズンに突入した蒲生田の磯へフカセ釣りでチヌを狙って釣行。バラシもあったが本命7匹をゲットした当日の模様をお届けする。

蒲生田の磯でチヌフカセ釣り

昨年、岡本キノコ園さんの段取りで、阿南市の伊島磯釣行の動画撮影に行ったときは散々だったので、今度は私の段取りで、伊島磯釣行のリベンジを図ることにした。

4月18日(日)は、3日前事前の天気予報では雨風で海は大荒れとの情報だったが、春は天気の移りかわりが早く、風の方向が北西にかわり、波は抑えられる状況に変化した。事前情報から釣行を取りやめた釣友もいたが、やる気満々の渡辺君に、主役の岡本さん、ベテランの井上さん、蒲生田を知り尽くした工藤さんと私の5人での釣行となった。

住吉丸の棚橋金次郎さんは体調もよく、私たちを安全に磯まで運んでくれた。「金さん、何歳になるん?「わしは82歳じゃ」「元気でおってよ。やめる渡船もあるけんど、金さんが居らんようになったら、蒲生田や伊島に行けん様になるけんな。たのむでよ」と挨拶を交わして出船。

伊島の朝日(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

棚橋金次郎渡船で岬の軍艦へ

春の乗っ込み時期だというのに、磯へは私たちだけである。他の船も見かけない。貸し切り状態である。渡船基地から椿湾を出て、蒲生田岬の先端にさしかかる。名勝「岬の軍艦」が見えたところで、岡本さんに「ここに降りよう。おおきな磯やから、どこでも釣れるよ」と言って二人で上がった。

「岡本さん、ここには上がったことあるん?」「いや初めてです」」「えーそうなん?蒲生田は、あんまり来たことがないの?」「ほぼないです」「今は、どないしたって釣れるいけん、いけるわよ」と会話をして、まずは仕掛けをこしらえることにした。

「岡本さん。どんな仕掛け?仕掛けを教えて」カメラの前でスラスラと上手に答える岡本さんである「竿1.2号、道糸1.7号」。ハリスは1.2号。ウキは0号。ハリはヤイバX2号」とのこと。「うーん。うまい人はちゃうなあ。えらい細仕掛けやなあ」「相手はチヌなんでこんなもんでしょう」と余裕で答えてくれた。

私は、ハリスは2号、竿は1.5号、ウキは3Bである。岡本さんよりも太くてタナもきっちりとれる重い掛けである。

当日のエサ

チヌはエサが決め手と思っている。阿波釣法では「くさいエサほどチヌが寄ってくるんじゃ」と言われるが、春のチヌは、匂いに加えて、底まできっちり届き、煙幕のにごりができるエサがよりと考えている。そこで、今回私が選んだのは、チヌパワー激濁り3袋に、チヌパワームギスペシャル、Bツーチヌ、チヌパワーVSPである。

使用した配合材(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

そして、さしエサも食わせオキアミLと丸えびイエローの加工餌。さらに、練りエサも準備して、食わせ練り餌チヌと真鯛イエローである。春のチヌも練りエサで釣ることができるのですか?と質問を受けることがあるが、「間違いなく釣れます」。 実績はありです」と答える。

さしエサいろいろ(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

当日も、釣友の渡辺さんはフグが多かったので、さしエサは練り餌チヌ一本で通して釣りましたと、良型のチヌを4匹仕留めていた。

気配出だすもバラシ連発

7時過ぎに磯上がりして、9時まで魚の気配がない。「こんなはずじゃない。天下の蒲生田岬。しかも乗っ込みチヌのシーズン真っ盛り」と思っていたが、やはり名礁。9時過ぎからアタリが頻発しだした。これはいい兆しである。

しかし悪いことに、ハリ外れ。わかめに持って行かれる。ハリス切れ。と3連続でのバラシである。「イヤー釣りはバラシがあるから、楽しい。ハラハラドキドキが楽しいのよ。」と大きな声で叫んで、自分を落ち着かせた。

しかし3連続バラシで動揺していたのか、チヌバリ2号をばらまいてしまった。「あーどうしよう。泣くわ。そうだ、グレ針7号で代用しよう」と仕掛けをこしらえなおした。ところが、今度のアタリでは「わかめの方に行かせんぞ。と強引に引っ張ると、すっぽ抜けてしまった「あれーーー」またしてもバラシである。

そこで岡本さんへ「チヌバリもってない?」と聞くと、「よく掛かるハリありますよ」「ほな、2号ちょうだい」「ほなこれどうぞ」と渡してくれたのは、残り2つだけがハリ袋に入っているチヌ2号である。「ありがとう」今度は小さなグレバリから大きなチヌバリに戻して、釣り再開である。

これがよかったのか、今度はチヌちゃんがタモに収まってくれた。続いて2匹目も。連チャンである。

底を意識し釣友も本命

「岡本さん。アタリありましたか?」「いやないです」「岡本さんが釣ってくれなー。どうしても釣ってくださいね」「ほんで、仕掛けに3Bか5Bありますか」「いや持ってない」「えーウキのテスターさんが、持ってないの?」しゃあない、私の3Bあげますからこれにかえてください」と半ば強引に仕掛けの変更を促した。

「オモリも中通しの3Bのこれ使ってください。タナはどのくらいで釣ってます?」「3から4ヒロくらいかな」「あー、ワカメとか海藻釣れましたか?」「いやなんにも」「ほな、もう少し深い方がいいですよ」と強引にウキ止めをすり上げると「ホーこんなに深くを釣るんじゃ」「そうですね、春チヌは壁の際や、底に居るんで、秋のように浮いてこないんで、底にエサをはわす感覚ですね」と説明。

「まきエサは、しっかりまいてますか?」「おう、まいとるよ」「固めて底に届くようにしててますか?バラけてまくんじゃなくて」「ほれは、そうしとるよ」「ほな、一カ所に丸9杯めまいてくださいね。まる5まる6……マルキユーって」岡本さんはニコニコしながら真面目に「まる7、まる8、まる9」と9杯ずつ固めて1カ所にまいてくれている。

それを見届けて私も釣り場に戻った。するとしばらくして、岡本さんが「やりましたー」とタモに入った立派なチヌを掲げている。「おー立派。さすが名人」とタモを持った姿と、チヌだけを持った姿を動画に収めた。

釣友とチヌ(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

裏向きに移動して追加

目の前に漁師のボートが近寄ってきて、磯半分を囲むようにタテ網を入れだした。「岡本名人。こりゃだめですわ、裏を釣りましょう。どこでも釣れますから」と裏向きに移動した。

すると、私に連チャンでチヌ。コンコンと首を振るたびに、竿を通して心地いい振動が伝わってくる。チヌはこれが楽しいのよ。そして、近くまで寄せてくると、グレのようにいきなり突っ込む。体勢を立て直して、タモに収める。「わはは、居りますよ、裏にも、どこでも」

すると、岡本さんも大きく竿を曲げている。そして突っ込まれている。楽しそうである。よく引く蒲生田のチヌを、やっとこさタモに納めた「お見事、岡本さん。やりますなあ。でかそうですね」「いやーそれほどでも」と照れ隠しである。その後、「私には秘策がある」とおっしゃっていた岡本さんの仕掛けは、2段ウキに変更されていた。

午後1時過ぎにまきエサがなくなったので、終了として片付けを始めた。すると岡本さんも、「わたしもやめますわ」と片付けに入った。

マダイもゲット(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

最終釣果と今後の展望

渡船基地まで帰ると、井上さんはチヌの他に、イシダイもマダイも釣っていた。合計12匹だそうだ。私もマダイを含めて7匹。最初の連続バラシがなければ、2ケタは行っていたが、ずっこけやトラブルがあるから釣りは楽しいのである。

釣果の一部(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

渡辺さんは、タモの先が抜けて、先だけ海の中に消えていったそうである。渡辺さんは帰りに釣具店によって、タモの柄とアミを購入した。わたしも、自宅でサオを洗っていると、なぜか先が折れていた。ガイドはなくなっていないが、その日のうちにすぐに釣具店へ持ち込んで修理をしてもらった。

徳島県の海岸沿いは、4月下旬現在乗っ込みのチヌが最盛期である。蒲生田にはチヌは確実にいるし、よく引くチヌたちである。次回も楽しみだ。

今回は、木金の2日間の入院開けで、退院直後でおなかをいたわるような釣りであったが、元気で釣りができるのが一番楽しいのである。だって、地球は僕らの遊び場だもの。

渡辺さんとチヌ(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

<濱堀秀規/TSURINEWSライター>

The post磯フカセチヌ釣りで本命7匹 好ゲストにマダイやイシダイも【徳島】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事