Yahoo! JAPAN

【自転車カスタム】80〜90年代の雰囲気がたまらない! 気軽にできて、オシャレ感も抜群なオールドスクールMTBカスタム

GOODA

【自転車カスタム】80〜90年代の雰囲気がたまらない! 気軽にできて、オシャレ感も抜群なオールドスクールMTBカスタム

コロナ禍の移動手段として自転車が注目を集めるなか、普段使いの自転車にこだわる人も増えています。

ピストやロード、グラベルやe-bikeなど多種多様なスタイルの自転車があるなか、今オシャレな自転車乗りたちの間で密かに盛り上がっているのがオールドスクールMTBカスタム。

80〜90年代のマウンテンバイク車両やフレームを使い、スタイルにもしっかりとこだわりながら自分だけの自転車を組み上げていく。一般的なカスタムオーダーに比べて気軽に組むことができ、古着感覚で楽しめるので、自転車カスタム初心者にもオススメなんです。

▶第一弾:パパチャリカスタム

「CRUMB CYCLES」のオーナー松本さんに、オールドスクールMTBカスタムの魅力を聞いてみた

今回お話を聞いたのは、オールドスクールMTBカスタムを得意とし、2019年にオープンしたのち、瞬く間に自転車好きたちの間で話題となった東京・中野のバイシクルショップ「CRUMB CYCLES(クラムサイクルズ)」のオーナー松本さん。

「80〜90年代のMTBフレームは玉数が多いので入手しやすく、まだそれほど価格も高騰していないし、パーツも沢山あります。もしかしたら、実家のガレージに昔乗っていたものが転がっているなんてこともあるのではないでしょうか。ここ数年はファッション的にも90年代が注目されており、気分的にぴったりハマるというのも大きいと思います。

カスタムの幅が広いのもオールドスクールMTBの魅力。当時もののパーツで組んでもいいし、最新パーツを入れながら組み上げていくのも面白い。フレームを選んで組み上げていくのはもちろん、手持ちのオールドMTBをベースに、ハンドルやタイヤなどを変えていくだけでも雰囲気はガラリと変わります。費用に応じて組めるので、ライフスタイルに合わせてミニ四駆感覚で組んでみてはいかがでしょう」

オールドスクールMTBはカスタムの幅広さが魅力!

松本さんの私物自転車。80年代当時、ブリヂストンがアメリカ向けに輸出していたMBシリーズのMB1がベース。街乗りしやすいハンドルとステムに変更し、クランクやギアまわりは当時パーツで構成。オールドスクールな雰囲気満点のシティークルーザーに仕上がっている。

「1980~1990年代の車体は、今のものと比べてつくりも手が込んであり、塗装やフレームの形などが独特なのも魅力のひとつだと思います。フレームは骨太なつくりで耐久性が高く、日常使いにも最適です。当時の雰囲気を大切にしたいなら、当時もののヴィンテージパーツを使っても良いですし、逆にしっかりと快適に乗りたいなら最新パーツを投入するのもあり。“こうしなければいけない”という決まりはないので、自由に組むのが良いと思います」

ハンドル:CRUMBWORKSオリジナル(試作品)、サドル:TURBO、タイヤ:TERRA ONE、チドリ:CRUMWORKSオリジナル

「このフレームも30年位前のものを使っていますが快適に乗れています。ハンドルはオールドスクールMTBに合うものをNITTOさんと一緒につくっており、写真はその試作品。ブロックタイヤはTERRA ONEという比較的新しいメーカーのものですが、クラシカルな雰囲気なのでオールドな車体とよく合います。マニアックなパーツですが、カンチブレーキ用のチドリもオリジナルで製作したもの。ヴィンテージ品よりも安価に購入できます。フレーム同様、当時パーツ類も入手しやすいので選択肢も広いですよ」

オールドスクールMTBカスタム実例集

実際にオールドスクールカスタムが施された車両を見ていきましょう。懐かしいけど、どこか新しい絶妙な雰囲気の車両ばかりなので、ぜひご参考に!

#01 BASE BICYCLE:BONTRAGER PRIVATEER COMP

1990〜2000年代前半に多くのMTBを生産していた「BONTRAGER(ボントレガー)」のPRIVATEER COMPをベースに、パーツをほぼ全て変更。独特な色合いのフレームカラーにアルマイト系のカラーパーツが映え、クラシカルながら個性的な雰囲気に。フロントにはブリヂストンの古いパニアバッグを装着し、ギア比も軽くすることで軽快なシティークルーザーに仕上がっている。

#02 BASE BICYCLE:RALEIGH U.S.A. POLICE SPECIAL

イギリス「RALEIGH(ラレー)」はオールドスクールMTB のベースとして特に人気が高い。こちらは1991〜1992年頃につくられた、日本ではあまり見かけないアメリカ製のRALEIGH U.S.A.の車体がベース。フロントフォークにCRUST BIKESのカーゴフォークを装着し、前輪を小さくしてカーゴバイク化。しっかりと荷物を運べる運搬車にカスタムされている。パーツ類は当時ものを使いながらもクラシカル過ぎず、どこか遊び心のある仕上がりになっているのがポイント。

#03 BASE BICYCLE:CANNONDALE KILLER V900

90年代らしい独特なVフレーム形状をもつ「CANNONDALE(キャノンデール)」のKILLER V900をベースに、街で気軽に乗れるシティークルーザー仕様にカスタム。タイヤを転がりの良いスリックタイヤにし、フロントにはラックを装着。ギアはフロントをシングル、リアを10速にすることで見た目もスッキリとさせた。パーツ類は現行を使い、スタイルと乗りやすさがバランス良く両立されているのも◎。

最近は以前よりも価格は上昇気味だが、それでもまだまだ入手しやすいオールドスクールMTB。カスタムベースとして1台手に入れて、自由にカスタムを楽しんでみてはいかがだろう。きっと夢中になるはずだ!

▶第一弾:パパチャリカスタム

取材協力:CRUMB CYCLES

2019年にオープンしたばかりだが、オールドスクールMTBを気軽に組めるお店として人気のバイシクルショップ。店内にはオールドMTBフレームやパーツのほか、同店が日本で輸入販売を手掛けるCRUST BIKESをはじめ、アドベンチャー系のブランドも多数取り扱い。まるで古着屋さんのように、気軽に立ち寄れるお店だ。

住所:東京都中野区中央4-42-11
TEL.03-6338-0537
営業時間:11:00〜20:00(月・木休)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. EXIT兼近、1か月前に母親にマンション購入「一括で」

    ナリナリドットコム
  2. ミキ昴生、東京・品川区にマンション購入計画

    ナリナリドットコム
  3. お義母さんのこと、正直どう思っている?好き嫌いの段階を超えた回答も

    ママスタセレクト
  4. ラストアイドル、11th SG選抜メンバー17名決定+9/27にセンター含めた立ち位置を決める<ラスアイサバイブ イチナナ選抜立ち位置バトル>開催!

    Pop’n’Roll
  5. 【え?】「スペインで唯一の漫画雑誌」が色々と謎すぎたので … スペイン人漫画家「アキラ・パンツ先生」に問い合わせてみた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  6. 浦島坂田船、毎年恒例のハロウィンライブをオンラインで開催決定

    SPICE
  7. こなれ感あるシルエット♡小顔見えするトレンドのくびれヘア7選

    美容マガジン myreco(マイリコ)
  8. 杉岡太樹監督作品「息子のままで、女子になる」 横浜シネマ・ジャック&ベティで9月18日から公開〈相模原市中央区〉

    タウンニュース
  9. 実は英語が話せるお笑い芸人ランキング…こがけん、おぎやはぎ矢作、フワちゃんらランクイン

    ランキングー!
  10. 大磯舞台に展開『神神化身(かみがみけしん)』 伝奇小説×和風楽曲プロジェクト〈大磯町・二宮町・中井町〉

    タウンニュース