Yahoo! JAPAN

「長すぎでしょ!?」柄本佑が「もうがまんできない」と感じるモノとは?

anan総研

「長すぎでしょ!?」柄本佑が「もうがまんできない」と感じるモノとは?

「自分にとって宮藤さんの作品に出るのって、何かお祭り感というか特別な感じがするんです」と言う柄本佑さん。その理由を伺うと、うーんと首をひねって「単純に作品が好きだからじゃないかな」と返す。柄本さんがこのたび出演するのは、宮藤官九郎さんが、その時やりたいことをやりたい俳優たちと自由に表現するウーマンリブシリーズ。それまで映像作品には出演しているけれど、宮藤さんの舞台は今回が初。『もうがまんできない』と題した作品は、“現代人のストレス”がテーマとか。

「宮藤さんの作品がいいなと思うのは、侘び寂びのようなものを感じさせるところ」

ananweb 編集部

「日常には“がまんできないこと”が山ほどありますよね。がまんできない人たちが観に来て、がまんできない人たちが言っちゃいけないことを言ったりして発散している姿を観ていただいて、すっきりしていただくという作品なのかなと思います」

ウーマンリブシリーズというと、宮藤さん流の、いい意味でくだらなくてバカバカしい笑いが盛りだくさん、なイメージ。でも、柄本さんによれば「爽やかで、印象としては青春ドラマ」なのだとか!?

「僕は宮藤さんが監督された映画のなかで『中学生円山』が一番好きなんですけれど、すごく笑えるのに、観てるとなんだかグッとくるんです。宮藤さんの作品って、ファンタジーというかロマンティックなものが、日常のなかに落とし込まれている気がします。とくにいいなと思うのは、そこに侘び寂びのようなものを感じさせるところ。“こうだぞ”って出してくるんじゃなく、扉を少し開けてチラ見せする感じ。たとえば大河ドラマ『いだてん』の関東大震災の場面で、奥さんが見つからない哀しみを、米が硬いって言ってしまったことを悔いる姿で見せていく。そういうセリフのセンスとか面白さとかに粋を感じるんですよね。一見すると日常なんだけれど、気づいたらフィクションのほうに飛んでいる。その境界線を曖昧に見せていく技術がすごいなと思います」

演じるのは、要潤さん扮する相方とコンビで活動するも、まるで売れないお笑い芸人。劇中ではコントや漫才にも挑戦する。「お正月に『爆笑ヒットパレード』とかをずっと見てる」ほどのお笑いファンゆえ稽古当初は緊張していたそうだけど…。

「稽古が少し進んでいま感じているのは、あまり考えずに普通にやるのが大事なんだなってこと。必要なことはすでに物語とかセリフに書かれているわけで、それをやる…そもそもそういう仕事だなぁ、と」

そんな柄本さんの、いま“がまんできないこと”とは?

「小田急線下北沢駅のエスカレーター。あれ、長すぎでしょ。あんなに深いところにホームを作らなくてもよかったんじゃないの、と(笑)」

ananweb 編集部

ウーマンリブvol.14『もうがまんできない』 売れずに関係が行き詰まっているお笑いコンビ(柄本佑、要潤)、やめたいのにずるずる関係を続けている不倫カップル(阿部サダヲ、平岩紙)など、がまんできないことを抱えた人々を描いた群像劇。4月2日(木)~5月3日(日) 下北沢・本多劇場 作・演出/宮藤官九郎 出演/阿部サダヲ、柄本佑、宮崎吐夢、荒川良々、平岩紙、少路勇介、中井千聖、宮藤官九郎、要潤、松尾スズキ 前売り・当日7000円 ヤング券(22歳以下)3800円*共に税込み 大人計画 TEL:03・3327・4312(月~金曜11:00~19:00) 大阪公演あり。

えもと・たすく 1986年12月16日生まれ、東京都出身。前クールのドラマ『知らなくていいコト』の尾高役が大きな話題に。そのほかの近作にドラマ『心の傷を癒すということ』などがある。

※『anan』2020年4月8日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・林 道雄 ヘア&メイク・根本亜沙美 インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)

【関連記事】

おすすめの記事