Yahoo! JAPAN

大阪湾の陸っぱりライトゲームでサバとタケノコメバル 貧果はいつまで?

TSURINEWS

早朝に釣れたタケノコメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

大阪南港を中心に釣り歩いている。しかしこの今10月下旬から11月上旬にかけてはちょっと芳しくない。「今は我慢」と私自身の釣行をレポートしたい。釣れている人は釣れているのだろうけれど。

11月上旬の釣行について

10月下旬からサバで一面埋まっていた大阪湾沿岸の海がかわった。サバもほとんど時合いだけになり、日中はメタルで底をとってもカサゴにもならない。唯一の希望はシーバスだった。岸ジギのパターンを見つけたのだが、残念ながらメタルにスレたか食性がかわったかして、どの潮回りでも反応しなくなった。

直近で11月1日、11月3日と釣行してきたが、釣れたのはサバとタケノコメバルにとどまる。11月1日は若潮で仕方ないと思っていたが、3日は大潮で期待はあった。夕方と早朝と、条件をかえて打ってみたが、よくなかった。

岸でバイブレーションジグヘッドを動かしていると何か触るのだが、おそらく16gのヘッドウェイトと巻きスピードにはついてこられない根魚か、ベイトフィッシュの身体に当たっているだけかもしれない。

サバはなんとか(提供:TSURINEWSライター井上海生)

タチウオも音沙汰なし。一度入って抜けて2ヶ月近くなるが、戻ってくる気配はない。

早朝のタケノコメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

こういう時期は根魚に遊んでもらうのが一番だろう。上のタケノコメバルはバイブレーションジグヘッドで釣ったが、おそらくジグ単にして軽量ヘッドでふわふわさせていればカサゴやソイなども反応すると思う。

アジが入ってこない

私にとって一番の問題はアジが入らないことだ。

アジングがメインなので、どんな時期にもマイポイントの様子を見ることにしているが、今のところSLSJのメタルでしか釣れていない。春に産卵で一度入ったきり、接岸しない。あまり釣れているアングラーの声も聞かないので、おそらくまだなのだろう。

そう思っているあいだに寒くなってしまうので、今年もアジングの時期は短そうだ。あるいは気温が例年より高い分、後ろへずれ込んでいるだけか?

ちなみに外灯下でパシャパシャとライズしているヤツをジグ単で釣ってみた。正体はサバだ。メタルで釣れるのよりはサイズが小さい。おそらく夜はプランクトンパターンの小サバで、時合いの回遊サバはカタクチベイトの中サバという分類になっているのだろう。

アジングでもサバになる(提供:TSURINEWSライター井上海生)

昨年は何が釣れてた?

ここで去年の釣果を振り返ってみたい。何を釣るのにも自分のシーズナルパターンがともあれ頼りになる。スマホの写真を確認。

しかし、そうだ、去年もイレギュラーで徹底的にダメな年だったので、この時期はカサゴしか釣っていない。ライトブリーム(フィネス・チニング)の名残りでキワにバスワームを通していたら釣れたようなオマケの魚だ。

釣れていたのはカサゴだけ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

昨年のメバルの口開けは11月29日

これからのシーズンというと陸のライトゲームではメバルが楽しみ。去年の、狙いで釣ったメバルの口開けはマイクロメタルで、11月29日だった。すでにかなり寒かったと記憶している。

もうそんなに遠くない時期なので、今から道具の準備をしておきたい。大阪湾周りのライトゲームアングラーも、そろそろメバルの様子見を始める時期ではないだろうか?

アジの動きがキー

今年はタチウオの顔を見ていない。ロッドやラインシステムをごそっとかえてリグもふんだんに用意したので、まさかゼロでは終われない。シーバスはそもそもそんなに得意ではないのであきらめがつくが、タチウオはどうにかしたい。しかしベイトを追って接岸してくれない分には仕方ないので、今は我慢だ。

そのタチウオのベイトが大阪南港ではほとんどアジだと思う。よってアジの反応を見ながら釣り全体をプランするのがよさそうだ。「今は我慢」だが、しばらくはアジングをメインに戻しながらメバルに照準も当てつつ、そのとき釣れる魚に機敏にサオを向けたい。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post大阪湾の陸っぱりライトゲームでサバとタケノコメバル 貧果はいつまで?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事