Yahoo! JAPAN

ネット会見で、福士蒼汰「いのうえひでのりの脳みそが欲しい!」宮野真守「人生最大のチャレンジかも!?」と本音炸裂 ヴィレッヂプロデュース公演『浦島さん』『カチカチ山』

SPICE

ヴィレッヂプロデュース 2020 Series Another Style『浦島さん』と『カチカチ山』の配信会見より

2020年9月9日(水)ヴィレッヂプロデュース 2020 Series Another Style『浦島さん』『カチカチ山』の配信会見が、新感線Youtubeチャンネルを間借りして行われ、出演者の口から公演内容の一部が明らかとなった。

本作は太宰治の「お伽草紙」(新潮文庫)を原案にし、『浦島さん』は倉持裕、そして『カチカチ山』は青木豪が脚色を務めたもの。『浦島さん』に出演する福士蒼汰粟根まこと、そして『カチカチ山』から宮野真守がこの配信会見に参加した。

司会進行を務める粟根の胸には「亀」、福士の胸には「浦島」、そして宮野の胸には「狸」というそれぞれの役どころがプリントされたTシャツを身にまとった姿で会見が始まった。

それぞれの芝居の稽古は別日程で組まれているため、宮野が福士を見つめながら「久しぶり♪ やっと会えたね」とまるで恋人のように優しい声をかけると福士も「久しぶり♪」と手を振る和やかな一幕も。

『浦島さん』は三人芝居、『カチカチ山』は二人芝居ということで、福士も宮野も「台詞量がハンパない!」と悲鳴を上げつつも「でも楽しいです。いのうえひでのりさんの演出をガチで受けられる事になって」と宮野が笑顔で語っていた。

福士蒼汰 (C)2020『浦島さん』『カチカチ山』

福士は『浦島さん』について、「僕、舞台が2回目なんですよ! 今頭がパンパンで(笑)。最初はコミカルだが最後は残酷なのが原作。それをどう描くか」が見どころだと語りつつ「今の社会に向けたメッセージにも溢れていると思う。現代のポジティブなところやネガティブなところなどを表していると思うんです」と本作の見どころを語る。そんな福士について粟根が「福士くんがいのうえにしごかれていると思います……大丈夫?」と気を遣うと「精一杯やるしかないし、感情も込めながら頑張ります」と気合いを入れつつも「いのうえひでのりの脳みそが欲しい!」と思わず本音も飛び出していた。

羽野晶紀 (C)2020『浦島さん』『カチカチ山』

『浦島さん』から、乙姫役の羽野晶紀がメッセージ動画も流された。羽野は「乙姫は皆さんが想像しているようなきらびやかでお美しいプリンセスのようなものと思うでしょうが、私にオファーが来た段階できっとそういうイメージではない乙姫になると思います。なので晶紀ちゃんが何で(乙姫役を)やるの? と思われる人が納得する乙姫役を頑張ります」とコメント。羽野の存在感について初共演となる福士は「ある意味、異次元で乙姫っぽいなと(笑)。でもそこが魅力的になると思う」と語っていた。このコメントに笑いながらも羽野と30数年の付き合いとなる粟根も「彼女はふわあっとしているくせにものすごくパワフルで“押し付け元気”なんです」とリスペクト(?)していた。

宮野真守 (C)2020『浦島さん』『カチカチ山』

さて、次は『カチカチ山』の話へ。宮野は「狸とウサギの関係はこうなんじゃないか? という視点で描かれているんです。非常に面白い描き方だなと思って台本を読んで楽しかった」と語る。実は狸の設定と実年齢が同じ37歳。運命を感じたと語る宮野は「原作では臭い、汚い、下品な狸ですが僕が演じる狸も臭い、汚い、下品ですよ」とニヤリ。その話に福士が「でもカチカチ山は歌やダンスがあるって聴いた!」と突っ込むと「そうなんですよ、僕もそうなるとは思っていなかったんです。エンターテインメント色が強くなると思いますよ」と宮野。また二人芝居でウサギの着換えの時間を稼ぐための長台詞があるのでは? という粟根の質問には「ええ……台本を見て『嘘だろ』って思いました。人生最大のチャレンジです」と遠い目で決意を語る宮野だった。

井上小百合 (C)2020『浦島さん』『カチカチ山』

『カチカチ山』で宮野と共演する井上小百合からもメッセージ動画が寄せられた。井上は「私や宮野さんを知っている方なら喜ぶであろう、私たちに寄った脚色がされています」と話し「今回は私が演じるうさぎの方がワルというか……。本当に口が悪くて稽古中にマスクをしているけれど、息が上がるくらいずっとキレてるんです。むしろ狸のほうがずっと常識人なところがあって、物語が進むにつれ、二人がどうなっていくのかが面白いと思います」と意味深な微笑を浮かべつつ見どころを語った。
なお、井上からは宮野に向けて「自分を動物に例えたら何を浮かべるか? 私はスローロリスだと思っています。見た目はゆっくりと穏やかなんですが、実は猛毒を持っていて……」と質問が寄せられる。すると宮野は「犬っぽいなあ。すぐしっぽを振る」巻き添えで質問をふられた福士は「自分は小型犬と思っている大型犬」そして粟根は「ヘリクツアゴメガネという新種の動物」と語って一同大笑いとなっていた。

粟根まこと (C)2020『浦島さん』『カチカチ山』

弊社から事前に送った質問についても読み上げられた。「相手にこれだけは頼りたい、逆にこれは自分に任せて! という事は」の問いに、福士は「今回は皆さんにすべてを頼り切っています。皆さんからのいろんな小っちゃい言葉が嬉しくて!」と答え「自分に任せろは……」と言いよどんでいると粟根から「見た目については任せろじゃないか。共演者が50歳オーバーだから」と真顔で指摘すると、照れくさそうな顔を見せる。
一方、宮野は「頼りたいところは圧倒的な小百合ちゃんのビジュアルではと。任せろは……」と口ごもると今度は福士が「歌とダンスじゃないの?」と突っ込むと「それそれ!!」とドヤ顔そして大笑いで応える宮野。「年の功というか経験値の面で小百合ちゃんにいろいろ教えてあげたいですね。でもすごくエネルギーの高いものを求められる現場なのに、あの小柄な身体ですぐ取得しているんです。現場の楽しみ方を直感的に分かっているんでしょうね」と井上を褒める宮野。「今回のうさぎは彼女からは想像できないくらい汚い言葉を発しますから」と井上の役どころに触れると、粟根から「という事は今まで観た事がない、宮野真守がいじめられている場面を観ることができる?」の質問にはのけぞりながらうなづいていた。

本作は、劇場公演に加え、毎公演ライブ配信される。是非ご自身の生活スタイルに合わせて劇場もしくはご自宅などで本作を楽しんでいただきたい。

取材・文=こむらさき

【関連記事】

おすすめの記事