Yahoo! JAPAN

20歳迎える海老野心、“ワイドナティーン”卒業

ナリナリドットコム

女優・タレントの海老野心(19歳)が6月19日、バラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)に12回目の“ワイドナティーン”として出演。29日に20歳の誕生日を迎えるため、この日の放送をもって“ワイドナティーン”を卒業した。

海老野は高校3年生で「ワイドナショー」に初出演。現在は、バラエティ番組「超無敵クラス」(日本テレビ系)など、Z世代の中でも注目を集めている、そのほかにも、映画「真・事故物件」では初主演。多方面で活躍しているバラエティタレントだ。

“ワイドナティーン”卒業について海老野は「20代を迎えるということで、最後の『ワイドナショー』出演でしたがいかがでしたか? 初めて出演させていただいた時が18歳で高校生でした。高校生の頃と今とでは考え方も少しは大人に近づいてきたのかな? とワイドナショーを通して実感することが出来ました。ティーンとしての意見でありながらティーン終了間近の意見で、今回は色々と考えながらコメントをさせて頂きました。20歳になったら大人の仲間入りなので、責任感を持った行動をしていかなければならないと改めて実感しました。ワイドナショーを通して本当にたくさんの成長をさせて頂くことが出来ました。ありがとうございました」とコメント。

そして「初めて出演させていただいた際に、リモート出演ではありましたが、人生で1番緊張したのではないかと思います。初めての出演で、変顔を披露させていただいてたくさんの反響を頂きました。ワイドナショーで、変顔を披露させていただいたことは一番の思い出です!」と語った。

また、最後に「ワイドナショーをご覧になってくださった皆様、改めてありがとうございました!ワイドナショーの出演を通して私のことを知ってくださった方が沢山いらっしゃってとっても嬉しい限りです。これからは、女優としてタレントとしてもっともっと皆様に認知していただけるよう、そして皆様に元気を届けられるように頑張っていきたいと思いますので応援よろしくお願い致します!」とし、「20代の私もよろしくお願い致します!もっともっと成長してまた、ワイドナショーにワイドナティーンとしてでは無く、ゲストの海老野心として戻ってこられるように頑張りたいと思います。これからもよろしくお願い致します!」と、20代への抱負を語った。

【関連記事】

おすすめの記事