Yahoo! JAPAN

犬の病気『超危険な症状』5選 コレが起こっていたら今すぐ病院へ

わんちゃんホンポ

病気の可能性大…犬の『超危険な症状』5選

犬は言葉で気持ちを伝えることができないため、病気のサインに飼い主が気づいてあげる必要があります。今回は病気の可能性が高い犬の超危険な症状を紹介します。これらの症状が見られたら、すぐに病院へ連れて行きましょう。

1.声かけにも反応しないほどぐったりとしている

いつもならば声をかけると反応してくれる愛犬が、声をかけても反応できないほどぐったりしている場合は明らかに異常が認められます。

犬にとって毒性の強い食べ物を誤飲してしまったり、殺虫剤などを誤って舐めてしまったりした時に現れる中毒症状を引き起こしている可能性も考えられるでしょう。

また、子犬の場合は低血糖症を引き起こしている危険性もあり、どちらも命に関わることもある危険な症状です。すぐに動物病院で必要な診察や処置を施してもらいましょう。

2.1分以上痙攣症状が続いている

痙攣症状を引き起こしている場合、さまざまな病気が考えられますが、もしも1分以上様子を見ても痙攣症状が治らない場合は、緊急性が高いためすぐに動物病院へ連れて行く必要があります。

考えられる病気としては脳神経の病気や中毒症状が挙げられます。放置していると後遺症が残るほどのダメージを負ってしまったり、最悪の場合、死に至る危険性もあります。

さらに、痙攣後に突然失神したりぐったりした様子を見せたりした場合は、命に関わる危険性が高くなります。こちらもすぐに動物病院で診てもらいましょう。

3.呼吸が速く荒くなっている

呼吸が速く荒い状態が続いている場合は、呼吸器疾患を患っている可能性もあり、早めに対処しなければ重症化してしまう危険性があります。

肺水腫や肺炎、気道閉塞などの病気が原因となっている可能性もあるため、すぐに動物病院へ連れて行き治療を受ける必要があります。

また、コンセントにつないだ状態の電気コードを噛むと感電してしまい肺水腫を引き起こす場合があります。もしも、電気コードが破損している状態で急に呼吸状態が悪化している場合は感電による肺水腫を疑い動物病院を受診しましょう。感電してしまった犬やコードに触れた場合、飼主もビリッとくる場合があります。気を付けてください。

4.お腹が異常なほど膨れている

大型犬に多く診られる症状です。お腹が普段と比べて異常なほど膨れている場合は、胃拡張を引き起こしている可能性があります。

胃拡張・胃捻転症候群と呼ばれるこちらの病気は、多くのガスが胃の中で発生し膨れ上がることで胃が捩れてしまう症状です。食事後に運動をするなどの行為で引き起こされることが多く、短時間で命に関わる恐ろしい症状として知られています。

血流などが遮断されてしまうことから症状が急激に悪化するケースが多いため、お腹の膨れ方に少しでも違和感を覚えたら、すぐに動物病院へ連れて行き必要な処置を受ける必要があります。

5.嘔吐や下痢症状が短時間で何度も起きている

嘔吐や下痢が何度も起こる場合は胃炎などが考えられます。しかし、短時間で嘔吐と下痢が同時に頻繁に起こっている場合は、腸閉塞などの重大な症状が隠れていることもあるため注意が必要です。

腸閉塞は、そのまま放置していると閉塞部分の腸の壊死や腹膜炎につながる危険性もあります。腸閉塞や腹膜炎は、重症化することで命に関わる非常に恐ろしい病気なので、明らかに回数が多い、嘔吐と下痢が同時に起こっているなどの症状が認められた場合には、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

まとめ

今回紹介した症状は、重大な病気が隠されている可能性があります。症状に気付いたらすぐに動物病院で診察してもらい、必要に応じて検査や治療を受けさせましょう。早期発見、早期治療が大切な愛犬を救います。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事