Yahoo! JAPAN

春のタイラバ釣行でマダイ連打 潮止まりにはメタルジグにもヒット

TSURINEWS

マダイが連鎖ヒット(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

春といえば沢山の釣り物で賑わい始めるシーズンであるが、その中でもビッグターゲットの一つがマダイ。年中釣れる魚だが、この時期は特に乗っ込みの荒食いシーズンになるのでチャンス大。今回はタイラバで狙ってきた様子をレポート。

じらまる午後便でタイラバ釣行

今回は昼からの午後便で乗船。山口県下関市豊浦のじらまるに乗った。タイラバもいいが、ボートエギングやSLJも得意な船である。

釣行した4月17日の潮は大潮で満潮は10時17分ごろだった。

お世話になったじらまる(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

最初のヒットはフォール中に

流すポイントは50mラインの瀬のあるポイント。ちょうどいい具合の風で、タングステンなら60gでも底が取れる。船長からは「底から20mより上でヒットするので、着底後最低でも20mは巻いてください」と指示が出た。

ファーストヒットは同行者のフォール中だった。40cm前後の本命が上がってきたが自分には当たりがないので、あれこれと道具をかえてみる。釣れた人の真似が手っ取り早いので、オレンジカラーにかえてみるもイマイチ反応がない。

アピールダウンが奏功

最初からタイラバの一番下のフックにはアピールアップとフッキング確率アップを期待してワームを付けていたが、それを外し更にラバーも取り外してみた。これがよかったようで、底から30mの中層でヒット。50cmの綺麗な本命をゲット。

アピールダウンが効いて本命キャッチ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

その後も同船者にヒットしたものが連鎖したり、逆に連鎖させたりと1人が釣れると周りにもヒットする状態に。

アタリがあってバレてしまった後も、少し落とし直して巻いてくるとヒットすることが多く、群れでタイラバを追ってきているようだった。

メタルジグにもヒット

夕刻になり潮止まりの時間がやってきた。風はある程度吹いているので船はドテラで流れているがマダイからのアタリがなくなった。

魚はいる筈と色々試してみるが、タイラバにヒットするのはカサゴ、ホウボウなどのゲストばかり。そこでメタルジグに変更してリアクションで反応が得られないかとトライしてみる。

なるべくキャストし、斜めに引いてくるようにしてみる。そして、アクションはつけずに、巻き速度を変えながら探っていると、中層で速巻き気味のジグについにヒットした。

潮止まりにはメタルジグで(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

釣れない時は、釣れた時の再現にとらわれずに色々試してみるのがいい。

短時間で満足釣果

昼スタートで夕マヅメは少し陸地に近いところでエギも試しに……ということだったので、タイラバの実釣時間は3時間と少し程度だったが、3人でこれだけの釣果だった。

3人の釣果(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

船長の指示通り底から20m上でのヒットがほとんどであったので、船長の指示はしっかり聞いて実践するのが釣果に繋がるだろう。

<檜垣修平/TSURINEWSライター>

The post春のタイラバ釣行でマダイ連打 潮止まりにはメタルジグにもヒットfirst appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事