Yahoo! JAPAN

丸ひもの「髪飾り結び」で作る! カンタン「バレッタ」と「玄関マット」

毎日が発見ネット

丸ひもの「髪飾り結び」で作る! カンタン「バレッタ」と「玄関マット」

丸ひもを結んで小物を作ってみませんか? 「菜の花結び」と「四角結び」と「髪飾り結び」の3つの基本の結び方を覚えたら、あとはアレンジするだけ! そこで、絵本作家、手芸作家、イラストレーターとして活躍する堀川 波さんに「丸ひもの髪飾り結びで作る! バレッタと玄関マット」を教えていただきました。



髪飾り結び




同じ結び方でもひもの太さが替われば別物に


▼バレッタ



▼玄関マット



結び方を覚えたら、ひもの太さを替えてみましょう。細いひもで結ぶと長径が8cm足らずのバレッタになり、太い麻ひもを使うと、長径が40cm以上のマットが結べます。また、基本の形を結んだ後、基本のひもに添わせるように何本かのひもを通すと、幅ができ、きれいな形になります。添わせるひもの色を替えると作品に表情が出ます。


ひもの種類



使うひもは丸ひも。平らなものは、裏返ってしまうので使えません。素材は、麻や木綿、レーヨン、ナイロンなどいろいろ。鍋敷きは、熱に強い素材を使いましょう。

バレッタ



両端にかんざし金具を挿して。


帯留め



帯締めを両端に通す。


玄関マット


直径1cmの麻ロープを使用。



髪飾り結び


利用範囲の広い結び方です。


シックな色合いの2本の組みひもを使うと、髪飾り、ブローチ、帯留め、ブレスレットなど、いろいろなアクセサリーにできます。


また、太い麻ひもを5本で結ぶと、玄関や洗面所のマットにもなります。


これらの中間の大きさなら、飾り棚やテーブルなどに敷いておしゃれな演出を。



基本の髪飾り結び



材料(できあがり長径15cm)
綿ロープ(直径5cm)... 80cm×2本
金属も貼れる多用途ボンド
テープ


結び方
(1)菜の花結びの(1)~(6)までと同じようにする





(2)中心を押さえ右の輪を10cmほど広げる。



(3)左の輪も同様に10cmほど広げる。このときの中心の輪の大きさと、広げた輪の大きさで仕上がりの寸法が決まる。中心の輪と左右の輪の比率は1対4ぐらい。



(4)広げた右の輪を1回ひねる。



(5)左の輪も同様に1回ひねる。



(6)ひねった右の輪の上に左の輪を置く。



(7)右のひもを写真のようにひねった右の輪の下→上→上→下と通す。上下交互ではなく、中の2本は上を通す。



(8)ゆっくり引き抜いて形を整える。



(9)左のひもも同様に上→下→上→下→上と通す。


(10)ゆっくり引き抜き、下に2本のひもが出る。



ひもを添わせて2本にする


(11)2本目のひもを左のひもに添わせて5cmほど出す。



(12)1本目のひもに2本目のひもを添わせる。



(13)2本目のひもが1本目のひもに添った状態。



(14)右のひも2本を写真の位置に1本ずつ入れる。



(15)さらに上の2本のひもの上を通して下に出す。



(16)左側のひも2本を1本ずつ抜く。




(17)下に通す。



(18)裏返して余分なひもを切る。



(19)切り口、重なり部分にボンドを塗って固定する。


できた



ひもの太さと添わせるひもの本数で、大きさは自由自在。


バレッタと帯留め
(長径8cm、短径3.7cm)



直径4mmの組みひも80cmを2本。バレッタはかんざし金具(写真下)を両端に挿して髪留めに。帯留めは両端に帯締めを通す。


玄関マット
(長径50cm、短径25cm)



直径1cmの麻ロープ350cm、400cm、450cm、500cm、550cm、各1本。短いものから結ぶ。



撮影/原 務

【関連記事】

おすすめの記事