Yahoo! JAPAN

簡単リメイク!椅子の座面を張り替えよう【世田谷からDIYライフを発信!】

でろかる

世田谷・経堂で一軒家カフェ「しゅとカフェ」を営んで10年になる。
自分で何かを作ることが得意で、家具からお店のリフォームまでDIYで行っている。

今回は簡単にDIYできる「椅子のリメイク(座面の張り替え)」について紹介しよう。
今回リメイクするのは少し座面の高いカウンターチェアー。
これにスポンジを張り付けて、布を合わせて貼るという作業。

使用する道具

1.椅子
2.スポンジ(座面より少し大きめ)
3.布(座面の下まで覆えるくらいのサイズ)
4.タッカー
5.ハサミ
6.ボンド
7.ドライバー

スポンジはホームセンターでも購入できるけど、僕は古いマットレスを使用。
厚さは好みでいいんだけど、大体7〜8センチくらいがいいかなぁ。
他に用意するのはスポンジを接着できるボンド、強力なホッチキスみたいな機能のタッカー。このタッカーはとても使い勝手のいい工具で色々と使えるんだ。

まずはハサミやカッターで椅子の大きさに合わせてスポンジを切る。
そんなに慎重に切らなくてもいいし、少し大きめでも問題無い。

カットが終わったら、そのスポンジを座面にボンドでくっつける。

次に布を切る。
あとで裏面にタッカーで留めるので、座面の下まで覆えるサイズでカット。

ここで座面をドライバーで取り外す。
取り外した座面に布を合わせて裏返し、強く引っ張りながらタッカーを対角線上に打つ。

シワにならないように引っ張って、上下、左右、といった対角線上に徐々にタッカーを打つといいね。

これでもか!っていうくらい打ちまくってもいい。
打ち終えた後は余分な生地をハサミで切り落とし、座面をつけ直して完成!!

最初は難しいかもしれないけど、慣れれば簡単。

古くなった座面の修理や、気分を変えたいときにもおすすめのDIY。ぜひお試しください。

【関連記事】

おすすめの記事