Yahoo! JAPAN

伊万里湾でバチコンアジング開幕【佐賀】シーズン初釣行でアジ連打も今後はサイズに期待

TSURINEWS

メガサイズのアジをゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

4月18日、長潮。佐賀県肥前町大浦浜漁港から出船の、きずなまりんを利用して、今シーズン初のバチコンアジングに行ってきた。

きずなまりんでバチコンアジング釣行

午後6時に出船。安井船長の話では、上旬に出船した時はまったく釣れなかったとのこと。こればかりは、いつ釣れだすか分からないので、調査も兼ての釣行となった。

バチコンアジングのタックル(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

30分ほどでポイントに到着。水深は約20m。明るい時間帯は、同船者にギガサイズがヒットしたが、その後は……。

ライト点灯

ライト点灯後、30分ほどで海面にはベイトが集まり始め、1時間ほどで魚探には、ほぼ全層にベイトの反応が確認できた。

メガサイズのマアジ顔見せ

9時ごろ、ボトム付近をゼロテンション(オモリをボトムに着けてラインを張らず緩めずの状態)でワームを漂わせていると、コツンと明確なバイトがきた。20cmくらいのマアジだった。

バチコンアジングで良型アジをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

ぽつりぽつりと同サイズがヒットしている中、明らかにトルクが違う引き味にロッドがきれいに満月を描いた。見事メガサイズのマアジをキャッチできた。

後半はリリースサイズが多かったが、バチコンアジングを楽しめた。タックルやワームのカラーなどは、同船まで気軽に問い合わせを。伊万里湾バチコンアジング開幕だ!

<週刊つりニュース西部版APC・吉川徹/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2024年5月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事