Yahoo! JAPAN

犬が『すぐに飽きてしまうオモチャ』5選!共通点や好まれるオモチャの特徴を解説

わんちゃんホンポ

犬がすぐに飽きてしまうオモチャ5選

「愛犬が喜ぶはず」と買ったオモチャなのに、思っていたより反応が悪いとガッカリしますよね。

実は、犬がすぐに飽きやすいオモチャという物が存在しています。

ここでご紹介する犬がすぐに飽きてしまうオモチャ5選をチェックして、ぜひ今後の参考にしてみましょう。

1.知育玩具

犬用の知育玩具は好みが分かれやすいので、すぐに飽きてしまう可能性が高いオモチャです。

パズルを動かしたり、上手く転がすとおやつがもらえる知育玩具などありますが、仕組みが理解できないまま飽きてしまう犬もいます。

2.音が鳴るオモチャ

犬が喜ぶ音が鳴るオモチャも色々あります。ただ、音が苦手な犬も中にはいるので必ず喜ぶとは限りません。

噛むと「ピュー」と鳴るオモチャ、咥えて振ると「カラカラ」音が出るオモチャなど違うタイプを試してみるのもひとつの手です。

3.ぬいぐるみ

飼い主さんが「可愛い!」と感じる犬用のぬいぐるみのオモチャも、犬がすぐに飽きてしまいがちです。

口に咥えにくい、噛み心地がイマイチという理由があるのかもしれません。

4.鹿の角

獣の匂いがする鹿の角はハマる子はとことんハマりますが、犬によってはすぐに飽きてしまいます。歯磨き効果もあるとされていますが、大きな鹿の角は犬の口のサイズに合わせにくいのがやや難点。犬によっては野性的で立派な角を怖がってしまう子もいます。

5.ボール遊びシューター

犬用の「シューター」とは、ボールが投球できるオモチャのこと。自動で飛ぶタイプは犬のひとり遊び用オモチャとして人気ですが、これも犬によって好みが分かれます。

ボール遊びが好きな犬以外は飽きてしまったり、飛び出すボールに怖がる可能性もあります。

犬がオモチャに飽きてしまう理由とは?

そもそもなぜ犬はすぐにオモチャに飽きてしまうのでしょうか?

前項から何となくイメージできたかと思いますが、ここで犬がオモチャに飽きてしまう理由をまとめました。

飽きっぽい性格

犬の大半は同じオモチャで遊び続けることがほぼなく、すぐに飽きてしまうものです。

のんびり屋で飽きっぽい性格の犬であれば、オモチャに興味を示さないことすらあります。

難しすぎるオモチャだから

サイズや年齢が適していないことが主な原因となり、とくに知育玩具は好奇心旺盛なタイプや我慢強い犬でないとすぐに飽きてしまう傾向があります。

オモチャ以外の物が好き

犬にとってオモチャとそれ以外の物の区別はつきません。

もし愛犬がクッションやタオルを大切にしていたら、この理由が当てはまります。

オモチャに新鮮味がない

犬がオモチャに飽きるのは、新鮮味がないことが1番の理由です。オモチャを出しっぱなしにしていると「見慣れたオモチャ」と認識してしまうでしょう。

遊び終えたら片付けて、また遊ぶときに飼い主が取り出すことが大切です。2~3個のオモチャをローテーションで与えるとマンネリ化を防げます。

犬に好まれるオモチャにある特徴

犬が飽きてしまうオモチャ5選を踏まえて、反対に犬に好まれるオモチャにある特徴を押さえましょう!

犬の食いつきがよく、遊び続けてくれるオモチャには次のような特徴があります。

遊び方がわかりやすい

噛む・転がす・引っ張るなど、遊び方がわかりやすいオモチャは犬は大好きです。

飼い主さんと遊べるオモチャなら、そのオモチャに対する魅力を感じてくれるでしょう。

シンプルな構造

色やデザイン性を重視するより、シンプルな構造を選んでみてください。シンプルなオモチャの方が耐久性や安全性が高まります。

噛み心地がよい

犬が夢中になるオモチャに共通しているのが「噛み心地」です。気に入ってくれれば長時間遊んでくれるでしょう。

歯磨き効果のあるオモチャを愛犬が気に入ってくれれば、飼い主さんとしても嬉しいですね。

まとめ

もし愛犬がオモチャにすぐに飽きてしまっても大きな心配をすることはありません。

どの飼い主さんも、愛犬が喜ぶオモチャを日々探しているものです。

自分のお気に入りの匂いがついた物が好き、飼い主さんと一緒に遊んで欲しいなど愛犬の好みを探ってみてください!

【関連記事】

おすすめの記事