Yahoo! JAPAN

八杉神社 70周年記念で書籍刊行 寺社と地域の歴史紐解く〈横浜市港北区〉

タウンニュース

大祭式に参加した照本宮司(前列中央右)ら

八杉神社(照本禎宮司/大豆戸町239)が10月3日に創立70年を迎えた。節目を祝し、隣接する本乗寺とともに、記念書籍も刊行される。編纂の中心となった村上芳信さんは「寺社の歴史を学ぶことで地域を知れる。本を通じて郷土愛を育みたい」と話す。

八杉神社は今から70年前、現在と同じ所在地にあった八王子社と杉山神社(ルームズ大正堂新横浜店付近)が合併する形で誕生した。創立日ちょうどとなった3日には、創立70周年記念大祭式を実施=写真。照本宮司の神事に加え、大豆戸地域に継承されてきた大豆戸囃子・神楽の記念演技も披露された。

本乗寺と共同で

今回は周年記念事業として書籍を発行。宗祖降誕800年となった隣接する大寶山本乗寺(渡邉言之住職)と共同で、寺社の歴史と地域の変遷を綴る『わが町大豆戸の寺社本乗寺・八杉神社』が12月に上梓される。

契機を作ったのが、地域総合誌『蘖(ひこばえ)』を発行する大豆戸在住の村上芳信さん。教員を退職後、地域演劇や無料学習塾などを主宰していた村上さんが、塾の会報の企画として寺社に目をつけ、写真撮影や資料収集を行った。年明けに完成した紙面を、同神社奉賛会副会長の小谷田作夫さんが見て「素晴らしい内容なので、節目の記念に書籍化しよう」と小泉正さん・黒沢一雄さん(本乗寺)、岡本直美さん(蘖)を加えた5人で編纂刊行委員会を2月に発足した。

書籍には、数多くの写真や資料がカラーで収められ、70年以上前の貴重な写真なども。また、実地調査では、合併後に杉山神社の社殿が熊野神社を経て現在の十二神社(緑区)に伝わったことなど新たな発見もあったという。制作に携わった大倉精神文化研究所の平井誠二理事長は「神社と寺院が協力して記念誌を作るのは意義深い。また、委員が丹念に足で調べた記録であり、未来へと続く貴重な財産となるはず」と太鼓判を押す。

村上さんも「調査を通して大豆戸の街が大好きになった。寺社の歴史を通し地域を知り、郷土への愛を深めてもらいたい」と期待を口にした。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 工場地帯の埋立地には、意外にも緑がはみ出していた!【村田あやこの路上園芸探訪・城南島&京浜島編】

    さんたつ by 散歩の達人
  2. 「球磨の恵み」が熊本県代表でサミットに出場!全国1位にしたいからWEB投票よろしくお願いします

    肥後ジャーナル
  3. スーパー玉出「豚足」2種食べ比べレポ 照り照りの醤油味VSちょっとグロい塩味、ウマいのはどっち

    Jタウンネット
  4. 意外と知らないサカナの美味しい可食部 捨てちゃうのはもったいない?

    TSURINEWS
  5. 激かわ【ねこねこ食パン】が“クリスマス仕様”に!イチゴチョコが甘酸っぱい♪

    ウレぴあ総研
  6. カツオ人間と高知県民の出会いを描く物語!第一話「ふるさとのお茶」

    高知県まとめサイト 高知家の○○
  7. 【ミスド】の『むぎゅっとドーナツ』全4種レビュー♪絶品の食感&超うま“アレンジレシピ”も!【おすすめ】

    ウレぴあ総研
  8. 「イエロードッグプロジェクト」って?黄色いリボンを付ける4つの理由とは

    わんちゃんホンポ
  9. 【焼肉きんぐ】超オトクな『福袋』が販売決定!「気になる内容」を紹介♪【必見】

    ウレぴあ総研
  10. 【抹茶好き必見】の「絶品クリスマスケーキ」!“老舗茶屋”こだわりの味わい♪【お取り寄せOK】

    ウレぴあ総研