Yahoo! JAPAN

今さら聞けないアジングのキホン:誘い方とジグヘッド形状の関係とは

TSURINEWS

様々な形状のジグヘッド(提供:WEBライター・井上海生)

アジングではジグヘッドの選定が重要だ。ウエイトはもちろん、「形状」も大切。そこで今回は釣り方に合わせた「最適なジグヘッドの形状選び」を紹介しよう。

アジングの誘い方4選

アジングでの誘い方は、筆者の考えでは4つある。また、それぞれの誘い方に合ったジグヘッドの形状がある。まずは基本となるアジングでのジグアクション4パターンを紹介したい。

1. リトリーブ

もっともシンプルなアクションが「リトリーブ」だ。ジグヘッドを横に巻いてくる。ただ投げて巻いてくるだけだが、レンジ(水深)と、巻き速度を意識しよう。単調に同じような巻き方をしていても、アジの目の前を通らなければ釣れない。

基本はスローリトリーブ(ゆっくり巻く)で、その都度釣ってくるレンジをかえよう。アジはある一定のレンジに群れていることが多いので、一発どこかでアタると、同じレンジでアタり続けることが多い。

2. レンジキープ

レンジキープという釣法は、アミパターンのアジに対応するための釣り方である。特にひなびた漁港の、ある一定の場所に群れているアジは、プランクトンを捕食している。よって釣り方は、ワームをプランクトンに見せること。そこでこの「レンジキープ」でいく。

釣り方は簡単で、軽量リグ(1gアンダーで着底しないような重さ)を、水中でふわふわと漂わせるだけ。リーリングもラインスラックを取るだけで、ときどき「ちょんちょん」と竿先を動かし誘いをかけてやると、アジが飛びついてくる。

3. ダート

ダートはアジの活性が低いときに試してみる。激しい動きで、捕食のスイッチを無理やり入れてやる感じだ。水中に投じたリグを、キレのよい左右の動きでアクションさせ、それが偶然目の前に入ったアジに、「なんだこれは!」と思わせ口を使わせる。

まったく気配がない時でも、これを一発やると、1匹だけ釣れてくることがよくある。ただダートの水切り音は水中の魚をスレさせてしまうので、同じ場所で長く続けないようにしよう。

4. リフト&フォール

最後に「リフト&フォール」。アジは目の前に現れた捕食対象が一旦視界から消えて、落ちてきて再び視界に目に入ったものに、反射的に飛びつくという本能があると言われる。竿を立ててやや早めに少しリグを巻き上げ、スッと竿先を下げてラインテンションを抜いてやると、そこでバイトがくる。

パターン別のジグヘッド形状

ここからは前述の4パターンの誘い方に適したジグヘッドの形状を紹介していきたい。

1. ラウンド型

リトリーブでの釣りの場合、ラウンド型のジグヘッドを推奨する。丸い形状は水流を受け流し、きれいなリトリーブ姿勢を保ってくれる。一般にライトゲーム用、またメバル用として販売されているものは、ほとんどこのリトリーブタイプなので、汎用性が高いジグヘッドとして常備しておきたい。

ラウンド型ジグヘッド(提供:WEBライター・井上海生)

2. フォール型

リグを海中に投入し、任意のレンジをキープするには、適度な沈下速度を保ってくれる、どちらかというと水中での抵抗が大きいものがいい。ヘッド部分の下部が扁平な形になっているものは、「フォール型」と呼ばれ、レンジキープに適する。0.2~1.2g程度までで、0.2g刻みで数種類持っていくと、シャローから多少の深場まで対応できる。

フォール型のジグヘッド(提供:WEBライター・井上海生)

3. やじり型

水中でキレのある動きをさせるためには、尖った形状が適する。そこで各メーカーから出ているのが、「やじり型」のダート用ジグヘッドだ。この形状のジグヘッドを竿先でアクションさせ水中で動かすと、左右に飛び跳ねるエビのような動きをしてくれる。

やじり型のジグヘッド(提供:WEBライター・井上海生)

4. リフト&フォール用

リフト&フォールには、リトリーブ用のラウンド形状のジグヘッド、レンジキープ用のフォール型ジグヘッドが流用できる。巻き上げて沈める、その沈下速度を少し早くしたければラウンド型、遅くしたければフォール型と使い分けるといいだろう。

フォール型が万能か

アジは時として気難しい魚だ。この釣り方にしか反応しない、ということがよくある。そういう魚の機嫌に、釣り人もジグヘッドの形状で対応してやらなければならない。

1つだけ万能選手として持っていくならば、「フォール型」だろうか。リトリーブでも不自然な動きをしないし、主にアジング専用に作られているフォール型のジグヘッドは、アジのショートバイトを乗せやすい、ハリ先が開いた「オープンゲイブ」になっていて、小さなアタりを早掛けできる。

形状によっては、ダートをさせてもきれいな動きをするので、釣具店に並ぶアジング専用品で良さそうなものをチェックしてみよう。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

The post今さら聞けないアジングのキホン:誘い方とジグヘッド形状の関係とはfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 毎年恒例のアレはやめる!…女性約200人調査「2020年末年始の過ごし方」

    anan総研
  2. My Hair is Bad、新シングルに収録される楽曲「白春夢」のミュージックビデオを公開、全曲トレーラーを試聴できる限定ポスター企画も

    SPICE
  3. 向井太一、本日配信リリースのEDWIN「ジャージーズ」CMソング 「Get Loud」のミュージックビデオを公開

    SPICE
  4. BBHF尾崎雄貴ソロプロジェクト・warbear、新作のリリックビデオを公開 ローカル・ネイティヴスのニック・ユーイングが担当

    SPICE
  5. 『JUNO/ジュノ』女優がトランスジェンダーを公表 名前も「エリオット・ペイジ」に

    Techinsight
  6. 【グジ 第14話】夕暮れのグジ

    笑うメディアCuRAZY
  7. 「アロマオイルは持って行って正解」 新型コロナ感染体験者が語るホテル療養体験談

    Jタウンネット
  8. ENHYPEN、デビューアルバム『BORDER : DAY ONE』がCD&配信ともにチャート上位入り

    SPICE
  9. 新しく保護犬を迎えた家族。飼い主の心配をよそに直ぐに受け入れ、穏やかに接するゴールデンの深い優しさ感動した【動画】

    Retriever Life
  10. 『ほら、フレブルってシワにめっさ汚れ溜まるじゃん?』長風呂の理由を自ら説明。あるあるすぎて超納得だった【動画】

    French Bulldog Life