Yahoo! JAPAN

ミドルエイジの渋くてイケてる俳優ランキング<45歳~59歳>…西島秀俊(49歳)、竹野内豊(49歳)、反町隆史(46歳)らランクイン

ランキングー!

写真:つのだよしお/アフロ ミドルエイジの渋くてイケてる俳優ランキング<45歳~59歳>

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」や「おじさんはカワイイものがお好き。」など、最近イケおじ俳優が活躍するドラマが多くの女性たちから注目されていますよね。昭和から平成にかけて世の女性たちを虜にしてきた40代半ば~50代のイケメン俳優たちは、年齢を重ねてさらに色気を増し、若い頃にはなかった渋い大人かっこいい魅力を放っています!今回は、「ミドルエイジの渋くてイケてる俳優ランキング」として、45歳~59歳の渋いイケおじ俳優をご紹介!


1位に輝いたのは…!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【ミドルエイジの渋くてイケてる俳優ランキング<45歳~59歳>】

第1位 竹野内豊(49歳)
第2位 西島秀俊(49歳)
第3位 反町隆史(46歳)※2020年12月で47歳
(4位~20位は『ランキングー!』サイトに掲載中)

大人の渋い色気に魅了される!第1位は竹野内豊(49歳)!

<投票者のコメント>
「年を重ねるごとに、渋く、大人かっこよくなって、大人の男性そのものです」
「若い頃の竹野内豊さんも素敵だったけど、今のCMに出てる姿を見ても、魅力的!!目の前に居たら目を合わせられないぐらい(笑)」
「永遠なのかなと思わせる」

1位に輝いたのは、現在49歳の竹野内豊さん!やはり渋くて色っぽい俳優と言ったら、すぐに思い浮かぶのが竹野内さんですよね!彫りが深くキリっとした顔立ちに、大人の魅力を際立たせる男らしくて渋い髭が抜群に似合ってます!年齢を重ねれば重ねるほど出てくる深みのある色気に、大人の余裕と上品さがかっこよすぎて痺れる…!低くて渋い声もずっと聴いていたいほど素敵ですよね…!


爽やかな渋さにキュンとする!第2位は西島秀俊(49歳)!

<投票者のコメント>
「顔と筋肉のギャップがいい」
「コミカルな役からクールな役まで演じわける演技力と、鍛え抜かれた体が生みだすアクションシーンが好き」
「穏やかで色っぽくて、この年代の俳優さんたちみんな素敵だけど西島さんが一番!」

2位は現在49歳の西島秀俊さん!見るたびに異なる印象を与える演技の幅広さが素晴らしい実力派俳優。若々しい爽やかさはそのままに、歳を重ねるごとに増えていく渋い艶っぽさが素敵です!穏やかで優しい雰囲気からは想像できない鍛え上げられた美しい筋肉が最高で、アクションシーンがバリバリにかっこいいところにも惹かれます!本当に欠点が見つからない…!


増していく渋い男らしさがたまらない!第3位は反町隆史(46歳)※2020年12月で47歳!

<投票者のコメント>
「若い頃から顔が好き。グレイヘアも似合いそう」
「ずーっと爽やかで、クールなのにお茶目な感じもしてそれがまた色っぽい」
「相棒は反町さんじゃなきゃ!」

3位は2020年で47歳となる反町隆史さん!人気刑事ドラマ「相棒」ではseason14から出演し、常に俳優としての魅力を高めていますよね。素敵な歳の重ね方をしていて、スタイルの良さを保ちながら、若い頃にはなかった渋い男らしさをプラスした現在の姿がたまらなくかっこいい!50代になったらどれだけ渋いイケおじになるのか…白髪姿もめちゃくちゃ似合いそうで期待しかありませんね!


4位以下には他にも、福山雅治(51歳)さんや、井浦新(46歳)さん、大沢たかお(52歳)さんなどがランクイン!あなたが好きなイケ渋俳優は何位?

以上、10-50代の女性4052名が選んだ「ミドルエイジの渋くてイケてる俳優ランキング<45歳~59歳>」でした。

4位以下のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:10-50代の女性4052人を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 飼い主に『お帰りのチュウ』をせがまれ首をグイン…。反らしてまで拒否ったゴールデンがあからさま過ぎ、泣きそう【動画】

    Retriever Life
  2. 今さら聞けないアジングのキホン:誘い方とジグヘッド形状の関係とは

    TSURINEWS
  3. 洗濯直後の靴下を人質に、めっちゃ悪い顔で誘ってくる柴犬。もちろんこのまま『靴下綱引き大会』開催へ。【動画】

    柴犬ライフ
  4. (ママ…!)外に出た飼い主を追いかけ、フェンス越しに見送るダックス。後ろ姿が切なすぎて見ていられない【動画】

    ダックスフンドライフ
  5. 【セリア】いっきに外せる「ピンチハンガー」めっちゃ便利。物干し革命では?

    東京バーゲンマニア
  6. 2298gで産まれた赤ちゃんを見た実母が「このままずっと小さく育つかもよ」と一言。心配するべき?

    ママスタセレクト
  7. 【専門医監修】 他人事じゃないから知っておきたい 「乳がん」との向き合い方

    ミキハウス 出産準備サイト
  8. 2019年の神回から1年…「M-1グランプリ2020」決勝放送日が12月20日に決定!

    おたくま経済新聞
  9. 約40年間、変わらぬ味と雰囲気。赤羽の『純喫茶 デア』でよき時間を愉しむ

    さんたつ by 散歩の達人
  10. 旬を迎えた秋の『戻りガツオ』 そもそもどこから「戻ってくる」の?

    TSURINEWS