Yahoo! JAPAN

大森『ニシキダイニング』の魅力はアットホームなイタリアン! 忙しい仕事の合間も心地の良い空間でランチタイム!

さんたつ

2024年で創業20周年を迎える『ニシキダイニング』は大森駅から徒歩8分ほどの場所にある。パッと見はバーのような雰囲気のお店で、店内は店主・鳥島さんの笑い声が絶えない。 皆が楽しくおしゃべりできる、アットホームでにぎやかなお店にしていきたいという鳥島さん。今回はランチの時間に訪れ、ボリュームのあるパスタをいただいた。 気軽にイタリアンを楽しみたいという方や、時間のないサラリーマンやOLにも配慮された『ニシキダイニング』のランチ。さっそく店内に入ってみよう。

ニシキダイニング(ニシキダイニング)

ランチメニューは週替わりで3種類

週替わりで提供されるランチ。毎日行っても飽きないように3種類ある。

ランチは3種類のメニューから選べる、ボロネーゼなど飽きがこないものを中心に週替わりで変更となる。

「週に何回も来てくださる方に飽きが来ないようにしたい、お昼時なので早く料理を提供したいといった理由でランチのメニューは3種類にしています」とのこと。

たしかに大きな会社の入っている商業ビルが多い大森では、近くのサラリーマンやOLの利用も多いことは想像できる。短時間で料理が提供され、おいしいパスタがいただけるお店は貴重だ。

今回は、鶏ひき肉となすのトマトソース1300円をいただいた。ランチには、サラダとパン、コーヒーがつく。料理が運ばれた時はまず「おっ!ボリュームがある!」。鳥島さんが言うには、パスタは細めで100g。大盛+200円になると140〜150gになるそう。

じっくり煮込まれたトマトソースは、鮮やかな赤色で濃厚な印象を持ったが、大変あっさりとして食べやすい。

余計な材料をいれずにじっくり煮込み、素材が持っている旨味を引き出すこと、優しくシンプルな味付けを心掛けているそうだ。

見た目よりもあっさりしていて、口へと運ぶ手は止まらない。

健康志向の若い女性や、ボリュームのある食事を楽しみたい男性にも人気がある。

トマトソースや鶏ひき肉などの量も多いので、残ったソースをパンにつけて食べるのもおいしい。

なお、忙しいお昼時ならコーヒーなしのメニューもあり、100円ほど安くなる。ゆっくりする時間がなければ、コーヒーなしでもいいだろう。忙しいビジネスマンにとってはありがたい配慮だ。

なお、先にも書いた通り週によってメニューは変更となるので注意しておこう。

フロアによって楽しみ方がかわる店内!

2Fから見下ろす。吹き抜けとなっているので店内は広々としている。

1Fはテーブル席とカウンター、中2Fと2Fはテーブル席となっている。ランチではどこに座っても違いはないが、夜は1人でゆっくり食事を楽しみたい人や店主の鳥島さんと会話を楽しみたい人はカウンター、2Fはグループで利用される方が多いとか。1人でも2人でもグループでも楽しめるお店の作りとなっているのが特徴だ。

お店の外観からだと2Fがあることに気がつかず、満席と思って帰ってしまう人もいるらしい。またお店の入り口は、地上から少し階段を降りる作りとなっているのと、パッと見がバーのように感じてしまうため、店内に入るのにためらってしまう人もいるのだろうとのこと。

しかし一歩踏み込めば、鳥島夫妻は気さくでお話好き。店内は、明るい雰囲気が漂っている。

おしゃれな外観。バーのように思う人もいるのだとか。

駅から少し離れていることと、階段を少しだけ降りて店内入るという特徴は、隠れ家的な要素と店内のアンティーク感も相まって女性同士や、恋人同士に評判が高い。

ランチだけではなく、メニュー豊富となる夜もぜひ訪れてみてほしい。

和気あいあいで、楽しいお店にしていきたいという思い

鳥島さんのお母様は、同じ場所で「錦」という喫茶店をやっていたという。

「それで僕も『錦』という名前はつけたいと考え『ニシキダイニング』という名前にしました。『ニシキダイニング』になって2024年で20年を迎えられるのは、本当にうれしいし何よりもここまで支えてくださった皆に感謝しています」

特にコロナ禍の時は本当に大変で、テイクアウトだけで営業するなど苦労があったそう。

「周りの方にとても助けられました。コロナ禍を乗り切れたのは、本当にお客様や従業員の方々のお陰です」と鳥島さんは、うれしそうに話してくれた。

ランチは夫婦二人で切り盛りされている。

取材の中で鳥島さんが度々口にされていたのが「気軽にお店に来ていただきたいんです。イタリアンと言うと、静かに食事をするというイメージを持つ方も多いと思いますが、この店はみんなでおしゃべりしながら食事を楽しめる、にぎやかな雰囲気を心掛けています。だから、肩肘張らずにふらっと立ち寄ってほしい」。

ランチタイムはお客さんが多く、鳥島さん自身も会話に入れないことが多いが、「ディナーの時間には会話に入ることがあるんですよ」と鳥島さんは微笑む。アットホームなお店なので、来店したお客さんが楽しくお腹いっぱいになってくれたらうれしいのだ。

2Fの座席。グループで利用したい方に人気があるという。

取材中も予約の電話が鳴りやまない。この日は残念ながら夜は満席だそう。さすがは人気店だ。

ニシキダイニング(ニシキダイニング)
住所:東京都品川区南大井3-34-6/営業時間:11:45~13:30LO・18:00~21:30LO
/定休日:日(ランチ:月・祝日)/アクセス:JR京浜東北線大森駅から徒歩8分

取材・文・撮影=アサノカツヒト

株式会社アステル
編集プロダクション
国内外約300名のトラベルワーカーと共に執筆を行う広告制作プロダクション。各地への取材の機動力とスピードを大切にしています。
2023年からは、フリーランスの方のマネジメントツールの開発にも邁進しています。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. どこで勘違い?アリオ札幌が噂を払拭する「閉店しないよキャンペーン」 12の人気パン屋が揃う「パンフェス」参加店舗詳細も

    Domingo
  2. 地味見えから脱却!野暮ったく見えないウルフヘア5選〜2024年春〜

    4MEEE
  3. 神戸セラボが新体制でのステージを初お披露目! 神戸セーラーボーイズが「第51回神戸まつり」のステージに出演 神戸市

    Kiss PRESS
  4. 【超かわいい】なにこのカップ新感覚~!人気ディズニーキャラが“出てくる”アイテムの秘密って?

    ウレぴあ総研
  5. こんなもんは必要ちゃうねん... 靴下をはかされたチャウチャウ、顔がクシャクシャになってしまう

    Jタウンネット
  6. 世界遺産「平等院」の藤は、来週中頃が見ごろの予想!今年は約1.6万房【京都府宇治市】

    ALCO宇治・城陽
  7. 上越市議選期日前投票 前回を上回るペース

    上越妙高タウン情報
  8. 「日本の役に立つなら住んでもいい」意識は間違い? 外国籍の人と入管に今なにが起きているのか

    文化放送
  9. イスラエル、イラン攻撃。大竹「第五次中東戦争にならないといいが」

    文化放送
  10. ギターで弾き語り 名張の丹羽さん ボランティアとして活躍

    伊賀タウン情報YOU