Yahoo! JAPAN

山寺宏一が強烈トークで中村悠一に迫る!怪演ぶりが光る映画『ソニック・ザ・ムービー』日本語吹替え版より本編映像の一部を解禁

SPICE

ジム・キャリー/ドクター・ロボトニック

6月26日(金)に日本で公開される映画『ソニック・ザ・ムービー』から、日本語吹替え版本編映像の一部が解禁された。
『ソニック・ザ・ムービー』は、セガのゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズを初めて実写映画化した作品。『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、メガドライブ用アクションゲームとして1991年に初登場したタイトルだ。超音速のハリネズミ・ソニックが、悪の科学者“ドクター・エッグマン”らに立ち向かう作品だ。初の実写化作品となる『ソニック・ザ・ムービー』では2004年に『Gopher Broke(原題)』でアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされたジェフ・フォウラー監督がメガホンをとり、長編映画デビューを果たす。また、『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツ氏と、『デッドプール』のティム・ミラー氏がプロデュースする。ソニックの相棒役でジェームズ・マースデン、原作のドクター・エッグマンにあたるマッド・サイエンティスト=ドクター・ロボトニックをジム・キャリーが演じている。

山寺宏一

公開された映像は、本日6月17日に誕生日を迎えた山寺宏一がドクター・ロボトニック/ジム・キャリーを吹き替えた本編映像の一部。山寺は、中村悠一が吹き替えるトム/ジェームズ・マースデンを圧倒する迫力を見せている。ソニックのスーパーパワーを狙い、トムの家に乗り込んできたドクター・ロボトニックは、強烈なトークでまくしたてる。『マスク』や『グリンチ』などでも、怪優ジム・キャリーを吹き替えてきた山寺ならではの演技だ。


『ソニック・ザ・ムービー』は6月26日(金)全国ロードショー。

【関連記事】

おすすめの記事