Yahoo! JAPAN

人生初のキンメダイ釣りに挑戦 良型本命4尾手中に大満足【新島沖】

TSURINEWS

良型キンメが一荷で登場(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

3月に静岡・下田須崎港から人生初の憧れのキンメ釣りにチャレンジしてきました。長年夢見ていた念願のキンメを釣ることができた、幸せな釣行をレポートします。

新島沖でキンメ狙い

新島沖のキンメは、「トロキンメ」と呼ばれてサイズもよく美味ともっぱらのうわさ。

釣行当日は、3時30分に受け付けを済ませて出船の準備。女将さんから氷をたっぷり配られ、クーラーが赤い魚であふれることを願いながら準備を進めます。

4時、この日は4人で出船。今回はCZ―9キンメスペシャルⅣというキンメ専用の最新電動リールをお借りすることに。

キンメ釣りのスペシャリスト、山崎さんに仕掛けの投入方法などを教わりながら、移動中も一連の動作を頭の中で何度も繰り返し、頭に叩き込みます。この釣りは、チャンスが一日に8投しかなく、投入の動作をミスしてしまうと1回お休みに。それを避けたかったからです。

水深500mへ仕掛け投入

1時間半ほど船を走らせたところで、新島沖のポイントに到着。水深は500m前後。船長の合図で、ひとりひとり順番に仕掛けを投入していきます。ちなみに、使用した仕掛けは15本バリで、エサはサバ短やイカなど。

緊張の1投目。先頭の山崎さんの仕掛けが半分ほど落ちたところで、「いいよ!」とゴーサイン。2kgのオモリを軽く投入して、仕掛けがスムーズに落ちていくように構えます。

仕掛けがすべて落ちたら、すぐにドラグをフリーに。すると、仕掛けはみるみる海底へ。なんとか投入成功です!

着底したら、ラインをフリーにしたまま、指でラインを止めたり送り込んだりしてラインテンションを操作。ウネリがあったこともあり、これが難しかった。

定番ゲストのドンコ浮上

タナは底から5m。そこに合わせて仕掛けを這わせていくことがこの釣りのキモであり、難しいところ。なかなかコツをつかめず、アタッているのかいないのか、全然わかりません。

しばらく流したところで、「はい、山崎さんから上げて~」とアナウンス。回収もひとりずつ順番に行います。

何か魚はかかっているのか、ドキドキしながら高速でラインが巻かれていく電動リールを見つめます。そして上がってきたのは、深場釣りで定番ゲストのドンコ。汁物などにすると、とても美味しいそうです。

山崎さん本命キンメゲット

山崎さんには、さっそく本命がヒット。赤くて美しいキンメが取り込まれます。びっくりしたのは、その大きさ。私が今まで煮付けなどで食べてきたキンメよりもひと回り、いや、ふた回りは大きいのです。ところが、「これは小さいほう。2kg超えるのもいるからね」と山崎さん。

ドンコがきたということは、仕掛けをズル引きしている可能性が高いので、次の流しはもう少しラインテンションを張り気味に流してみることに。すると、ピクピクッと竿先にアタリ。ラインを少しだけ緩めます。

山崎さんは本命3点掛け(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

憧れの本命キンメ1.8kgヒット

そして待ちに待った緊張の回収タイム。回収中にも、時おり暴れるような引き。祈りながら仕掛けをたぐっていくと、顔を出してくれたのは1.82kgの本命。

憧れの魚。しかもファーストヒットでこんな良型に出会えて感無量です。しかしいい流れは続かず、次の流しは全員ノーヒット。

その後は、船中ポツリポツリと本命が上がる感じで、私ももう1尾追加。良型が中心だったので、私自身は充実感を覚えていたのですが、船長によるとこの日は潮型が悪く、苦戦しているとのこと。ポイントを探し、船を走らせます。

良型の本命ダブルキャッチ

潮がほとんど流れず、オモリが切れずにそのまま戻ってきてしまう状況が続き、気がつけば残り2投。願いを込め、集中して仕掛けを落とし込みます。

張りすぎてもダメ。緩めすぎてもダメ。指先で慎重にラインを操作していると、グングン!と竿先に魚信。明確なアタリに「キター!」と思わず叫びます。

ガツガツと暴れるようなこの日一番の引き。期待が高まります。そして現れたのは、良型の本命ダブル。この流しは全員にヒットし、最後の流しに期待が高まります。

良型の本命ダブルに笑顔の筆者(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

釣果は良型中心に船中16尾

しかし、投入中に中層でサバの猛攻にあってしまい、すべての仕掛けにかかってしまう有様。船上は笑いの渦に包まれ、それぞれが美味しいゲストを取り込みました。

緊張が和らいだところで、11時に納竿。結局、全員仲よく4尾ずつでフィニッシュ。長年夢見ていた念願の魚を釣ることができて、本当に幸せな一日でした。

全員が本命を4尾ずつゲット(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

沖上がりに女将さんに聞いてみたところ、いい日に当たれば初挑戦の人でもツ抜けは珍しくないとのこと。レンタルタックルも用意されているので、ビギナーでも大きなクーラーを用意して、ぜひチャレンジしてみてください。

<週刊つりニュース関東版 白井亜実/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年4月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post人生初のキンメダイ釣りに挑戦 良型本命4尾手中に大満足【新島沖】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【後編:オバチャン言うとくわ、知らんけど!】オバチャン流、恋愛・結婚の極意とは! #4コマ母道場

    ママスタセレクト
  2. 進藤あまねさんがASMR朗読を初体験! 『よみほぐASMR』第9弾「白雪姫」が5月13日(木)22:00~YouTubeにて配信

    声優グランプリ
  3. フライお得帖:16歳が考案した『ティニーニンフ』を格安で自作しよう

    TSURINEWS
  4. あだち充原作のSF時代劇「虹色とうがらし」が30年の時を経て舞台化

    おたくま経済新聞
  5. 【まるでおもちゃみたい!】 箱を開けるたび “チンチラさん” が出現。 少しずつ変化する表情に♪♪

    PECO
  6. 三重県内49人感染 2人死亡 伊賀名張3人 四日市の私立高校でクラスター

    伊賀タウン情報YOU
  7. 「竹内涼真の歌に心が震える」翻訳&演出・谷賢一インタビュー【ミュージカル『17 AGAIN』】

    ウレぴあ総研
  8. 小柳ルミ子、成城石井&セブンで爆買い「巣ごもりの為の食料を」

    アメーバニュース
  9. 【5月12日プロ野球公示】西武がニール登録、川越誠司を抹消、中日ロドリゲス、日本ハム望月大希も登録

    SPAIA
  10. エリザベス女王、国会開会式で演説を行う 王配の死後初の伝統行事

    Techinsight