Yahoo! JAPAN

【物欲NONストップ】アン ドゥムルメステールのシャツ

GIRL

シャツ ¥130,900 / ANN DEMEULEMEESTER

予想を軽く超えてきます。

昔から〈アン ドゥムルメステール(ANN DEMEULEMEESTER)〉の袖を通したときに驚きのある服がすきです。一見すこしだけ形の変わったシャツで「着たらどうなるかな〜?」という想像を裏切られることなんてそんなにないと思うんです。ただこのブランドの服は、想像をひょいっと超えてくるんですよね。着たときのシルエットの美しさや、細かい装飾だったりが本当に素晴らしい。ベタ褒めしていますが、袖を通してみればその気持ちもわかるはず。

他にも、こんなものが気になる!

ハトラのトップス

シャツ ¥39600 / DELTA / 03-3485-0933

現代的で未来的。

何柄なんだろう? と思っていたら、「架空の鳥」のイメージをダブルジャガードで表現したグラフィックなんだそう。GANと呼ばれる敵対的生成ネットワーク(機械学習の一種)から200万枚の画像をもとに生成されているというから俄然興味が湧きました。なんだこのフューチャー感が溢れる服は! と。さらに、全てまったく同じ6色の原色糸を使用して作られているから、生産工程に負担が少ないサスティナブルな服なんです。時代に即したアイテムであり、かつ未来的。とっても素敵じゃないですか?

セモー × ホウコォ キュウのセットアップ

シャツ ¥34000+TAX / パンツ ¥30000+TAX / Comcode Showroom / 03-6804-3501

メンズのセットアップという可能性。

ここ最近、メンズ主体なブランドのセットアップにハマっていまして。しかもめっちゃ派手なやつ。柄はインパクトあるけど、きっちりシャツ×パンツのものってレディスであんまりないんですよね(私が見つけられないだけ?)。しかもよく聞くとこのアガる柄は現代美術家のホウコォ キュウさんとのコラボレーションとのこと。ワンピースもあるのですがこっちが断然タイプです。

ナヌーシュカのシャツ

シャツ ¥37200+TAX / ヒラオインク

春には春のレオパード。

豹柄が着られるのは秋冬だけ、という認識はもう古い! (突然)最近では肌見せする季節だからこそ薄く軽く取り入れられるアニマル柄が実は注目されてるんじゃないかと感じているんですが、もとよりアニマル柄好きとしてはそんなトレンド関係なく年中着てましたとさという。で、見つけたこの〈ナヌーシュカ (NANUSHKA)〉の品良くも責めた佇まいに惚れ惚れしちゃって。個人的には白いギャザーたっぷりめの甘めスカートに合わせたい…♡

ジョン ローレンス サリバンのシャツ

シャツ ¥54000+TAX / ジョン ローレンス サリバン

やっぱり黒でいきたい2021。

きれいなシルエットのシャツだな〜と思ってパッと手にとってみたら、首に素敵なものが隠れていました。こういうシンプルなアイテムにさりげなく仕掛けがある服ってすきなんですよね。大人っぽく見えるのに、遊び心は忘れない、みたいな。2021年はアラサーに突入する年なので、こんな小洒落たアイテムが似合う女性になりたいものです…!

フィーニーのプリントシフォンシャツ

シャツ ¥29000+TAX / フィーニー / 03-6407-8503

透けていきたいPart5.

旅先での写真や日常の風景をコラージュした総柄がプリントされた〈フィーニー(PHEENY)〉のシャツ。今季のテーマである“R-A-Y-E-R” 「RAY(光)+LAYER(重ねる、層)」を体現した素敵アイテムで、着るといい具合に透け感が楽しめるんです。まだまだ暑いこの時期はキャミソールを合わせて一枚で、肌寒くなってきたらタートルネックニットに重ねたりしたいなと!

【関連記事】

おすすめの記事