Yahoo! JAPAN

アミューズ若手俳優による「チーム・ハンサム!」 兵頭功海、新原泰佑が加わり、新プロジェクトを始動 新曲MVスポット公開&NEWアルバムの発売も決定

SPICE

「2020 OVER THE RAINBOW PROJECT」

アミューズ所属の若手俳優によるハンサムプロジェクト「チーム・ハンサム!」が、新プロジェクト「2020 OVER THE RAINBOW PROJECT」を始動し、参加メンバーを解禁。さらに、メンバー作詞の新曲MVスポットを公開&NEWアルバムの発売決定を発表した。

ハンサムプロジェクトは、2020年で15周年を迎え、2月15日・16日には、『15th Anniversary SUPER HANDSOME LIVE 2020「JUMP↑withYOU」』を両国国技館にて開催した。そして、16年目を迎える「チーム・ハンサム!」の新たなプロジェクトとして、コロナ渦の中、今の不安という感情の雨が降り注いだ後、青空の下で一緒に虹を見たいという想いから「2020 OVER THE RAINBOW PROJECT」と称した本プロジェクトを盛り上げていく「恩返し」を準備している。

今回、新たにプロジェクトに参加するのは、『恋愛ドラマな恋がしたい2』(AbemaTV)に出演し、その後『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(テレビ朝日系)にカナロ/リュウソウゴールド役として出演した兵頭功海と、“日本一のイケメン高校生”を決める「男子高生ミスターコン 2018」にて幼少期から習っているダンスを披露し注目を集め、グランプリを獲得、ドラマ『17.3 about a sex』(ABEMA SPECIAL チャンネル)でドラマデビューを飾る新原泰佑。メンバーが2名加入し、新たなハンサムプロジェクトが走り出す。

新プロジェクトの15名からなるメンバーは、石賀和輝、太田将煕、甲斐翔真、小関裕太、鈴木仁、田川隼嗣、富田健太郎、新原泰佑、兵頭功海、福崎那由他、藤原大祐、細田佳央太、松岡広大、溝口琢矢、渡邊圭祐(写真上段左から)。

また、プロジェクト第1弾として、ハンサムメンバー全員がオリジナル作詞の楽曲制作に挑戦。2020年4月、コロナウィルスにより世の中のあらゆる活動が制限される中、「何か僕たちにできることはないか」とメンバーが声を上げ実現したのが本プロジェクトの第1弾。メンバーそれぞれがこの時期に実際に感じた想いを歌詞に乗せてファンの方々に届けたいという考えから、リモート会議を重ね、作詞作業を行ったそうだ。楽曲のタイトルは、“取り戻せ”という意味の「GET IT BACK!」。色々な制限があるからこそ生まれたメッセージ性の強い楽曲となっており、また、今回「GET IT BACK!」のMVのSPOT映像が【チーム・ハンサム!公式Youtubeチャンネル】にて解禁された。

そしてプロジェクト第2弾は、2020年12月に「チーム・ハンサム!」によるNEWアルバムの発売が決定。参加するのは、「2020 OVER THE RAINBOW PROJECT」メンバーの15名。さらに今回、新たなユニットの編成が決定し、ユニットの新曲を含むフルアルバムとなる。アルバムには、「GET IT BACK!」のMVを収録したDVDと、豪華ブックレットの封入が予定されている。ユニットのメンバー発表や商品の詳細等は、後日「2020 OVER THE RAINBOW PROJECT」公式サイトにて、公開となる。

【関連記事】

おすすめの記事