Yahoo! JAPAN

【箱根】大人のブックホテル「箱根本箱」で、本に囲まれながら自分だけの時間を。

旅行メディア「itta」


忙しい日々を過ごしていると、ふと「日常から離れて、自分だけの時間を過ごしたいな」と思うことはありませんか?今回はそんな方に向けて、ブックホテル「箱根本箱」をご紹介させていただきます。

ブックホテルといっても、愛読家の方はもちろん、普段あまり本を読めていないという方にも入りやすい空間で、何より静かな時間を過ごせるので、心のリフレッシュにおすすめです。

いざ、本の世界へ

箱根本箱は、箱根の中心地である強羅駅からケーブルカーで3駅のところにあります。
元々保養所だったところを内装リノベーションしたそうで、外観は保養所のままという感じですが、エントランスの大きな木目調の扉が開くと、ぱっと別世界が…!

吹き抜けのメインロビーの両壁には、びっしりと本が並べられていて、まさに本の世界。
料理、建築、旅行、科学、文学、自然など、ゆるやかにジャンル分けされており、なんとここに約1.2万冊も所蔵されているそう。滞在中、好きなだけ本を読むことができるだけでなく、気に入ったら購入ができるのも嬉しいポイント。
また、原則小さな子どもは宿泊ができないため、大人だけの静かな空間を過ごすことができます。

著名人のバイブルが知れる!居場所を探すわくわく感も

近年、様々なブックホテルがありますが、ここの特徴は何といっても『あの人の本箱』があるところ。
各部屋を中心に、ホテル内の至るところに、各界で活躍している著名人のバイブルともいえる本たちを集めた本棚が置いてあるのです。

今回、私が泊まった部屋の『あの人の本箱』は、あの有名建築家の隈研吾さん。
全10冊ほどセレクトされていて、隈研吾さんがどんな本にどう感化されて歩んできたのか知ることができるうえ、実際すぐに本を手に取って読めるのは、なかなか面白い体験ですよね。
普段とは違う切り口で本に出会えるので、思いがけない発見があるかもしれません。


本はメインロビーの吹き抜け空間をはじめ、廊下やレストラン、大浴場前など様々な場所に置いてあります。好きな本を手に取って、部屋で過ごす人もいれば、外で過ごす人も。
そして、1~2人用の読書スペースも点在しており、館内を歩きながら「あ!ここにも!」と見つける楽しさも味わいながら、お気に入りの居場所を探すことができます。共有スペースにコーヒー・紅茶が完備されているのも◎。

シンプルモダンで家のような居心地の良い客室

私が宿泊したのは、一番シンプルなタイプの部屋。
簡素ながらアメニティや必要な設備は充実していて、照明や置いてある小物にもこだわりを感じました。
全18室の中には、ハンモックやソファがついている部屋もあり、それぞれインテリアが違うそうなので、どんな部屋にあたるかも楽しみのひとつです。

そして!嬉しいのが全室に温泉露天風呂付なところ。
ホテル内に大浴場もありますが、好きな時にいつでも入れる露天風呂はいいですよね。
ひのきの良い香りとともに、ゆったり読書もできて、とても心地よい時間を過ごすことができました。
天気が良い夜は、ぼーっと星空を眺めるのも良いかもしれません。


ちなみに、館内着は上下分かれた肌触りの良いスウェット。
羽織りジャケットもなかなかオシャレで、ちょっといい感じの家にいるような気分に。
さらに、部屋の床は、素足で過ごしても気持ちよい無垢材になっていたり、部屋の外に出るときはスリッパでなく、歩きやすいサンダルという点にも、「居心地の良さを提供したい」というホテル側の想いが伝わってきます。

地元食材を使った上質な自然派イタリアン

本をキャンバスにしたアートが目を引くモダンな内装のレストランに、心地よい音楽。
そして、食材の農家さんや調理方法を丁寧に説明していただきながら、ゆったりと楽しむ食事。
地域の食材を使ったユニークな料理たちはどれもレベルの高いものばかりでした。(アスパラと“土”を表現した料理は、“土”ごと美味しくて完食!)

ひとり旅の方も多く、食事とお酒をじっくり堪能している方もいれば、食事が提供される合間の時間まで読書に夢中な方も!
夕食・朝食ともに、カウンターか個室か選ぶことができるので、より自分の時間を楽しみたい方は個室もいいかもしれません。

思う存分、本を楽しめるうえ、温泉や食事にもこだわりがある「箱根本箱」。
日常に疲れた時、ちょっとしたご褒美にお出掛けしてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

おすすめの記事