Yahoo! JAPAN

マスクの連続殺人鬼イーサン・ホーク!『ブラック・フォン』 対するは超能力キッズ!? 怪作ホラーサスペンス

映画評論・情報サイト BANGER!!!

マスクの連続殺人鬼イーサン・ホーク!『ブラック・フォン』 対するは超能力キッズ!? 怪作ホラーサスペンス

ブラムハウス最新作!

スティーヴン・キングの息子、ジョー・ヒル原作。『エミリー・ローズ』(2005年)、『ドクター・ストレンジ』(2016年)のスコット・デリクソンが監督。製作はあのブラムハウス。出演は『ムーンナイト』(2022年)のヴィラン役も素晴らしいイーサン・ホーク。というだけで、ホラー映画ファンならMUST SEEな映画、それが『ブラック・フォン』です。

もし「予備知識なく『ブラック・フォン』を楽しみたい!」という方は、このコラムはスキップしてください。

『ブラック・フォン』© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

※以下、物語の内容に触れています。ご注意ください。

超能力キッズ対トリッキーな殺人鬼!?

『ブラック・フォン』、一言で言えば最高に面白いです。

1978年のアメリカの田舎町を舞台に、子どもを襲うシリアルキラー“グラバー”と、サイキックな力を持つ兄妹の息詰まる駆け引きを描いたホラーサスペンスです。

怖いマスクを被ったグラバーを演じるのがイーサン・ホーク。なんとなく『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017年)を彷彿させますが、ポイントはグラバー自体は超自然的な存在ではありません。被害者側の子どもたちの方がオカルティックなキャラなのです。

『ブラック・フォン』© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

そして、タイトルの“黒い電話=ブラック・フォン”も殺人鬼側の武器や道具とかではなく、これも被害者側の重要アイテム。当初“すごい殺人鬼が呪いの黒電話を使って子どもたちを襲う”みたいな内容かと思ったのですが、全く予想外のストーリーでした。

『ブラック・フォン』© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

僕はデリクソン監督の『エミリー・ローズ』がとても好きで、あの映画もエクソシスト物と思いきや、悪魔祓いをした神父は正しかったのか!? という法廷劇でもありました。この『ブラック・フォン』も1つのパターンにおさまりきらない面白さがあります。

『ブラック・フォン』© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

イーサン・ホークがマスク姿で殺人鬼を怪演!

本作には幽霊とかも出てくるのですが、それ以上に怖いのはイーサン・ホーク演じるグラバー。繰り返しになりますが、その正体はただの人間です。観終わった後に「あれ、イーサン・ホークどこに出てた?」と言った方がいたそうですが(笑)、それもそのハズ。ほとんど怖いマスクをつけている。そして、そのマスクもどことなくイーサン・ホーク本人に似ているからややこしい(笑)。とにかく彼の怪演が、この映画の緊張感や厚みに貢献しています。

『ブラック・フォン』© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

うまいなと思ったのは1978年という設定。一つの町でこれだけ子どもが行方不明になれば、すぐに容疑者を追えそうですが、スマホどころかケータイやインターネットがない時代。さらに町に監視カメラとかもないので、こういう犯罪が起こっても犯人はなかなか見つけられないでしょうね。

『ブラック・フォン』© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

怖いシーンは多いですが目を背けたくなるような残虐シーンはないし、殺人鬼の恐怖に震えるというよりは、そこから脱出しようとする主人公の少年を応援したくなります。今回もスコット・デリクソンとブラムハウスにハズれなしの快作! いや怪作でした!!

『ブラック・フォン』© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

文:杉山すぴ豊

『ブラック・フォン』は2022年7月1日(金)より全国公開

【関連記事】

おすすめの記事