Yahoo! JAPAN

6月26日は金運アップのWチャンス!【6月後半のお金・恋愛・仕事暦占い】

mymo

占い師マリ・カルロッタ・フォルトナータが、6月下旬の暦占いをお届けします。

6月下旬は、二十四節気で言う【夏至(げし)】がやってくる頃となります。
二十四節気の中でも、夏至はみなさんにもなじみが深く、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

毎年、6月21日か22日にやってくる夏至の日は、太陽の出ている時間、日の出から日の入りまでの時間がもっとも長くなる日です。そして、この日を境に、だんだんと日が短くなっていく、という日でもあります。

ちなみに、日本では、昔から夏至の頃から10日前後で田植えを終わらせるようにと言われており、夏至の日は大事な稲作の目安となる日でした。

また、関西では、夏至からの田植えが終わると、タコを食べる風習がありました。これは、植えた稲がタコの足のように広がり、しっかり稲が根付くように、豊作になるようにという願いを込めた風習だったそうです。

こんな話を聞くと、なんとなくタコが食べたくなってきちゃいますね。

さて、今月下旬、もっとも運気の良い日は、

◆6月26日◆

になります。
この日は、

・一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
・巳の日(みのひ)

という、金運アップに効果のある日が二つも重なります。

・一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
小さなアクションを起こすだけで、そこを起点として物事が広がり、大きな収穫のある吉日です。一粒万倍とは、『一粒の種まきで、千も万も、実りを得られる』という意味。

あなたがこの日にお金のご縁を増やすような行動をすれば、お金は増えていくでしょうし、新しいことに挑戦すれば、それはぐんと発展し、あなたに実りをもたらしてくれます。

恋愛のことでもお金のことでも、あなたのやりたいこと、何か善きことを始めれば、それが小さな一歩であっても、素晴らしい結果に繫がっていく日になります。宝くじ売り場でも、この『一粒万倍日』にのぼりを出しているところもあり、ギャンブルのご縁の強い日でもあります。

・巳の日
巳とはすなわち蛇を意味します。そして、巳の日の蛇とは、財運と美、芸術をつかさどる弁財天の使いの蛇を指すものです。

そのため、蛇がつかさどる巳の日は、弁財天の加護がある日とされ、財運を引き寄せ、美や芸術に関する技能の向上が見込めるとも言われています。財産を増やしたいなら、この日に何かやってみると良いでしょう。

また、歌や踊り、音楽にまつわる才能を伸ばしてくれる日とも言われているので、これらの練習をしてみてもいいかもしれません。巳の日には、弁財天にまつわる神社仏閣がにぎわいます。みなさんやはり、弁財天の金運パワーを引き寄せたいと思っているのでしょうね。

6月26日にやってみると吉なラッキーアクション♪

◎手持ちの資産を倍以上にしたいあなたは

銭洗いにチャレンジすると良いでしょう。この銭洗い、手持ちの小銭すべてを洗うと大吉です。お札は洗う必要はありません。ちなみに、弁財天にまつわる神社仏閣で銭洗いをするとより運気が上がります。

◎恋愛で良いお相手と出会いたいあなたは

稲穂のモチーフを身に付けると良いでしょう。といっても、なかなか稲穂モチーフは少ないもの。私も着物の帯留めでしかお目にかかったことがありません。なので、稲穂モチーフのグッズを持っていないという人は、携帯の待ち受けを稲穂の写真にすると吉。

◎仕事で有力者とのコネクションを作りたいあなたは

蛇モチーフのもの、あるいは、蛇革を使ったものを身に付けると良いでしょう。蛇柄のものや、蛇モチーフのアクセサリーなどは吉、蛇革の財布やベルトも吉となります。あなたの手持ちのもので蛇にまつわるものがあるなら、この日に身に付けることです。

◎心の元気を充電したいあなたは

どうも元気が出ないな、活力がないなと思ったら、お餅を食べましょう。
お正月以外では、意外とお餅って食べる機会がないものです。心がけてお餅を食べれば、あなたの健康運は上がっていきます。古来、お餅は神聖な食物として、一説には人の魂をあらわしたものだとも言われていました。栄養価としても、霊的なパワーとしても高いポテンシャルを持つお餅、積極的に食べてみてください。

6月下旬、他に運気の良い日は?

6月23日 → 寅の日(金運アップの日、お財布を買うと運気アップ)
6月27日 → 一粒万倍日(一粒の種まきで万の実りがある日。何かをスタートさせると吉)&建(十二直の中での大吉日、お金、婚礼、祭祀吉)

【関連記事】

おすすめの記事