Yahoo! JAPAN

男女共に関東大会初出場 神奈川県立大船高校剣道部〈鎌倉市〉

タウンニュース

過去最高の成績を残した大船高校剣道部の部員ら

県立大船高校の剣道部が6月5日、6日に埼玉県で行われた関東高校剣道大会の団体戦に男女揃って出場した。同部が関東大会に出場するのは、1983年の創部以来初。

男子106校、女子61校が関東大会進出の7枠を争った5月の県予選(会場は川崎市)。

男子は、5試合中3試合で全勝と破竹の勢いで、公立校としては過去47年間で3校目という決勝進出を果たした。

決勝では、過去8度の優勝経験がある東海大相模高に対して0対2で敗れたが、準優勝という好成績で初の関東への切符を手にした。

一方、女子は1回戦で川和高を4対0、2回戦で橘高を3対2で破り、3回戦の希望ヶ丘高とは代表戦にまでもつれこむ接戦を制し、準々決勝へ駒を進めた。

荏田高には0対2で敗れたものの、5〜8位決定戦では、相模原弥栄高を4対1で下して5位入賞を決め、こちらも初の関東出場を決めた。

「あと1歩」乗り越え

男子が全国高校総体の県予選や新人戦、選抜予選でそれぞれベスト4に入るなど、県内でも強豪と知られる同部。特に関東予選では2年連続8位と、あと一歩のところで出場を逃していた。

同部顧問の中田圭介教諭によれば「昨年の3年生もベスト8以上の力があった」が、コロナ禍で大会そのものが中止となり、涙をのんだという。

そうした先輩の思いとともに臨んだ関東大会では、1回戦シードだった男子が足立学園高(東京)に3対4で、女子が北杜高(山梨)に2対3で敗れ、惜しくも初戦敗退となった。

男子主将の木村直太さん(3年)は「自分たちの力が発揮できなかった。今月末の総体予選にこの悔しさをぶつけたい」とし、女子主将の宮地花歩さん(同)は「たくさんの方の応援があって関東大会に出場できた。今後もより一層上を目指して頑張りたいと思います」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 本格的なカレーを味わえる「スパイス研究所魚町店」 「ハーバル」が昼営業開始

    北九州ノコト
  2. 東京から3時間、山の中でハワイアンな気分のグランピング!「マウナヴィレッジ」宿泊ルポ【福島県】

    TABIZINE
  3. 食前に食べて痩せる!?ダイエットに役立つ身近な果物

    つやプラ
  4. 【日本1号店】京町堀「FLOR」がアルコール入り大人ジェラートを発売!

    PrettyOnline
  5. 湘南2大ソウルフード、タンメンとジンギスカン。湘南ゆかりの文筆家・フリート横田がその起源をたどる

    さんたつ by 散歩の達人
  6. 子猫のちょっかいに深いため息をつくシベリアンハスキー ふぅ~

    おたくま経済新聞
  7. 熱狂のツーマンライブ『GM+』開催、神サイとPEDROが話題のコラボ曲「初恋」も披露

    SPICE
  8. FLOWの新曲がTVアニメ『15周年コードギアス反逆のルルーシュ』オープニングに決定

    SPICE
  9. 浦井健治、高岡早紀ら出演で描く「愛」がテーマの人間ドラマ 『愛するとき 死するとき』の上演が決定

    SPICE
  10. AKB48 大家志津香、『新感染 ファイナル・エクスプレス』同時視聴鑑賞会にゲスト出演決定! 「本当におすすめ作品なので、ぜひたくさんの方に観ていただきたい」

    Pop’n’Roll