Yahoo! JAPAN

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・袋のため池】

TSURINEWS

一番人気の駐車場前桟橋(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

千葉県旭市にある袋のため池は、既設釣り台や桟橋完備のお手軽スタイル。たび重なる放流で魚影も濃く、短竿でも楽しめるのでビギナーや高齢者にもオススメだ。

袋のため池の概況

梅雨の長雨にゲリラ豪雨と、各地で記録的な大雨が続いている。このような時は、釣り台不要で身軽に狙える釣り場に限る。東総地区を代表する名釣り場、袋のため池で、安心・安全に楽しもう。

千葉県旭市にある広大な、かんがい用ため池。西池・東池と2面あり、地元では「ため池」「ふくろ」などの愛称で親しまれている。

概況図(作図:週刊へらニュース APC・中村直樹)

釣りが許可されているのは東池で、周囲は2km弱。池を囲むように既設釣り台や桟橋が設置され、どの釣り座にも万力を付けるタル木がある。

釣り場としての歴史は古く、春と秋には旭市観光協会主催の釣り大会も開催されている(ここ数年はコロナ禍で中止)。

地道に続いている放流のおかげで魚影は驚くほど濃く、以前は束釣りも可能だった。しかし一昨年にカワウの大襲来によって、多大なダメージを受けた。

だがその後、放流効果で再び釣れるようになってきている。以前ほどのウキの動きはないが、オデコの可能性は極めて少なく、連日のように多くの釣り人が並んでいる。

以前は入釣料が発生したが、今年から無料化された。釣り人にとってはうれしい限りだ。

ポイント

袋のため池のポイントを紹介しよう。

北岸

同池の1級ポイント・駐車場下桟橋はここにある。水深は1本半前後。年間を通して入釣者が多く、そのぶん魚が居着いている。混雑する春・秋の大会でも必ず上位入賞者が出るほどだ。

北岸の既設釣り台(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

鉄塔前に並ぶ既設釣り台も狙うファンが多い。水深は1本半。ただし底釣りを楽しむ人が多いので、浅ダナ狙いの人は遠慮したほうが無難だろう。

おがみや前(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

静かに楽しみたいなら、おがみや前・新おがみや前桟橋がオススメ。水深は1本~1本半で、西に寄るにつれて浅くなる。狙う釣り人は少ないが、意外に魚が居着いている穴場ポイントでもある。

東岸

地形が関係しているのか、この時期は東風が多いので、風を背負えることで人気が高い。長い桟橋が3本あり、中央の旧東桟橋、南寄りの新東桟橋が人気。水深1本半。浅場の東桟橋は竿8~9尺ラインに掛かりがあるので注意。こちらの水深は1本。

南岸

東寄りにあるポンプ小屋桟橋が人気で、水深は1本強~1本半強。以前は夏場といったらこの桟橋だったが、駐車スペースから歩くからか近年は人気薄。各所に並ぶ既設釣り台や浅間下桟橋は水深が浅く、この時期に狙う人はいない。

西岸

通称・中道と呼ばれるポイント。全体的に水深が浅く、主に春先のポイント。あえて竿を出すとすれば、中央付近で水深は1本弱。

釣り方とエサ

袋のため池での釣り方とエサを紹介しよう。

駐車場完備(提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

宙釣り

竿8~11尺で、タナはカッツケ~底チョイ切りまで。エサは両ダンゴがメイン。ジャミが多いので、それをどうさばくかがカギ。

エサを持たせるとジャミがしつこく攻撃するので、開かせてジャミを散らし、エサの芯をヘラに食わせるイメージがいい。エサをぶら下げて待つよりも、ハリスを長めにしてナジミ際のアタリを追いかけると数・型ともによくなる。

ダンゴが決まらない時はトロ巻きや角麸セットがオススメ。トロ巻きのバラケはダンゴの流用でも構かまわないが、ジャミがうるさい時はより開かせる。角麸ならボソッ気のあるバラケがいい。水深が浅いので、ハリス段差は狭めで下ハリスは30~40cmほど。

底釣り

竿8~11尺でエサは両ダンゴ。宙釣りと違って、開かず持つエサで明確なアタリを狙う。ジャミアタリも出るが、ヘラなら強いアタリを出してくれるはずだ。

広大な池なので流れが出やすい。その場合はライトドボンがいい。エサは両ダンゴまたは角麸セットの、いわゆるドボカメが面白い。

魚が手前に居着いているので、宙・底ともに長竿は不要。沖め狙いだと、かえって魚影が薄くなる。

<週刊へらニュース APC・中村直樹 /TSURINEWS編>

この記事は『週刊へらニュース』2021年7月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・袋のため池】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事