Yahoo! JAPAN

恋する娘が連れてきた彼氏を追い返したパパ。”交際禁止”が方針だけれど……?

ママスタセレクト

ママたちは昔、彼の横顔に切なくなった過去はありませんか? 好きな人と一言交わすだけで一日中ハッピーになったり会えないときはしょんぼりしたり、甘いときめきを味わったあの10代の日々。遠い昔、ママたちは好きになった男の子の側で、ずっと2人でいられることができたならと願ったこともあるかもしれません。

『旦那が「高校は彼氏探しに行くとこじゃないから」と言って男女交際を全く認めません。私も旦那寄りの意見で学業に専念してほしいです。土曜日に娘の彼氏という人が我が家にやってきました。もちろん旦那は大反対、こんな人ダメと言って追っ払いました。昨日からまったく口を聞いてくれず、「門限18時は酷い」とか「彼は家がお金持ちだ」とか部屋でぶつぶつ言っています。そこまで娘に傷つくことをしてしまったのでしょうか?』


男女交際を認めないというご主人の意見に同意する投稿者さんですが、ママスタコミュニティに相談を寄せてくるということは、少し迷いがあるのかもしれません。

高校時代の一期一会は宝物に

高校生の時の出会いは重要だと思っているママもいます。おおいに青春を謳歌してほしいというママたちの声です。

『学業が疎かになる前から頭ごなしに反対は嫌だ。彼氏と青春したっていいじゃない。娘が心を閉ざすのも時間の問題』


『出会いは社会人になってからだとほとんどないよ。高校生のうちからいろんな出会いをしていろんな経験をすることは大事だと思うけれどね』


『隠れてコソコソされるより紹介される方がいいのに』


『家出したくなる家庭だね。私が高校生の頃は親より友達、彼氏だった。うちは干渉しなかったし、私も子どもの恋愛は口出ししない。まあ半グレみたいな人やギャルだったら話は変わってくるけれどね』


『人を好きになるとか人間の感情に圧をかけて縛り付けるのは、親でもやってはいけないこと。押さえつけた反動がくるかも』


『門限18時って塾や部活にも行けない。恋愛以前の話。束縛が強すぎる。いつか家から彼氏と逃げそうだね』


高校生にもなれば多岐にわたる人間関係を自分でコントロールする術を学んでいくものです。ママによっては、あまり親が干渉するのはいかがなものかと考えるようです。

もしママが娘の立場だったら


『学生だから勉強だけしてろってそんな窮屈な生活嫌だ。私だったらそんな親には絶対彼氏紹介せずに黙って付き合うけれどな』


『うちもそうだったよ。彼氏がいるのはダメでも結婚するのなら良いのかとなって、10代でとりあえず結婚したよ』


娘には厳しくしても、自分が高校生だったら、自分の思うままに恋愛させて欲しいと思うママもいるのかもしれませんね。

ママの過去の反省から、うちは恋愛禁止です


『彼氏ができてしまったなら反対しないけれど、私も高校生のうちは恋愛禁止って言っているよ。高校生のうちに付き合って何かいいことある? 私は昔誰とでもオープンだったから、娘には”初めて”は大事にしてほしい。でも、実際あんまりそういうのに興味ないみたい。男の子と話すのが面倒くさいって』


過去に自由奔放な生活を送っていたというママのコメントです。振り返ってみると、もっと他にもやることのできることがあったのかもと思うものなのかもしれません。性に奔放な高校生がやっていることを我が身を持って知っているからこそ、わが娘には反対しているようです。

あまり行動を縛ると性行為を隠す状況に?


高校生ですから、性に興味を持つ年頃だということも否定できません。投稿者さんが交際反対だというのは、性行為で傷つくのではないかという心配もありそうです。

『私自身がそんな両親の元で育った。彼氏ができても外でコソコソ会って、学生でお金もないから公衆トイレとか公園でエッチしていた。19歳で妊娠したときも「男がいたのか! なんで言わないんだ!」って。言えない状況作っていたのはそっちなのに。そんな私の教訓もあってなのか、5歳年下の妹は家に彼氏も連れてくることも許され自由を与えられている』


『隠れて付き合って妊娠して、それでも話してくれなくて気づいたときには産むしかない……なんて選択でいいならお好きに』


『偏差値が高くても勉強ばかりしているわけではないよ。我が子が偏差値72の高校だけれど、交際している子たちもたくさんいる』


『隠れていろいろしまくっていました。彼氏、偏差値74の高校だったけれど、テスト前とか悶々とするみたいで……私なら家族に紹介できる彼とおつき合いしなね? って話す。堂々とおつき合いする方が健全だわ』


性に無鉄砲になる子がいてもおかしくない年頃です。大事な娘さんだからこそ、後で傷つくことのないよう自分を大切にしてほしいとママなら思うものですよね。

礼儀正しい彼氏をきちんと紹介したのならお付き合いを認めても

投稿者さんのご主人の対応が、少しまずかったのではないか? と心配するママたちの意見もありました。

『恋愛も学業も同時進行可能だよ。両親に会いたいって思うのは娘さんを大事に思ってくれるいい子。学生として優先すべきこと、お互いの気持ちも体も大事にするつき合い方を話せばきちんとわかってくれそうなのに、追い返しちゃうなんて……。娘さん、好きな子ができたり付き合ったりしても今後は一切言ってくれなくなるよ』


『家庭によってさまざまだとは思うけれど……。大学生になって突然「はいどうぞ」って言われても土台ができていないし、人との距離感も学んでないよね。社会人になってしばらくしてから「結婚は!?」なんて言われても、あのときに恋愛禁止されていたから、私には結婚どころか彼氏すらもできたことありませんってなるかもよ? もちろん親の決めた人とお見合いという道もあるし、やり方は本当にそれぞれだけれど、高校恋愛禁止の行く末も少し考えてみては?』


『勉強だけが全てじゃないと思う。相手のことを思いやらずに勉強の邪魔をする彼氏なら「つき合い方をもう少し考えたら?」と助言はするけれど、友達づき合いや恋愛って人生においてかなり自分を成長させてくれると思っている。我慢すること、相手を思いやること、励みにすること、達成感、喜びも悲しみも味わって、社会に出たときにもそういうコミュニケーションの土台ができている人って人として魅力があると思うけれどな』


『人を好きになるって年齢関係なく大事なことだと思うわ。素敵なこと』


きちんと挨拶をしてくれた彼氏をパパが追い返してしまったことで、投稿者の娘さんは傷ついてしまったようです。でもパパも娘さんを思ってのこと。高校生の恋愛を心配する気持ちがよくわかるというママたちもいました。ただ頭ごなしに否定するのではなく、話し合う姿勢は必要かもしれませんね。

高校生は、大人でもなく子どもでもないという微妙な年ごろです。人を好きになることも当然にあることでしょう。親子で恋愛について話し合うことは照れ臭いかもしれません。しかし、日ごろから「パパとママはこう思う、あなたは恋愛についてどう思っている?」ということを会話の中にもぐりこませ、さりげなく考えを伝えておけば、ご両親も娘さんも意見のすれ違いで嫌な思いをしないのではないでしょうか。勉強に恋に友情に、キラキラ輝くダイヤモンドのような青春をそれぞれに送って欲しいものですね。

文・岡さきの 編集・一ノ瀬奈津

【関連記事】

おすすめの記事