Yahoo! JAPAN

壁に約18センチもの“クモ”を見つけた女性、痒みを伴うも後に無害の別の生物と判明(英)

Techinsight

壁に約18センチもの“クモ”を見つけた女性、痒みを伴うも後に無害の別の生物と判明(英)

クモが怖いという人は世の中にごまんといるが、このほどイギリスの女性が台所の壁に“巨大なクモ”を見つけて凍りついたという。驚きとともに痒みまで伴い始めたが、後に女性が見つけたものはクモではなく全く無害のザトウムシと判明した。『The Sun』が伝えている。

今月14日、英メディア『The Sun』が紹介した1枚の写真が多くの関心を集めた。写真は英ケンブリッジ在住のアリーナさん(Alina、25)宅で撮影されたものだが、そこには“巨大なクモ”が捉えられていた。アリーナさんは台所へ飲み物を取りに行った際にこれを見つけ、かなり驚いたという。

約7インチ(約18センチ)ほどの“クモ”は脚が異様に長く、中心に茶色がかった丸い豆粒のような頭と胴体があった。アリーナさんは当時のことをこのように語っている。

「一体、いつからそこにいてどこから来たのか全く分かりません。もうすごく怖くてなんだかとても痒くなってきたんです。私は凍りついたまま、パートナーの名前を呼びました。もしクモが動きだしたらと思うとそれ以上動くことができなかったんです。」

「私たちはかなり田舎に住んでいて、すぐ隣にはたくさんの田んぼや畑があります。そのためクモ以外のものも這い回っていることがあるんですが、こんなのは見たことがありませんでした。」

アリーナさんはすぐに“巨大なクモ”の写真を撮って、SNSに「これは一体なに?」と意見を求めた。すると彼女の投稿には「全く冗談でしょ! 恐ろしすぎる」と驚きの声があがったが、他にも「何て脚の長いザトウムシなんだ」「このザトウムシ、脚が長過ぎ! ステロイドでも打ったんじゃないの」といったコメントも見受けられた。

どうやらアリーナさんが見つけたものは、クモではなくザトウムシだったようだ。イギリスの生物学者でクモに最も詳しいとされるグロスターシャー大学のアダム・ハート教授(Adam Hart)は『The Sun』のインタビューに応じ、こう述べている。

「これは信じられないでしょうけど、クモではなくクモガタ綱のザトウムシ目に属する種で、一般的にはザトウムシと呼ばれています。クモガタ綱にはザトウムシ目以外にもクモ目、サソリ目など様々な種類があるのですが、ザトウムシ目は大抵レーズンのような体に長い脚を持っていて、クモのような頭胸部と腹部の境いにあるくびれがないんです。それに彼らは全くもって無害なんですよ。」

ザトウムシの体長は1~2センチほどで、脚を伸ばした状態での長さは10センチを超えるものもあるという。

今回アリーナさんが見つけたザトウムシは、パートナーのコナーさん(Connor)が捕まえて外に放ったそうだ。しかしアリーナさんはよほど恐ろしかったのか、まだ皮膚に痒みを感じるという。そして「無害だとわかってホッとしましたけど、家の中ではもう二度と見たくないです」と明かしており、アリーナさんはいまだにショックが拭えないようだ。

画像は『The Sun 2021年10月14日付「BADDY LONG LEGS Giant ‘spider’ measuring 7 inches terrifies homeowner after it appears on her kitchen wall」(Credit: Deadline)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

【関連記事】

おすすめの記事