Yahoo! JAPAN

長澤まさみ「今日やっと言えることがあります!」劇中での“巨大化”を明かす

フジテレビュー!!

5月25日、映画「シン・ウルトラマン」の大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、斎藤工さん、長澤まさみさん、西島秀俊さん、有岡大貴さん、早見あかりさん、山本耕史さん、樋口真嗣監督が登壇しました。

左から)早見あかり、有岡大貴、長澤まさみ、斎藤工、西島秀俊、山本耕史、樋口真嗣監督

この作品は、『ウルトラマン』(TBS)の企画・発想の原点に立ち還りながら、現代日本を舞台に、誰も見たことのない“ウルトラマンが初めて降着した世界”を描く、エンターテインメント。

昨日(5月24日)までの公開12日間で、観客動員143万人、興行収入21.6億円を突破しました。

映画の反響を聞かれると、斎藤さんは「普段メールですませる方ががわざわざ電話をくれたり、いろいろな方から『変身のシーンはどうだったの?』と聞かれたりします。見れば見るほど、見足りないと個人的には思います」とコメント。

有岡さんは「幅広い年齢層の方から『見たよ』っていう話を聞いて、とても嬉しいです。でも、まだ楽しみに待っている方も多くて、ネタバレをすると嫌な顔をされるので(笑)、堂々と感想を言えるのはまだ先かなと思います」と話しました。

長澤さんは「私がいつもの私ではない感じで出てくるので、そこが面白くて笑えました。ぜひ映画館に笑いに来て欲しいです」とにっこり。そして、「今日やっとひとつ言えることがあります」と切り出しました。

この舞台挨拶をもって、長澤まさみさんが巨大化するシーンが解禁に。

長澤さんは撮影を振り返って「グリーンバックで、ひとりで地味に撮影していました。『動かないで(受け身を取らないように)倒れて』というのが大変でした」と明かしました。

出来上がったシーンを見た感想を聞かれると、西島さんは「ちゃんとCGチームも僕たちに合わせてくたんだなと思うくらい、掛け合いがうまくいってました」とコメント。

有岡さんは「大勢のエキストラの方が協力してくださっていたのですが、(情報解禁前なので)「長澤さんが」とは指示が出せず、演出部の方がエキストラの方に変わった指示をしていて面白かったです」、早見さんは「言ってはいけないのについ言ってしまいそうになり…。みんなで秘密にしなきゃいけないので大変でした」と振り返りました。

映画「シン・ウルトラマン」は、公開中。
配給:東宝
©️2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©️円谷プロ

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「お母さんだけど匂いが違う!」シャンプー後の母猫に警戒感MAXな子猫

    おたくま経済新聞
  2. 【開催】「温泉宿・ホテル総選挙2022」~6月26(フロ)日(日)より国民投票を開始~

    ソトコトオンライン
  3. 葉山奨之と伊原六花がドラマシリーズ『シコふんじゃった!』でW主演 映画『シコふんじゃった。』30年後の相撲部員に

    SPICE
  4. 【北海道・旭川】普通のママが地域の子育てメディアの編集長になった理由|子育て情報誌「るんるん」佐々木響子さん

    ソトコトオンライン
  5. 7 月1日は明石家さんまさんの誕生日【奈良県的今日は何の日】

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  6. 【Cafe√】お店のイメージは昔ながらの喫茶店。新発田の住宅街にできたのんびりカフェ(カフェルート)

    日刊にいがたWEBタウン情報
  7. 「ミント感ちょうどいい」成城石井の「チョコミントパルフェ」一瞬でなくなった。

    東京バーゲンマニア
  8. 朝イチ更新!4コマ漫画『かりあげクン』「山道」「猫の首輪」食べる前に手を合わせている人を見て?

    ふたまん+
  9. これは読めない!「南洋武鯛」なんと読む?【読めたらすごい魚漢字クイズ】

    ソトコトオンライン
  10. 【商品化】~「びわ湖の日」記念商品として「滋賀めしメニューコンテスト」入賞作品を総菜メニュー

    ソトコトオンライン