Yahoo! JAPAN

TVアニメ「古見さんは、コミュ症です。」潘めぐみ、青木瑠璃子、森山由梨佳が追加出演決定!

WebNewtype

井中のこ子を演じる潘めぐみさん

10月6日より毎週水曜24時からテレビ東京ほかで放送開始となるTVアニメ「古見さんは、コミュ症です。」の追加キャストが発表され、キャラクタービジュアルとキャストコメントが解禁されました。

井中のこ子を潘めぐみさん、尾根峰ねねを青木瑠璃子さん、尾鶏かえでを森山由梨佳さんが演じます。

■井中のこ子

井中さんは、田舎者です。

高校入学時から田舎の出身であることがバレたくなく、1学期はクラスメイトとも最小限の言葉で乗り切っていた。古見さんを「クラスの神様で都会のオンナ」と思い込んでおり、その感じに密かに憧れている。

【井中のこ子役・潘めぐみさんのコメント】

◆作品への印象

その人が自分に対して「これは短所」「これはネガティブ」と思ってしまうようなことも、まわりからしてみたら、それがとても愛おしく感じるような…そんな優しい世界が広がっているなと思いました。

◆演じるキャラの印象と役への意気込み

名前を見てお察しのとおり、田舎ものなんですが、そこが愛らしいところで。とても都会に憧れていて、変わりたい、変わろうという意志の強い女の子だなと。勘違いも色々ありますが。そうしたところも愛してもらえたらなと思いながら役作りしました。

■尾根峰ねね

尾根峰さんは、おねえさん。

クラスみんなの「おねえさん」的存在で、懐が広くて優しい良い人。面倒見がよく、学級委員の仕事で忙しそうな只野くんを手伝ってくれる。クラス内の不和もほっとけずに手を差し伸べていくタイプ。

【尾根峰ねね役・青木瑠璃子さんのコメント】

◆作品への印象

登場人物が全員かわいい! 個性的なクラスメイトたちが集まっていますが、みんな愛されるキャラクターだなぁと思います。こんな学生生活を今からでも送ってみたい……! と思える、どこか暖かい気持ちになれる作品だと感じました。

◆演じるキャラの印象と役への意気込み

尾根峰ねねさんは本当に周りがよく見えていて、とても気遣いのできる女の子です。それが嫌味にならず、不自然にもならない、めちゃくちゃ良い子だ……! と思いました。わたしも大好きな子なので、大切に演じたいと思います。

■尾鶏かえで

尾鶏さんは、おっとりしている。

クラスの文化祭実行委員。言動も行動もゆっくりしており、あらゆる面で低倍速。でもその性質から、古見さんと相性が良かったりもする。尾根峰さんとはコンビ的関係。

【尾鶏かえで役・森山由梨佳さんのコメント】

◆作品への印象

コミカルで笑ってしまうのに、心がキュッとなる人間関係の繊細さも詰まっていて、とても優しさにあふれた作品だなあと思いました。個性豊かなクラスメイトと勇気を出して触れ合って、それを糧に少しずつ変わっていく古見さんのがんばりを見ると、すごく応援したくなります。それに、思っていることをうまく言葉にできないもどかしさだったり、仲良くなりたいのになかなか踏み出せない一歩だったり、どれも私にも身に覚えがあるので、「わかるよ古見さん! がんばって!」と、親のような気持ちで読ませていただいてます(笑)。

◆演じるキャラの印象と役への意気込み

とにかくおっとり、心のおもむくままに生きている、まるで雲のような女の子だと思いました。これは癒し枠…と思いきや、その究極のおっとりが大胆なトラブルを引き起こしたりもして、目が離せないです! こんな素敵な役を演じさせていただけるなんて…と、今でもドキドキしていますが、尾鶏さんだったらこんな時もマイペースに構えていると思うので、そのおっとりパワーを借りつつ、彼女の魅力を皆さんに存分に感じてもらえるようがんばります!

【イントロダクション】

"コミュ症"とは――人付き合いを苦手とする症状。またはその症状を持つ人を指す。留意すべきは――苦手とするだけで、他人と係わりを持ちたくない、とは思っていないことだ。

桜舞う高校1年、極度のコミュ症である古見さんが出会ったのは、"普通すぎる"クラスメイト・只野くん。人前で緊張してしまう古見さんの夢は、「友達を100人作る」こと。古見さんの「1人目の友達」になった只野くんは、残り99人の友達づくりを手伝ってくれることになりました。個性派ぞろいの高校で、古見さんの夢は叶うのでしょうか? 伝えたい、でも伝えられない…そわそわ、どきどき、思わずにやにや。でも時折、胸にチクリと突き刺さる? コミュ症美少女コメディー、開幕です。

【関連記事】

おすすめの記事