Yahoo! JAPAN

標高1300メートルのパラダイス!笹ヶ峰 夢見平でミズバショウ見ごろ

上越妙高タウン情報

妙高市の笹ヶ峰にある夢見平で、ミズバショウが例年より遅く咲き始めました。

妙高戸隠連山国立公園、笹ヶ峰にある夢見平です。26日(木)の朝はミズバショウの花が至るところで咲いていました。

夢見平の入口 乙見湖

夢見平は、笹ヶ峰乙見湖休憩舎から歩いて1時間ほどです。

標高1300メールに広がる花畑

花の向こうには残雪の三田原山が望めます。

周辺には体力にあわせて2つのトレッキングコースがあり、カタクリの花や池にはクロサンショウウオの卵も見ることが出来ます。

乙見湖休憩舎の岡田尚彦さんは「ミズバショウは例年より2週間ほど遅く咲いた。今月いっぱいは楽しめる」と話していました。

今年は残雪があるので、滑りにくいトレッキングシューズや長ぐつなどが必要だということです。

【関連記事】

おすすめの記事