Yahoo! JAPAN

新型ダッジ・チャージャーは世界初の電動マッスルカーとして登場!

Dig-it[ディグ・イット]

アメリカ車の個性といえば巨大なパワーを持ったマッスルカーの存在。大排気量のエンジンで高トルク、高馬力を売りにするクルマが長年受け入れられてきた。といっても大国アメリカでも燃費が悪く、過度なパワーのあるクルマは、もはや一般性は低く、趣味性の高いスペシャルなモデルというイメージに。そんなマッスルカーを電動化したらカジュアルに楽しめるのではないかという問いに答えるカタチをダッジが提案。新型ダッジ・チャージャーには完全電動化したモデルが登場する。

新型ダッジ・チャージャーはEVモデルから先行投入される。

ダッジの誇るマッスルなモデルであるチャレンジャーやチャージャーの生産終了が発表され、もうアメリカ本国でもマッスルカーはさすがに時代に合わないのかと思っていた矢先、ダッジ・チャージャーのニューモデルが発表された。

しかもその先陣を切って登場するのは完全EVというモデル。これは2024年式ダッジ・チャージャーのデイトナ・スキャットパックとデイトナR/Tとしてラインナップされると発表された。

マッスルカーらしいボリューミーな2ドアクーペのボディデザインに、4WDシステムの駆動系を持って登場。気になるパワーはガソリンエンジンもびっくりのデイトナ・スキャットパックで670馬力、デイトナR/Tで496馬力を発生させるというマッスルっぷりなのだ。

メーカー発表によれば1/4マイル(ゼロヨン)を11.5秒で駆け抜けるという。まさに世界初の電動マッスルカーの登場になる。

といっても、今後はガソリンエンジン搭載モデルや4ドアモデルもラインナップされる予定で、ガソリンエンジンモデルではダッジ・チャージャー・シックスパックH.O.にはハリケーンと名付けられたハイアウトプット化した550馬力3Lツインターボエンジン、ダッジ・チャージャー・シックスパックS.O.には同エンジンの420馬力、スタンダードアウトプットエンジンを搭載する予定。

このカテゴリーのモデルはまだまだアメリカでは根強く残りそう。気になる生産は2024年の半ばに始まるという。

マッスルカーの歴史が電動化という新たなステージに来たのかもしれないよね。

生産終了したダッジ・チャレンジャーと先代ダッジチャージャーのデザインのいいとこ取りのような2ドアクーペデザイン。クルマが一人一台の国アメリカでは2ドアモデルの需要も高い。Photo by Stellantis
テールランプはリアの上部外周をぐるっと囲むように赤色のLEDランプが付いて、中央には伝統的なダッジのエンブレムであるFratzog(フラッツォーグ)マークも点灯する仕組み。Photo by Stellantis
往年のダッジのマッスルカー、スーパービーからモチーフになっているバンブルビーをモチーフにしたエンブレムは、チャージャー・デイトナ・スキャットパックとR/Tモデルに付く。Photo by Stellantis
中央に巨大な横長のモニターを配した現代車両らしいコクピット。インパネもモニター化。もはやステアリングホイールもフラットトップ&フラットボトムで円形ではない。Photo by Stellantis
後発でラインナップされる4ドアモデルは2ドアモデルのデザインから大きくイメージがかけ離れていない秀逸なデザイン。2025年初頭に登場予定。Photo by Stellantis
今回のモデル名の元祖となる1969年式ダッジ・チャージャーデイトナはチャージャー500のホットバージョンとしてロングノーズ化や巨大なリアウィングを標準で装備した戦闘的なモデルだった。マッスルカーファンにはうれしいネーミング。Photo by Stellantis

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 驚くほど鎌倉野菜たっぷりなランチセットが魅力の立川『cafe sov』。ジューシーな名物ミートパイもおすすめ!

    さんたつ by 散歩の達人
  2. 限定コラボグッズをGETして試合を盛り上げよう! にじさんじ『壱百満天原サロメ』とコラボした『ヴィッセル神戸』スタジアム応援グッズが登場 神戸市

    Kiss PRESS
  3. 突然迫られた、不安と緊張の「帝王切開」 やっと産めたのに悪夢は続く…

    たまひよONLINE
  4. 北九州市が「地域おこし協力隊」募集開始 小倉南区<合馬農産物直売所>で活動【北九州市小倉南区】

    北九州ノコト
  5. 東灘区で「コーヒー」の『ガレージセール』が開催されるみたい。関西アイランドコーヒーロースターズ

    神戸ジャーナル
  6. 『アメリカン・クライム・ストーリー』でドラマ化すべき米国を驚愕させた事件【5選】

    海外ドラマNAVI
  7. 餃子!ラーメン!好きな人にはたまらない夢のような2週間 阪神甲子園球場で外周フードイベント第四弾「甲子園 餃子祭」第五弾「甲子園 ラーメン祭×おもてなし麺馬鹿」開催 西宮市

    Kiss PRESS
  8. すっごい「自然」を感じられそう アウトドアブランドと昆虫食ショップがコラボした結果...「セミージョ」爆誕

    Jタウンネット
  9. 紙巻たばこから加熱式たばこへ IQOSのエンゲージメントプラットフォーム「IQOS Together X」がスタート

    舌肥
  10. 【役立つお金の話】「水道代が少ない人」がしている“キッチンの節水習慣”

    saita