Yahoo! JAPAN

『TOKYO MER』の本気度、圧倒的スケールとリアルな緊迫感を生み出す理由

ドワンゴジェイピー

『TOKYO MER』の本気度、圧倒的スケールとリアルな緊迫感を生み出す理由

日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系日曜よる9時~)の第4話が放送された。「情&熱アッツアツ好きだわー」「最後徳丸くん可愛かったー!」「はぁ…こちとら音羽先生のことはそういう目で一切見てこなかったものですから唐突にカワイイところ見せてくるのはとても困ります」「おっ…つとわ…せんせ…コツンて…あーーーーーーー!!!!」など、相変わらずのアツ過ぎる展開と音羽(賀来賢人)のまさかの行動にSNSでも大きな話題となった。

※以下第4話ネタバレあり

トンネルの崩落事故が発生し、移植手術のために心臓を運搬中の車両が巻き込まれてしまうというのが、今回の物語の発端。


東京海浜病院で汐里(福室莉音)の移植手術を担当するのは心臓、血管のスペシャリスト、千晶先生(仲里依紗)。そう、喜多見(鈴木亮平)の別れた元奥さんである。ここまでくれば、またもや喜多見たちMERのメンバーが心臓を運んでいた医師の小山(高橋ユウ)を救出し、心臓を運搬して千晶が心臓移植の手術を成功させるんだろ!と予想してしまう。結果からいえば、まさにその通り。だが、観ればわかる、観ないとわからないこの緊迫感、興奮、感動、爽快感。ということで展開が予測できてもハラハラドキドキしてしまう4話の見どころを紹介したい。

トンネル崩落事故現場で単身、トンネルに向かう喜多見。夏梅(菜々緒)が「止めないんですか?」と聞くと「どうせ止めても行くでしょ」という音羽。表情ひとつ崩さないところから、あきれているようにも見えるが、まるで「後のことは任せておけ!」とでも言うかのように怪我人にトリアージしていく姿が心強い。

それにしても毎回、事件や事故現場のセットがすごい。崩落事故現場でトンネルに閉じ込められた車、崩落した残骸、そしてレスキュー隊員の行動が緊迫感を誘う。


見えるだけの怪我人を救出し、一度はトンネルから出たものの喜多見は運ばれた怪我人の中に全国移植ネットワークの職員を発見。たまたまこの日、千晶が心臓移植手術をすることを知っていた喜多見に嫌な予感がよぎる。

移植手術のサポートをする予定だった比奈(中条あやみ)に電話をかけると、まだ移植用の心臓が届いてないことが発覚。見つかった救助者の中に心臓を運んでいた小山の名前はない。ここで初めて心臓を運搬していた車両がトンネル崩落事故に巻き込まれ、崩落現場にまだ1人取り残されていたことが明らかになるのだ。


トンネル内はいつ新たな崩落が起きてもおかしくない状況。二次被害のリスクがある限り、駒場(橋本さとし)は危機管理対策室の室長として現場への突入を許すわけにはいかない。現役だったころ、自分もレスキュー中、ケガをして車いす生活となったからだ。


そんなとき、千晶にトンネルに閉じ込められている小山から電話がかかってくる。自分よりも移植用の心臓を届けてほしいという小山。「患者さんが…汐里ちゃんが待っているんです。お願いします」

赤塚都知事(石田ゆり子)や千住(要潤)の言葉に心を動かされ、「行け、命を救ってこい」と、ついに指示を出す駒場。レスキュー隊とともにトンネルを前にしたのは喜多見である。


喜多見「止めても無駄ですよ」

千住「足引っ張ったらぶっ飛ばす」


キターーーー!あれだけ喜多見のことを敵視していた千住も、ようやく喜多見と完全共闘。口が悪いのも“仲間”って感じがしてゾクゾクしてしまう。

携帯を使ってようやく瓦礫に埋まった小山の乗る車を見つける。そして小山から受け取った心臓は徳丸(佐野勇斗)の運転するバイクに比奈が乗って運ぶことに。ちなみにこのバイクもMERの車両である。ちゃんとバイクにはTOKYO MERのロゴが入っているのだ。「飛ばすけど、心臓落とさないでくださいよ」(徳丸)「死んでも落とさない」(比奈)。徳丸、緊急事態に現れるスーパーヒーローのようなカッコよさだ。


そして、毎回レスキューや警察、消防の機材がリアルなことに気づいているだろうか。第1話では消防庁の特殊救急車、スーパーアンビュランスが登場していた。今回もレスキュー隊の持つ機材がとてもリアル。もちろん、医療に関しては言うまでもないだろう。協力体制を取っている消防庁や医療従事者と『TOKYO MER』チームの本気度が伺える。だからこそレスキュー隊やMERメンバーたちのプロフェッショナル感が増し、ドキドキ感が倍増するのだ。


そんな中、千晶は移植手術に備え胸を切開し人工心肺を繋げていたが、心臓の到着が遅れていることから人工心肺を離脱して閉胸を進めていた。だが、心臓を確認した音羽は間もなく心臓が到着することを伝え「もう一度人工心肺を回してください」と訴える。「みんなが必死に繋いできたんです。今度はあなたが繋ぐ番だろ!」。汐里の命を預かる身として千晶は簡単にうなずくことはできない。そこへ喜多見が「音羽先生は信頼できる医者です」という言葉を受け、千晶も覚悟を決める。

瓦礫の中から救い出した小山をERカー内で手術開始。そして東京海浜病院では汐里の心臓移植手術が同時に始まった。心臓移植手術は成功したが、動かない心臓。「頑張れ、汐里ちゃん頑張れ」と心臓を優しくなでる千晶。やはり心臓の保存時間が間に合わなかったのか…。喜多見たちが手術する小山も心停止してしまう。「小山先生、頑張りましょう」と言って必死に心臓マッサージを続ける喜多見。この時間、めちゃくちゃ長い。あれ、心臓動き出さないの?と思った瞬間、2つのモニターに小さな波形が現れる。2人とも“戻って”きたのだ。


最後は、最早お馴染みとなった危機管理対策室で職員、標(工藤美桜)による「死者はゼロです」の言葉。移植手術が成功し、現場ではレスキュー隊員も歓喜の嵐。すると、レスキュー隊員が「お疲れ様でした」とMERメンバーにぺこり。この“仲間感”がたまらない!まぁ、その中に千住はいなかったし、レスキュー隊員にMERメンバーも頭を下げるも、音羽だけは頭を下げなかったけど。本当に2人ともツンキャラである。

MER基地に戻った喜多見は床で爆睡中。そんな喜多見に寄り添い、「お疲れ」と優しくつぶやくと、寝ていた喜多見の手に自分の拳を当てる千晶。そういえば冒頭で、これから移植手術を始めようとする千晶に「頑張ってください」と喜多見は拳を差し出すが、千晶は無視していた。実は千晶も意地を張っていただけなのだろう。


そこへMERメンバーが入ってきたので、慌ててて「感謝していますと伝えておいてください。音羽先生にも」と取り繕う千晶。すると音羽が「私ならここにいますよ」と二階から声をかける。すべて見ていたんか~い!ばつが悪そうに去っていく千晶に思わず笑ってしまったが、寝ている喜多見に音羽も1人でそっとグータッチ。


…デレた。完全に音羽がデレた。


とうとう音羽も喜多見に陥落したのか?次週からの音羽の言動が楽しみでならない。


第5話あらすじ

喜多見幸太(鈴木亮平)の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)と妊婦を乗せたエレベーターが火災により急停止。乗り合わせた音羽尚(賀来賢人)と大物政治家・天沼夕源(桂文珍)と共に閉じ込められてしまう。煙が充満し酸欠状態のエレベーターで妊婦の容態が急変。

出動したTOKYO MERには、政治家・天沼の救出を優先するよう命令が下る。炎上間近のエレベーターで音羽に迫られる究極の選択…。母子の命を救うため、喜多見が下した決断とは?

TOKYO MERのメンバーたちが決死の救出劇に挑む。



『TOKYO MER~走る緊急救命室~』

第5話 8月1日(日)夜9時~


文:今泉

©TBS


【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ミキ昴生、東京・品川区にマンション購入計画

    ナリナリドットコム
  2. お義母さんのこと、正直どう思っている?好き嫌いの段階を超えた回答も

    ママスタセレクト
  3. ラストアイドル、11th SG選抜メンバー17名決定+9/27にセンター含めた立ち位置を決める<ラスアイサバイブ イチナナ選抜立ち位置バトル>開催!

    Pop’n’Roll
  4. 【え?】「スペインで唯一の漫画雑誌」が色々と謎すぎたので … スペイン人漫画家「アキラ・パンツ先生」に問い合わせてみた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  5. 浦島坂田船、毎年恒例のハロウィンライブをオンラインで開催決定

    SPICE
  6. こなれ感あるシルエット♡小顔見えするトレンドのくびれヘア7選

    美容マガジン myreco(マイリコ)
  7. 杉岡太樹監督作品「息子のままで、女子になる」 横浜シネマ・ジャック&ベティで9月18日から公開〈相模原市中央区〉

    タウンニュース
  8. 実は英語が話せるお笑い芸人ランキング…こがけん、おぎやはぎ矢作、フワちゃんらランクイン

    ランキングー!
  9. 【こだわりがあります!】跳ねたりシワを伸ばしたり、一生懸命にベッドメイキングする柴犬さん♪

    PECO
  10. 大磯舞台に展開『神神化身(かみがみけしん)』 伝奇小説×和風楽曲プロジェクト〈大磯町・二宮町・中井町〉

    タウンニュース