Yahoo! JAPAN

日吉在住八田さん 楽しく海ごみ問題解決 横浜市から表彰〈横浜市港北区〉

タウンニュース

楽器「カズー」を持つ八田さん

「第29回横浜環境活動賞」の受賞者がこのほど発表され、日吉在住の八田雅也さんが「市民の部実践賞」を受賞した。

KAZOO(カズー)という名で”企画師”として、地域活性イベントなどを企画している八田さん。今回受賞につながったのは、港町と連携した海ごみ問題への興味関心を喚起する活動「親子deブイアート」だ。

多くの港町で海に漂流したプラスチックのブイが海岸にごみとして堆積する問題があることを知った八田さん。そんな中、愛媛県佐田岬で、ブイに絵を描く「ブイアート」を作っていることを知り、「せっかくなら全国に活動を広めたい」と思ったのがきっかけだ。

イベントでは、港町で集めたブイに親子でペイントやシールを貼り自分だけのブイアートを作成。また講演やオリジナルの紙芝居などで、海ごみ問題についても発信している。港町はもちろん2019年の横浜市など首都圏でも開催。八田さんは「環境問題に興味を持ってもらうのはもちろん、地方の町について知ってもらい、新たなつながりを生む機会にしていきたい」と今後の活動にも意欲を見せる。

つながりの輪を全国に

「すごい技術や面白い発想を持った人と出会えるのがこの活動の楽しさ」と八田さん。日本各地を巡り気づいたのが、地方の人々の共通するまちづくりへの思い。「生まれ育った若者が、帰ってきたいと思える場所であり続けたいと口を揃えて言っている。全国にいる情熱や多様なアイデアを持った人々をつなぎ、その思いを形にする手助けが自分の役目」と企画師としての使命を語る。

KAZOOの名は、吹き込んだ息を拡張して音を出すアフリカの楽器から。「まさに企画師を体現したもの。自分は上手に演奏はできないけれどね」と微笑む。現在も、ブイアートプロジェクト以外にも、「県境での反復横跳び大会」などユニークなイベントの準備も進行中。「つながりの輪を広め、新しい楽しさを生み出していきたい」

愛媛県佐田岬(伊方町)のイベントで作ったブイアート=提供写真

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「楽な体勢、教えてあげるにゃ♪」可愛い三毛猫さんおすすめのハンモックでの寛ぎ方とは?

    ねこちゃんホンポ
  2. INI、メンバー同士の“全力ハグ”で会場を魅了「皆さん、これが見たいんでしょ?」

    フジテレビュー!!
  3. <2度目の浮気>娘が遭遇した不審者は……「旦那の浮気相手」怯える娘!決意した私……【まんが】

    ママスタセレクト
  4. 3児の母親、夫が嫌いな7歳長男を“借金返済のため”売りに出す(露)

    Techinsight
  5. <オバちゃん認定項目>「アレがアレして」「何歳だと思う?」あなたは何個当てはまりますか?

    ママスタセレクト
  6. 風男塾[ライブレポート]ワンマンライブで魅せた全力パフォーマンス!+東名阪ツアーを発表

    Pop’n’Roll
  7. 上智大学出身と知って驚いた芸能人ランキング

    ランキングー!
  8. 「毎日会いたい」と彼氏に言うのはNG!? 男性の本音&“会いたい彼女”になる方法

    ウレぴあ総研
  9. 【実録】忘れられない恐怖体験 #10「“怪音”の正体は…」

    ウレぴあ総研
  10. <通い介護中>兄夫婦が同居中の両親の介護もせず資産を頼っていると発覚!これは動くべき?

    ママスタセレクト