Yahoo! JAPAN

さつまいもを蒸す&焼く!レンジなど調理法で、甘さが変わる!?

VEGEDAY

さつまいもの魅力は何と言っても、その甘み。焼きいも、スイートポテト、天ぷら、混ぜごはんといったさまざまな料理で味わうことができます。ただ、いざ食べてみると、もう少し甘さがほしいと思った経験はありませんか?実は調理の仕方によって、もっと甘みを引き出すコツがあるのです。

蒸し器を使って甘く、しっとりした食感に

蒸し器で蒸すことでさつまいもが水蒸気で包まれ、ゆっくり加熱されます。すると、さつまいものデンプンが水を含んで糊化され、酵素(β-アミラーゼ)によって糖化も進むため、甘みをより強く感じることができます。

甘みを引き出す、さつまいもの蒸し方

蒸気がよく通るように、皮つきのさつまいもを切って立て、蒸し器に並べる。

さつまいもの上にペーパータオルをかぶせ、ふたをして火にかける。

40分くらいを目安に加熱します。

時短編:簡単にできる、電子レンジでの加熱調理

鍋がなくても電子レンジを使えば、時短調理が可能です。

電子レンジでの加熱調理方法

さつまいもの皮の上からフォークで4、5カ所穴をあける。

1を湿らせたペーパータオルに包み、ラップを巻く。ただし両端は蒸気が抜けるよう開けておく。100℃以下で加熱できる「生解凍」の機能で15分ほど加熱する。

その後ラップやペーパータオルをはずし、オーブンのグリル機能で20分ほど焼く。オーブントースターを使ってもよい。

memo

電子レンジでの加熱は水分の蒸発が著しいので、そのままの状態で加熱するのではなく、必ずペーパータオル、ラップなどを利用しましょう。

「クイックスイート」という品種は、でんぷんの糊化温度が他の品種より低く、加熱時に早くから糊化が始まり糖化が進むため、電子レンジでの加熱に向いています。6~7分の加熱でも十分な甘さを感じることができます。

じっくり編:オーブンレンジで「焼く」加熱調理

調理にかけられる時間があるときは、オーブンレンジでじっくり加熱するのがおすすめ。さつまいもから蒸発した水分によって、蒸し焼きのような状態で調理ができます。

オーブンレンジでの加熱調理方法

オーブンを「予熱あり、加熱温度200~220℃」に設定する。加熱時間の目安は40分ほど。

さつまいもは、皮付きのまま竹串やフォークで穴をあけておく。

温まったら、天板にさつまいもを4、5本並べ、中段に入れてスタートを押す。

タイマーが切れたら、竹串で刺して焼け具合を確認する。

memo

焦げる心配はありませんが、途中で転がして天板に触れる部分や、向きを変えるとよいでしょう。

オーブンが小さかったり、電熱線に近くて焦げそうだったりする場合は、途中からアルミホイルを全体にかけるとほどよく焼きあがります。

自宅でおいしい石焼きいもを作るコツ

石焼きいもが家庭でも作れると知っていましたか?焼きいもには、貯蔵することで甘みが増す「ベニアズマ」や、収穫した直後から甘みのある「べにはるか」といった品種がおすすめ。自宅でできる作り方のポイントをまとめました。

石焼きいもの作り方

ふた付き鍋(鉄鋳物製または陶器製)、直径1~2cmの丸みのある小石(適量)を用意。小石は、事前に水洗いし、煮沸消毒しておく。

鍋底に小石を並べ、その上に水洗いした皮つきのさつまいもを並べる。

ふたをして中火で加熱する。15~20分ほど経ったら上下をひっくり返す。さらに30~40分ほどすると焼きいものよい香りが立ってくる。竹串を刺してみてすっと通ればできあがり。

memo

陶器製の鍋はガスコンロ、練炭、ストーブなどで使えますが、IHコンロでは使えないので注意が必要です。陶器製の鍋は、急激な温度変化によって鍋が割れてしまう場合もあるので、弱火でゆっくりと焼きましょう。

品種によっても、調理法によっても、異なる甘みや食感が味わえるさつまいも。いろいろな調理法で食べ比べながら、ぜひお好みの楽しみ方を見つけてください。

[さつまいも]ほっくり甘い!さつまいもの栄養と保存テクニック

秋の味覚としてもおなじみのさつまいも。中央アメリカが原産地といわれ、日本では江戸時代から栽培されてきました。美肌作りや細胞の老化防止に効果があるといわれるビタミンC、ビタミンEなどを含んでいます。

最終更新:2021.10.21

文:窪和子、KWC
写真:

ストックフォト(1枚目)

、小林友美(2~4枚目)


監修:カゴメ
参考文献:
『サツマイモ事典』(一般財団法人 いも類振興会)
『焼きイモ事典』(一般財団法人 いも類振興会)
出典:
日本いも類研究会

【関連記事】

おすすめの記事