Yahoo! JAPAN

【NOマスク NOライフ】私にとってマスクは体の一部です!?

たまひよONLINE

Vadym Pastukh/gettyimages


マスク生活が当たり前になって1年以上が経ちます。口コミサイト「ウィメンズパーク」のママたちは、早くマスクなしの生活に戻りたい気持ちもある一方、マスクなしでは落ち着かないと気持ちになるということもあるようです。そんなママたちの声をお届けします。

■マスクなしが恥ずかしい!
「コロナ前からの知り合いならマスク無し顔も見せられるけれど、コロナ禍で転職したので新しい職場でマスク無し顔は恥ずかしいです。初対面がマスクだと外した顔を見てきっとたぶん『あ……思ったより年相応だったんだな』『若いと思ったらけっこういっているのかも…』とかとか思うだろうなと…。オラに勇気を!!」

■ブラジャー忘れたという時の気持ちと一緒
「まだ大丈夫だけど、このままだと、いつかマスクを外す時に、今日ブラジャー忘れた!みたいな感じで落ち着かなくなりそうだな…と、心配しています」

■マスク外すのがちょっぴり恥ずかしい気持ちに
「『コロナがおさまる頃には『マスク外して外に出るのが恥ずかしい』という人が出るのでは』と予想している人がいましたが、まさにそうなりそうです。ずっとマスクで顔を隠す生活が快適になってしまい、最近飲食店で外すのさえちょっぴり恥ずかしいです」

■2020年以降の入社の人はお互いの顔を知らないかも
「2020年以降入社した人の顔は『目』しか知らないので、顔全体を見せ合うって考えただけでハズカシイかも。1年毎日顔つきあわしているようで、お互いの顔を知らないんですよね。私はまだ元の感覚に戻せますが、若い人や子どもたちは、ノーマスクの世界に戻ってこられるのでしょうか」

■マスクなしの顔を見られたくない
「マスクを外した顔を見られたくない、と思ってしまいます。だって、絶対にマスクをしていたほうが若く見えるから」

■マスクなしになりたいけれど、マスクがラクな時も
「今、マスク無しの生活に早く戻りたい気持ちがある一方で、ちょっとした外出では『化粧しなくていいや』と思えるのは、ラクでいいです」

■マスク=ノーパンの世界観
「まださわりしか読んでないのですが『君と僕のくち』と言う漫画が、まさしくマスク=ノーパンの世界観でした。マスク世代の若い子たち、どんな風に恋愛するんだろう。逆に顔じゃなくて、きっと性格でしか選べないからそれはそれでいいのかも」

友人の子どもは、昨年中学入学後すぐコロナ禍で学校が休校。1年経った今もマスク必須の生活で先生の顔は目から上だけしか認識してないのだとか…。笑い話のようですが、寂しい話ですね。やはりマスクなしのほうがいい!(文・酒井範子)

■文中のコメントは『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「東方Project」25周年を祝したフルオーケストラコンサート開催 全40曲を演奏

    おたくま経済新聞
  2. 岸壁でのサビキ釣りで本命アジ62尾 朝マヅメの時合いに入れ食い堪能

    TSURINEWS
  3. 1年に3ヶ月だけのお楽しみ!今年も「京都くりや」の名物が登場

    eoグルメ
  4. 「ね、ねむくないよ〜…」睡魔さんと一生懸命に戦う子犬ちゃんの可愛さに、キュンキュンする(*´ェ`*)

    PECO
  5. <おっぱいを怖がるパパ>パパの反応が見たくて、ついついイジワルしちゃうんです【2人目育児とパパ育ての日々】#4コマ母道場

    ママスタセレクト
  6. 札幌市内でも山は初雪…いよいよ冬が近づいてきた昨今。北海道民はどうやって暖まる?

    SODANE
  7. 柴咲コウ、岡田准一と初共演…ではなく「何でしたっけ…」

    ナリナリドットコム
  8. 【取材してみた】タバコかと思いきや、お茶!?日本を“茶化す”おもしろ商品が生まれた理由

    笑うメディアCuRAZY
  9. 【10月18日プロ野球公示】日本ハム・細川凌平、ロッテ・柿沼友哉ら登録 広島・玉村昇悟、DeNA・京山将弥ら抹消

    SPAIA
  10. 「BABY-G」がマットな質感とメタリックの光沢が上品な秋の新作を発売 

    SEVENTIE TWO