Yahoo! JAPAN

【おみやげ】かわいい“路線図すごろく”付き!東京「菓匠 明美」の人気商品「都電もなか」買ってみた

ウレぴあ総研

東京最後の都電「都電荒川線」の車両を模した“もなか”があるって知っていましたか?

昭和52(1977)年の発売以来、かわいい見た目とそのおいしさで人気を博している「都電もなか」は、東京都北区の「菓匠 明美」の人気商品です。

14輛(りょう)入り以上は、都電荒川線の路線図を描いたすごろく付きで、小さな子どものいる家庭へのおみやげにもぴったりです!

今回は実際に商品を購入し、その味わいやパッケージについて詳しくレビューします。

東京都北区「菓匠 明美」へ行ってみた!

JR王子駅から都電荒川線に乗り換え、電車に乗ること5分。「梶原」駅で下車し2分ほど歩くと、お店「菓匠 明美」があります。

こちらの名物が、都電の形をした「都電もなか」。都電存続の危機をきっかけに「都民の足として慕われていた都電を、何とかして形に残したい」と昭和52(1977)年に誕生したお菓子で、以降地元の人々から全国の鉄道ファンまでに愛される一品になりました。

贈答用の「都電もなか」は路線図の書かれたすごろく付き

「都電もなか」は1輌から購入可能ですが、14輌以上は化粧箱入りで、なんと箱の蓋がすごろくになっているんです! 電車好きの子がいるお家へのおみやげにも最適ですね。

今回は20輌入りを購入してみました。

包装紙にも都電荒川線の路線図が描かれています。

沿線の名所やランドマークのイラストも描かれていて、とってもキュートです!

包装紙を取ると、都電荒川線の路線がすごろく仕立てになっています。

子どもと一緒に遊べば、自然に各駅の名称や沿線の名所を覚えられそうです。

蓋を開けると、色違いの箱に入ったもなかが20輌入っており、さらにすごろく用のサイコロも!

個別の箱には都電のかわいいイラストが刷られています。

歴代の車両がイラストになっていて、種類は全7種。都電荒川線の歴史も感じることができます。

中のもなかも電車の車両型!

ハピママ*


「都電もなか」は1輌から購入可能。1輌 160円(税込) 

箱を開けると、中から出てきたもなかも車両の形! 手のひらサイズで、食べるのがもったいなくなるかわいさです。

もなかには、北海道産最高級小豆のあんこと求肥餅が入っています。

中にはあんこがぎっしり!

風味豊かなつぶあんと、ぱりっと香ばしい皮の相性がよく、あんこに包まれているやわらかい求肥餅がいいアクセントになっています。

すごろくもしてみました!

もなかをおいしくいただいた後は、すごろくにトライ!

まずは付属のすごろくを組み立てます。

すごろくの駒はもなかの箱で作ります。

箱の蓋(天板)の部分をカットして、準備完了です!

あとは通常のすごろくのようにサイコロを振って楽しむだけ。車体が7種類あるので、7人で集まってわいわい楽しむのもよさそうですね。

電車好きの子どもと一緒に、家族で遊ぶのも楽しそう!

「都電もなか」は常温保存で賞味期限は10日ほど。個包装になっているので、お土産にもぴったりです。

店舗での販売のほか地方発送も行っているそうなので、直接店舗に行けない方は店舗に電話で問い合わせてみてくださいね!

■菓匠 明美
TEL:03-3919-2354

(ハピママ*/ポンヌふ)

【関連記事】

おすすめの記事