Yahoo! JAPAN

ミュージカル『キングアーサー』の全キャスト発表 アーサー役は浦井健治、伊礼彼方・加藤和樹、太田基裕・平間壮一ら出演

SPICE

ミュージカル『キングアーサー』

2023年1月東京・新国立劇場中劇場にて上演される、ミュージカル『キングアーサー』のキャスト、クリエイター陣が解禁となった。

本作は、ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』『太陽王』『ロックオペラ モーツァルト』、宝塚歌劇花組公演『CASANOVA』など、数々のヒット作を生み出しているドーヴ・アチア氏が音楽・脚本・作詞を手掛けるフレンチミュージカルの日本版。天から下される運命に立ち向かう主人公アーサーを演じるのは、浦井健治。最強の騎士として評されアーサーの敵として立ちはだかるメレアガンを演じるのは、伊礼彼方加藤和樹(Wキャスト/五十音順)、アーサーに忠誠を誓うが恋敵となるランスロットを演じるのは、太田基裕平間壮一(Wキャスト/五十音順)、アーサーの妻グィネヴィアには小南満佑子宮澤佐江(Wキャスト/五十音順)、アーサーの甥ガウェインに小林亮太、アーサーの兄ケイに東山光明、アーサーに仕え導く魔術師マーリンには石川禅、アーサーの異父姉であるモルガンに安蘭けいの出演が決定。

(上段左より)浦井健治、伊礼彼方、加藤和樹(中段左より)太田基裕、平間壮一、小南満佑子、宮澤佐江(下段左より)小林亮太、東山光明、石川禅、安蘭けい

日本版の演出を手掛けるのは、『デスノートTHE MUSICAL』韓国プロダクションにて、2015年・2017年に演出捕として携わり、2020年には韓国演劇界最高峰の演劇賞にて演出賞を受賞、今、韓国演劇界で最も注目される新進気鋭の演出家オ・ルピナが担当。その他、日本版のクリエイター陣には、日本演劇界の錚々たる顔ぶれが集結し、ドーヴ・アチアによる多彩な音楽と共に世界中で語り継がれるアーサー王の物語が装い新たに描かれる。

演出:オ・ルピナ コメント

2023年『キングアーサー』の演出を務めますオ・ルピナです。
日本での初演出ということでとてもワクワクし緊張もしています。
しかし、 キングアーサーという作品が持っている「運命に勝つ人間の強い意志と恋」というテーマは、どこの国でも感動と共感を導くテーマなので、素晴らしいスタッフと俳優の皆さんと一緒に素晴らしい作品になると確信しています。
私にとってミュージカルは「刹那の瞬間と感情を舞台で拡張させられる魅力的な芸術」です。
映像で表現するのより、作る人と見る人の想像力をもっとも刺激できるジャンルだと思います。
そういう意味で、キングアーサーは人間的な部分とファンタージ的な部分を持ち合わせている作品なので、さらに楽しく、幸せに作品作りができると思い、期待しております。
私にとって今回の『キングアーサー』は挑戦であり、新しい跳躍の始点になると思いますので、最善を尽くしてお客様と心通わせる作品を作るために努力したいと思います。

<プロフィール>
受賞歴:
2020年第4回韓国ミュージカルアワーズ演出賞 -ミュージカル『HOPE』演出
2018年イェグリンアワーズ外国ミュージカル部オンクリエイティブ賞-ミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』演出

演出作品:
ミュージカル『マリーセリー』『ワイルドグレー』『ママドントクライ』『黒い司祭たち』『HOPE』『影を売った男』『ロッキー・ホラー・ショー』『キングアーサー』『GOOD BYEイサン』『デスノートTHE MUSICAL』(協力演出)
舞台『カポネ トリロジー Capone Trilogy』『アンニョン ヨルム』ほか

本作の東京公演は2023年1月新国立劇場 中劇場にて上演。その後2~3月に群馬、愛知、兵庫公演ほかツアー公演予定。なお、東京公演チケット詳細は今春発表予定。

【関連記事】

おすすめの記事