Yahoo! JAPAN

世界にひとつだけ!奇跡のディーゼル機関車が町に幸運をもたらす!?【ごのへ郷土館】

まるごと青森

世界にひとつだけ!奇跡のディーゼル機関車が町に幸運をもたらす!?【ごのへ郷土館】

55年ぶりにディーゼル機関車が里がえり

そんな噂を耳にして、五戸町へ。調べてみると、驚くべきストーリーが明らかになりました。

1968年5月16日、十勝沖地震が発生。旧南部鉄道は壊滅的な被害を受け、そのまま廃線に。ディーゼル機関車はひとつ残らず解体されてしまいました…

…と、思いきや、なんと地震の前年(1967年)に、「DC351」という車両が別の会社に譲渡されていたんです! 奇跡的に生き残ったこの車両は、その後、京都府与謝野町の加悦SL広場に保存・展示されていました。

それから半世紀あまりが経過した2022年、旧南部鉄道発祥の地である五戸町に、この車両が帰ってきました!

…って、なんで? どういう経緯で?

五戸町総合政策課の手倉森さんに、お話をうかがいました。

1通の手紙が、車両の運命を変えた

― なぜディーゼル機関車が五戸町に戻ってくることに?

「きっかけは1通の手紙でした」

― 手紙?

「鉄道ファンの方からの手紙です。京都府与謝野町の加悦SL広場が閉園することになり、車両の譲渡を予定しているという内容でした」

― 譲渡先として町が手をあげたわけですね。

「車両を管理していた会社に手紙を送りました。町長直筆の手紙です」

― 町長直筆の手紙ですか! 車両の譲渡は無償で?

「そうです」

― 車両自体は無償でも、輸送費はかかりますよね。かなり高額になりそうですが…

「輸送費を確保するために、町として初めて、クラウドファンディングに挑戦しました」

― うまくいきましたか?

「多くの方々のご理解とご協力のおかげで、必要な費用を確保できました。輸送も無事に終わりました」

― 京都から五戸町までの輸送ですか…大型プロジェクト、お疲れさまでした。

車両の積込(京都府与謝野町加悦SL広場)

八戸港に到着

ごのへ郷土館前に設置

「今も寄付は受け付けています。先日も地域の方が役場の窓口にいらして、現金で寄付してくださいました」

― それはありがたいですね。

「寄付金は車両の保存などに活用させていただきます」

― ところで、もしも、鉄道ファンの方からの手紙がなかったら…?

「…車両は解体されていたかもしれません」

― 町には、旧南部鉄道に乗ったことがある方もたくさんいるのでは?

「じつは私も乗ったことがあるようなんです。母からそう聞きました。1歳頃なので記憶には残っていませんが」

― 町に帰ってきたこの車両に、どんな役割を期待していますか?

「町の歴史や災害を後世に伝えていく教材としての役割はもちろんですが、それだけではなく、町の生きる歴史として、町の未来を見守りながら、大災害を逃れた幸運を地域住民にもたらしてくれるとうれしいですね」

幸運のシンボルでもある「DC351」は、ごのへ郷土館前に展示されています。見に行くと運気が上がるかも!

by エムアイ

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ダークチョコレートの最高峰『カカオ100%』新登場 アミュプラザ小倉「リンツ」

    北九州ノコト
  2. 【紹介】酷暑と都会の喧騒から逃れる、緑に囲まれた「東京からアクセス抜群のAirbnbリスティング6選」

    ソトコトオンライン
  3. 韓国ドラマ「覚えて楽しい韓国語」ランキング

    ランキングー!
  4. ひろゆき、旧統一教会との関わり否定した高市大臣に自論「嘘ついてるのか、調査能力のあるスタッフが1人もいないのか、どっち?」

    New's Vision
  5. <男尊女卑:共働き同居ヨメ>夫は下戸。嫁だけ晩酌「不機嫌アピールで威嚇する義母」【まんが】

    ママスタセレクト
  6. 【取手市】障害者と共生する社会を目指して「あいサポート運動」スタート

    ちいき新聞
  7. 「博多駅で朝食ならココ!」明太子・高菜・ご飯・味噌汁《ぜ〜んぶ食べ放題で580円〜》

    UMAGA
  8. 堀田真由、ゼクシィCMに大河ドラマと活躍も「全くバレなくて」

    ナリナリドットコム
  9. 橋本環奈、声バレ多く「笑った瞬間にザワッてなる」

    ナリナリドットコム
  10. 全国巡回中のノラネコぐんだん展、広島県の筆の町・熊野で開催!8月6日(土)~9月25日(日)

    ソトコトオンライン