Yahoo! JAPAN

コンパクトなゾーンディフェンスによる3ラインを攻略する方法とは!?【ダイヤモンドオフェンス/サッカー】

ラブすぽ

コンパクトなゾーンディフェンスによる3ラインを攻略する方法とは!?【ダイヤモンドオフェンス/サッカー】

4つのラインを作って攻撃する

現代サッカーはコンパクトな守備をするチームが多く、攻撃側が深さを取ることや、ライン間でボールを受けることが年々難しくなっている。

このように、ライン間を狭くする守備を実行してくるチームに対しては、相手DFラインの背後を取るパスを実行することが必要不可欠になっている。

3人目の動きを使ってライン間にいるフリーマンにボールを渡すには、1つのラインを飛ばすパスをすることで3人目のフリーマンに前を向いた状態でボールを渡すことができる。

例えば、PVがグラウンド中央でボールを保持し、CFへ縦パスを入れ、CFは相手のMFラインとDFラインのライン間でフリーとなっている3人目のOMFに落としのパスをする。

前を向いてフリーであるOMFは相手DFの背後に走り出すWGへ縦パスを入れ、WGの動き出しとシンクロするように、SBがWGの空けたスペースを埋め、パスコースを確保する。このようにして、ダイヤモンドを形成し、ボール保持者に5つのプレーオプションを常に与えるのだ。

現代の守備組織は基本的にDFライン、MFライン、FWラインの3ラインで構成するチームが多い。

そのコンパクトなゾーンディフェンスによる3ラインを攻略するには、攻撃側は、ライン間、ライン上に選手を適切に配置して4ラインで攻撃組織を構成する必要があり、最後は相手DFラインの背後でボールを受けることでシュートチャンスを作り出す。

●4ラインで攻撃組織を構成
相手が3ラインで非常にコンパクトな組織的守備をするので、攻撃側は4ラインで構成。3人目の動きと1つラインを飛ばしたパスを使い、ライン間でフリーマンがボールを受け、相手DFラインの背後にパスを通すことで得点チャンスを作る。

出典:『ダイヤモンドオフェンス サッカーの新常識 ポジショナルプレー実践法』著/坂本圭

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 毎日更新!個性豊かなネコちゃん無料漫画『ネコホスト』将来大物になりそうなトラ猫と

    ふたまん+
  2. 『ハルノヒ』のプロポーズから30年。ひろしは今も北千住で飲んでいるだろうか【街の歌が聴こえる・北千住編】

    さんたつ by 散歩の達人
  3. レジンでできたミニチュアプリン 指先サイズのリアル感に注目

    おたくま経済新聞
  4. これは「映える」 ゴーゴーカレーを食べに行ったら、まさかの場所に配膳された件

    Jタウンネット
  5. ウカスカジー、ニューアルバム『どんなことでも起こりうる』発売直前のYouTubeトーク配信が決定

    SPICE
  6. もう失敗しない「パラパラチャーハン」のつくりかた

    saita
  7. <ブラック企業勤めの25歳>泣きながら「仕事を辞めたい」と電話してきたわが子を突き放した

    ママスタセレクト
  8. 韓国の広蔵市場で大人気!スーパーの材料でつくる「かんたん麻薬キンパ」レシピ

    saita
  9. 今や人気タンパク食!『サラダチキン』のカロリーと糖質をチェックしよう

    オリーブオイルをひとまわし
  10. わーすた[レポート]坂元「やっぱりこの5人最強。改めて大好きと思った」写真集『わーすた旅行記』発売記念イベントにて

    Pop’n’Roll