Yahoo! JAPAN

知らないうちに…!犬が苦しんでいる『飼い主のNG行為』4選

わんちゃんホンポ

NG行為で愛犬を苦しめていませんか?

大切な愛犬には、ストレスの少ない幸せな毎日を過ごしてもらいたい。そう願いながら飼い主さんはたっぷりの愛情を注ぎ、愛犬に接していることと思います。

でも普段何気なくやっていることや、よかれと思ってやっていることが、愛犬にストレスを与えたり、つらい思いをさせたりしているとしたら…?実は、飼い主さんのNG行為によって愛犬を苦しめてしまうことがあります。そこで今回は、犬が苦しんでいる『飼い主のNG行為』をご紹介したいと思います。

犬が苦しんでいる『飼い主のNG行為』

1.構いすぎる

今は犬も室内飼いが主流となり、飼い主さんとの距離が近いため、ついつい愛犬を構いすぎてしまいがちです。愛犬とのスキンシップやコミュニケーションは大切ですが、常に抱っこをしたり、撫でたり、話しかけたりするなどの構いすぎは、犬のストレスになることがあります。

特に、寝ているときやごはんを食べているときなど、そっとしておいてほしい場面で撫でられたりすることにストレスを感じる犬は多いです。

過度に構われてもあまりストレスにならないタイプの犬もいますが、常に構われていることで、飼い主さんへの依存心が強くなる可能性があります。飼い主さんへの依存心が強くなると、留守番時など飼い主さんと離れたときに不安を感じて、ストレスの原因になります。場合によっては、分離不安(飼い主さんと離れることに大きな不安を感じる心の病気)になってしまうことも。

このように構いすぎはストレスに繋がりやすく、愛犬を苦しめてしまう恐れがあります。かわいい愛犬がそばにいると構いたくなる気持ちは分かりますが、睡眠中や食事中などはそっとしておくことや、家で一緒にいてもあえて別々に過ごす時間を作ることなどを心がけ、構いすぎないようにしましょう。

2.叱ってばかりいる

なぜか愛犬の悪いところばかりに目がいってしまって、ガミガミ叱ってばかりいませんか?お利口な犬になってほしい気持ちからでしょうが、飼い主さんに叱られてばかりだと犬はストレスがたまり苦しむことになります。叱られ続けることによって、無気力になってしまうケースもあるのです。

人と同様に犬も褒められたほうがうれしく感じやる気も出ます。いたずらされそうなものは片づけるなど、愛犬を叱らずに済む環境を整えると共に、愛犬がいい行動をしたときは、たとえささいなことでも「できて当たり前」と思わずに、ほめることを忘れないようにしましょう。

3.無理やり他犬にあいさつさせようとする

主に社会化(さまざまなタイプの人や犬、環境などに慣らすこと)不足が原因で、他の犬が苦手な犬は少なくありません。愛犬が他の犬が苦手な場合、散歩中に会った犬などに無理やりあいさつさせようとするのはNG。「犬友達を作ってあげたい」と思っての行為でも、愛犬にしてみれば苦痛を感じているかもしれません。

犬同士仲良く遊べたほうが楽しいのかもしれませんが、犬友達がいなくても問題ありません。大好きで信頼できる飼い主さんがいてくれれば、犬はそれで幸せなのです。愛犬が他の犬を嫌がったり怖がったりしているのなら、無理やりあいさつさせるのはやめましょう。

4.炎天下の散歩

犬にとって散歩は、運動不足やストレスを解消してくれる大切な時間。とはいえ、夏の炎天下での散歩はNG行為です。全身が被毛に覆われている上に、人のように全身で汗をかくことができない犬は暑さに弱いです。

また、体高が低いため地面の熱を人よりも感じやすく、炎天下の散歩は犬にとって非常につらいものです。実際、夏の太陽が照りつける中散歩をしている犬を見ると、だらりと舌を出してハァハァと苦しそうに息をしています。

熱中症になったり、高温になったアスファルトで肉球をやけどしたりする危険もあるので、夏場の散歩は日差しの強い日中は避け、日の出前の早朝や日の入り後の夜の涼しい時間帯に済ませるようにしましょう。

まとめ

今回は、犬を苦しめている『飼い主のNG行為』を4つご紹介しました。これまでNG行為とは知らずに、やってしまっていたことはありませんでしたか?もしあった場合は、愛犬が苦しんでいる、あるいは将来的に苦しむ可能性があります。

愛犬との関係悪化に繋がることもあるので、NG行為はやらないように注意しましょう。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事