関東遠征釣りのメッカ『銭洲』が4月1日に解禁 未体験者に向けて解説 - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

関東遠征釣りのメッカ『銭洲』が4月1日に解禁 未体験者に向けて解説

TSURINEWS

銭洲で釣れた大型カンパチ(作図:週刊つりニュース関東版)

伊豆半島先端の石廊崎の南約75kmに位置する銭洲は、関東・東海圏の遠征釣りのメッカである。今年も4月1日から解禁となり、12月末までが釣期となる。ここでは、遠征釣り未体験の人に向けて、銭洲釣行の注意点や楽しみをまとめた。参考にして、ぜひデビューしてほしい。今年こそ銭洲で夢の大物を仕留めよう。

銭洲の概要

銭洲にはネープルスを中心に、エビ根、ヒラッタイなど10カ所を超える石礁群があり、北東へ約2kmの大ダルマ、小ダルマの離礁とともに象徴的な存在。急なカケアガリがあり高瀬になっている。長さ36km、幅10kmを超す広大な瀬の中は、起伏に富んだ険しい根が連なる。多くの釣り人を魅了する釣り場だ。

伊豆諸島遠征場マップ(作図:週刊つりニュース関東版)

認可船で釣り

銭洲での釣りを実現させてくれるのが、救命イカダなど遠征釣行の安全を実現する設備を備え、厳しい検査を通った限定近海船の認可を受けた船。長時間の航行となるため仮眠が取れる清潔なキャビンなど用意している。

ターゲット

4月の五目釣果(提供:とび島丸)

解禁直後は五目やシマアジが狙いめ。例年5kg超が上がっており、7kg超えも十分期待できる。

また初期はルアーで狙うカンパチも面白い。

ルアーでの釣果(提供:とび島丸)

5、6月にはアカイカ泳がせになり、ムロアジが周り始めると、ムロアジ泳がせで10kg超えのカンパチや、特大モロコなどが竿をブチ曲げてくれる。

昨年の実績

静岡・土肥のとび島丸では、昨年の4月は五目でウメイロやアオダイ、ヒメダイなど普段お目にかかれない高級魚が上がった。

高級魚ウメイロなども(提供:とび島丸)

8月10日には26.15kgのヒラマサが登場。

ヒラマサ26.15kg(提供:とび島丸)

同月22日は36.55kgのカンパチも。

カンパチ36.55kg(提供:とび島丸)

12月1日に33.29kgのモロコが上がっている。

モロコ33.29kg(提供:とび島丸)

また、ジギングで多数の大物が仕留められているのでルアーファンも一度は訪れたい聖地だ。

遠征船の留意点

乗船時間が長いので、万全な安全対策を行っている船宿を選ぶ。一般的な乗合船よりも割高になるが、航続距離と、安全設備や快適な船内環境を鑑みると、決して高額とはいえない。

乗船までにしておくこと

予定が決まったら、1週間前までを目安に早めに船宿へ連絡しておこう。また、前日までに出船の可否や集合時間など確認する。

乗船前の体調管理を怠らないように。持病がある場合は事前に相談しておく。

水や食料は1食分多めに

当日は必ず水、食料は1食分多めに持参する。タックルや仕掛け、オモリも多めに予備を持っていくことが肝心。

銭洲でのタックル例(作図:週刊つりニュース関東版)

釣りをすると衣服が汚れるので、着替えは必ず用意。また、どの乗合船も同様だが、タイプA認定のライフジャケットが必須。持ってない人は事前に船宿に貸し出しの依頼を。

集合時間は場所によりさまざまだが、深夜1時ごろ出船となる。船が途中でエサを仕入れる場合などは、早くなることがあるので要注意。

乗船時のスケジュール

遠征スケジュール(作図:週刊つりニュース関東版)

指定時間には必ず遅れず余裕をもって出かけよう。受け付けを済ませたら乗船名簿に記入。考えたくないことだが急な病気やケガ、事故の際に、船長が正確な情報を医療機関とやりとりできなくなる恐れがあるため、字は崩さず正確に記入。
乗船時は指示に従い、荷物を積み込む。竿などは航行中に外れて失くさないようにヒモで固定するなどの工夫を。

初めての場合は、船長にトイレや船室、安全設備などの位置を確認し、設備の注意点を聞いておき、船上でのルールを確認しておこう。

さあ銭洲へ出発

釣り場までは船室のベッドで休む。土足厳禁や禁煙など、船のルールを厳守。航行中は勝手に船外へ出ないように。銭洲では協定で開始時間が午前7時に定められているので、6時ごろから準備を開始する。

釣りタイム

開始の7時から、午後1時終了まで目いっぱい釣りを楽しませてくれるはず。

根掛かりした際は、船長や仲乗りに伝えて対処してもらったほうがいい。手で切ろうとしてケガをしたり、竿で外そうとして竿を破損したりすることがないように。

はるか沖合では「すぐ港に戻って病院へ」というわけにはいかない。ケガや急な病気などには注意したい。とくに夏場は、こまめな水分補給で熱中症や日射病に注意。

釣り終了後

午後1時沖上がり。シャワー完備の船もあるので、潮や汚れを洗い落として清潔な体で船室に戻ろう。着替えは必須。

帰港

午後4~5時ごろ。荷物が多いので、運搬などは指示に従い乗船者全員で協力して下船しよう。安全、かつ快適に釣りに集中できるようにサービスが行き届いているので、初めての遠征釣行でも安心して楽しめる。紺碧の海と巨大魚とのファイトは記憶に残る釣行となるはずだ。

<週刊つりニュース関東版編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事